*

  • ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
  • DMM.com DMMポイントオークション
  • DMM.com CD&DVDレンタル

リンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

MINIMAX/SPARK REDLINE BIZZALE

2016年12月28日 (水)

今年の私のベスト モデル

ご存知の通り

0000850889WHAM!
であった、ジョージ・マイケルが亡くなりました。25日って、自分で”ラスト クリスマス”にして、どうするのだ。

 でありますが、現状アメリカではWHAM!=笑、であったこと。ジョージ・マイケルが解散後に様々な奇行をしたことで出来たことでもありますが、死んだら笑えない。

 映画「デッドプール」で散々「笑」にされましたが、もはや笑えない。ダメでしょう死んだら。私はWHAM!は当時から「日本歌謡曲か!」と思う位にバカにしていました。とにかく音楽が”安い”。ただ日本での最初の「クラブ・トロピカーナ」、この音楽が良かったんですけども。その後は、まるで・・・。”CARELESS WHISPER”が西城秀樹や郷ひろみにカバーされて、歌謡曲にもなりました。ソロでは結構アメリカでは評価が高かった英国シンガーでした。今年は本当に過去に歴史を作った音楽人が亡くなりましたねぇ。

 さてさて。ロードカーに移った私にとって、今年のF1モデルは、何だか?、でありました。それはともかく。人それぞれでありますが。

 私が思う、今年のベストF1モデルを掲載させて頂きます。

Img_3200R'on/SPARAK
ロータス100T
中嶋悟
1988年 日本GP

 別注ですから、これを挙げるのはどうか?、入手できない方もあったと思いますが、やっと”まとも”な100Tが発売された、そしてディフォルメもカッコいい、と言うことで選びました。ある意味で”抜けていた”マシンでもあります。K社が大失敗したことは、このモデル見たら一目瞭然であります。

 あえて。イエローがもう少しオレンジに振ってくれれば。最近のSPARKは若干カラーが”私には”イマイチに思えるのですが。スケールカラーと言うヤツでしょうか。そして88年当時に発売されたONYX、これが比べると結構にキチンと作っていることに驚きました。あの当時でもキチンと作っていたんですね。ピケは通常品として発売されます。入手できなかった方、是非ピケ モデル見てください。

 「別注だからなぁ」と言う思いはありました。本来であれば

Img_3222SPARK
リジェJS19

 であります。これは既発売品オーストラリアGPのジャック・ラフィーでありますが、後半戦であり元の形とは違っております。ロータス80同様の思想で作られ大失敗したわけです。12気筒マトラ エンジンが長いことすら忘れていたと。このデビュー戦モナコGPの発売アナウンスがありましたが年内は無理とのことで。忘れられないマシンの1台でありました。

 もう1台、リジェJS9もチョイスしたかったんですが。これまた失敗作でありますが、やはりカッコいい。リジェと言うのは他チームとは何かが違う、コレが面白いと思います。決して特筆してカッコいいわけではないですし、不細工な箇所も多いんですが。

 しかし現行ではなく古いマシンを選ぶ(個人的な勝手な意見ですが)、コレは問題ありじゃないでしょうか?と私も思ったのです。
 
 PMA ハミルトン 2015 U.S.GP、フィギュア付き も候補でしたが、違うバージョン発売し過ぎで、気が引けまして。
 古いヤツでありますから、結局はこうなっちゃうと。本当”コレは面白い!”モデル出して欲しいです。もし今の状況続けていたら、「今年のベストは劇中車」になりかねない、それも良し、ですけども。またある意味で今のF1がカッコが良くないか?。今年印象に残ったマシン(F1)と言うのが無い、と。来年は変革の年ですので、カッコいいモデルに期待しております。

 しかしPMA F1モデルの年内発売が2台とは!。と言うことは来年初頭にドカン!がくるかもしれないですね。


 映画になります。結局今年は期待して失敗映画が多かったわけで、何書いたらいいのかがわかりません。レンタルや購入で面白かった!は既に書いておりますし。

 ならば、何度観ても「これ、どこかに行ってしまっているな!」の代表作をひとつ。

429000033ゴジラ ファイナルウォーズ

 2004年に作られた東宝ゴジラの最終作であります。始まりは上手い、と思ったのですが、ケイン・コスギや松岡昌宏達の演技の下手さがドンドンと壊してくれます(それとX星人の皆さんの雰囲気)。ベテラン俳優陣の上手さと若手俳優陣とのギャップがすさまじい。歴代戦った怪獣との戦いは面白いのですが、最後はキングギドラ似怪獣と戦い、そして突然現れたミニラとともに消えていく、と。何だか意味不明のままストーリーが進んで行き、意味不明のまま終わると。


  完全な”崩壊”映画であります。が、その崩壊加減が”気持悪く”なるくらい面白いと。まるでカルト・ムービーですな、こりぁ。当然、人を選ぶ映画です。公開当時に観に行っていますが、当時から「なんじゃこりゃぁ?」と思いました。が、ソフトになってから観たら、段々と良さを感じ、観続けると気分が悪くなると。ある意味でドラXグかもしれません。


 その崩壊加減さも手伝って、私にはシン・ゴジラより面白いと。ファンから「何を言っているのだ!」とお叱り来そうですが、長年ゴジラ観てきた者にとっては(私だけ?)、シン・ゴジラは面白くない映画であったのであります。なにせ8人の観客で観たのですが、6人が途中で爆睡。私も「ゴチャゴチャはいいから、早くゴジラ出せよ!」でした。期待値が高過ぎたこともあります。来年は「ゴジラはアニメ公開らしい」と聞きますと、やはり「アニメは強いんだなぁ」と再認識するのであります。シン・ゴジラはゴジラを映像から消しても成り立っちゃうんで。ここがねぇ、でありました。

 国会議員の石破が反応して色々と言ってました。「巨大生物が現れた場合の法は、どれを使うのか?。いきなり自衛隊は使えない」とも。他国による脅威ではないので自衛隊は出動できない、と。この話に”燃える”人達がいたんですが、大体、科学的に言っても130mを越える生物が、二足歩行は出来ない、と言うのが、まずありまして。映画内容は政府の対応がメインになりますからわかります。しかしゴジラの存在は無視して??。なので語るだけ無駄、と思いながらも「石破、こんなん好きだな」とも感じました。昔「もし宇宙人が責めてきた場合の法的措置は?」なんて討論した人ですから。

 結局はゴジラに”リアリティ”求める方がおかしいのかもしれない、私はそう感じました。監督が「エヴァンゲリオンありき」発言でありますから、この映画にアニメ ファンが喰いついたのは非常に納得です。が、ココが残念なんですよ!。アニメ ファンは否定しません。特撮ファンが、もはや「アニメの方がスゴイ」になってしまっていると感じているのも事実であります。以前は対立軸でありましたから。ハリウッド並のCGを使うお金が無いでしょう。

 今年はアニメ「君の名は」が大ヒットしたそうで、シン・ゴジラ評価からコッチ評価に移行する人が多かったみたいです。やはりアニメって強いですよねぇ。
 
 
 

 これですよね?。実際に私の友人から「昭和のドラマのアニメ化?」と聞かれました。本当に知らなかったらしい。しかしコレは純愛ドラマとしてはよくできていますわ。簡単明瞭、かつ「あぁどうなるのだ~」ですから。だから韓流ドラマが流行ったのかもしれません。簡単明瞭さはよく似ています。ちなみに私はコレ観ていますが今年のアニメは観ておりませんで(汗)。評判がすこぶる良いらしいので借りて観ます。  

 さぁ嫁さんや恋人に”真知子巻き”させましょう!。バカ。

2016年12月20日 (火)

歴史に残る 最終戦

 日本でF1が再開されたのは1987年でした、今更何を言っているのだ?でしょう。この年はウイリアムズFW11Bに乗るネルソン・ピケとナイジェル・マンセルによってチャンピオン争いが日本に持ち越されます、そしてフリー走行でマンセルがクラッシュし病院行き、でタイトルはピケに行きました。

 は、ともかく。その前年1986年の最終戦も私の記憶の中に残っております。既にF1開催が決まったこともあり、各局がF1報道したりしていました。で、1時間あったかなぁ総集編も放送されました。

 ただ既に雑誌でチャンピオンが決まったことを知っておりましたが。


Img_3248 R'on/SPARK
ウイリアムズ FW11
ナイジェル・マンセル
1986年 オーストラリアGP

 今回はハズレでショップから購入であります。その旨キチンと書いてあるところがよろしいですね。

 モデルですが、やはり雑誌社でありましょう。発色がキレイです。イエローもブルーも。PMAから発売されていますが、あれはブルーがちょっとでした。これは”うすいイエロー”と”地味ブルー”が実車感を感じさせますねぇ。タミヤの1/20でカラーに困った覚えがあります。イエローは少しオレンジに振る、ブルーは旧米国空軍食のネイビーに振ってしまうと。

 この年のマンセルはポイント・リーダーで最終戦を向え、3位になればチャンピオンでありました。対抗するのは同チームのピケとマクラーレンのプロスト。誰もがマンセルがチャンピオンと感じる走りでした。が、3位キープの後半にタイヤがいきなりバースト、リタイヤ。それを見たチームはピケをピットインさせタイヤ交換。プロストは燃費の問題とタイヤの不安を抱えつつも(本人いわくですが)「行ったれ!!!」で優勝、チャンピオンになると言う非常に、トップ勢が動いたレースでありました。もしプロストの燃費がもたなかったらば、ピケがチャンピオンだったと。

 外箱の裏は「タイヤ・バースト、リタイヤ・シーン」写真。懐かしい。これこのまま再現して欲しかった気もしますが、それはコチラの”無理”でしかなく。

 それ位に、このレースでのマンセルの可哀そうなことはありませんでした。そしてホンダ・エンジンのチャンピオンが延びたわけですから。

 プロストが日本で嫌われるのはココからなのかなぁ??。


  こんなことは御存じの方も多いでしょうが、私個人としては本当の”第2期ホンダ事始め”だと思いまして。

 映画ですか?。こんな”小説より奇なり”の映画は見つかりませんわ。ちなみに私は2007年の最終戦でのライコネンの逆転チャンピオンの際に、86年を思い出しました。それほど、この時期の争いがすごかったと。

2016年12月14日 (水)

今年の”華”

 今年のモータースポーツでの大形の”華”は

150317154525verstappenprofilesuper1マックス・フェルスタッペン

 でありましょう。F1デビュー(テストと3rdドライバーとして)が16歳でした。
2015年オーストラリアGPにて”史上最年少ドライバー”デビューとマレーシアGPでの”最年少ポイント獲獲得。これパパがギネスに申請したらしいですね。昨年は「スゴイやつが出て来たな」と思いながらも「まぁトロロッソの調子いいし」と思っていました。同僚のカルロス・サインツJRも頑張っていましたから。この2人でトロロッソの株が上がったと思っております。
 ところが、恐らく他チームからのオファーを切る為だと思われますが、本家レッドブルに乗せてしまったスペインGP。誰もが「まだ、早い」等と思っていたらば、メルセデスの接触もありましたが、いきなり優勝してしまった。”最年少F1優勝記録”としてパパがこれまたギネスに申請。

B71f0194af5b50531455ec1b032e22c0 ヨス・フェルスタッペン

 私等世代にとっては、色んなチームを渡り歩いた”苦労人”とでも言うのでしょうか、そんな感じであります。

 でも当時、オランダのファン・クラブが2台だけですが、PMAに台紙違いモデルを発売させまして。

 F1ミニカー バブル期であります。が、活躍が疎い時代のフェルスタッペンだけに、当時としては、お安い値段で入手できました。これは当時は国内にもたくさん流れてきました。

1997verstcol1aJ.V ファンクラブ(?)/PMA
ティレル025
ヨス・フェルスタッペン
1997年


 スチュワードSF2も発売されました。が、ここまでで終わります。オランダ・サッカーがワールド・カップに出場が決まった際に

4020001191b?/PMA
アロウズA21
カナダGP 2000年

 こんなモデルも出ました。
私も所有しておりますが、製品番号からしても、どこが出したのかが不明なんです。
 
 「PMA オランダだ」と言う説が結構にありますが、PMAの代理店は当時オランダにはありません。402000019。通常三桁目の「2」は2台セットを意味していた時代であります。

 さて、パパに関して書いた理由が一つあります。

2001verstappenorange1a_1_2アロウズA22
ヨス・フェルスタッペン
2001年


 これは引退後に出て来たモデルで、「FAKEだ」と言われてきました。が、最近の研究(大袈裟ですが)、本当に英国オレンジ社が、プロモ品として出したモデルであることが判明したそうで。ただ今も私は懐疑的であります。ヨスは2003年までF1に参戦。ミナルディが最後。ならば、なぜ当時に出てこなかったのか?、と。台数は結構にあるみたいですが、とりあえず「不明モデル」として解釈しています。台紙の裏にPMAロゴは無く、注意書きだけですし。

 しかし、F1世界で簡単に”親を越えた”は非常に少ないと思います。そしてマックスも来年が勝負であろうと。間違えたらば単なる”1勝ドライバー”にもなりかねません。そして個人的に期待している若手。メルセデス、ぜひともヴェアレーンを使って欲しいと思います。正直、そうなった時の方が楽しみなんです。かなり期待していますから。

 さて映画ですが、色々と考えますに、親を越えた監督、俳優が見つかりません。これは時代も当然あります。なので適当に・・・。


51e9p07n2xlワンス・アポン・ア・チャイナ
天地黎明


 今の中国ではどうなのかは知りませんが、実在した”黄飛鴻”と言う武術家の映画であります。ヒーローと言いましょうか。この人の映画作品は数知れず、とりあえずギネス記録なんだそうです。

 ハリウッドで上手く行かなくなったジェット・リー(リー・リンチェイ)が香港に帰り、当時”ワイヤーアクションで、どれだけアクションを再現できるか”と考えていた。ツイ・ハーク監督と、ぴったりと決まった映画3部作であります。

 とくに今も語られるのが2作目の”天地大乱”。清の高官役であった”ドニー・イェン”とのラストのバトルは今も”カンフー映画アクション・シーンのベスト”と語られています。この3作は非常に面白いと思いますので、暇な際に酒飲みながら、どうぞ。

 そして、この主題歌、とくに2作目はジャッキー・チェンが歌っております。
 

 この曲は元々”将軍令”と言われ、古いカンフー映画にも使われております。

 しかし、ブルース・リー亡き後の、香港大スター3人が揃ったこと、これは価値があると思うのであります。

2016年12月 3日 (土)

やったか?SPARK(笑)

 いやぁビックリしました。突然の「ニコ・ロズベルグ引退宣言」。さすがに「まさか?!」でした。もう神経すり減らしたのかもしれませんね。で後任は?、となりますが。ヴェアレーンくらいしか浮かばないのであります。

そして期待できるか?、佐藤琢磨のアンドレッティ・オートスポーツ入り。過去に武藤英紀がいたチームですが、現在口から出る言葉は余り良いモノではないですし。最近は良い結果が出ていないですし。

 さて、古き日本GP、F1でありますが「F1イン・ジャパン」(他カテゴリーで日本GP使ったんで使用できなかったと)に出場した最後の日本人ドライバーのマシンが到着しました。

Img_3215SPARK サーティースTS19 高原敬武 F1 イン・ジャパン 1976  サーティースのマシンにお金出しての参加です。9位になっています。 高原敬武は恐らく日本人で最初に海外フォーミュラに興味を持った方でしょう。 また資金も豊富だったと。元の奥さんが Bvcvr7cyaaicqt松尾ジーナ  私より上の方には、だと思います。  私等世代は「シルバー仮面」の兄弟の一人と認識しています。 マニアには、です。  しかし今見ても美しい方ですね。高原とは似合わない。 この方の影響もスポンサーには大きかったんでしょうね。    それは置いときまして、 ふと思ったのですが「高原はE社が版権を握っているはずではないか?」 と思いまして、あれっ?と。  でもE社もSPARK(MINIMAX)に頼んでいるので、見て見ないふり、が正解かも 知れませんが。 PMAも中嶋F2のJPSカラー発売しましたしね。何だか版権と言うものが 判らなくなってきました。やったもん勝ちか?。  ちょっと書けない情報が色々多数入ってきまして。ついついそっちの方面から物事を考えてしまうのであります。 もう何が何やら、そして本当のことならば何が起こってもおかしくない状態ですから。  これで76年の日本人マシンは揃いました。私は1977年から観ていますが 1976年のTV映像は存在するのでしょうか?。 もしも存在するならばソフト化してほしい、と思いますが、77年同様に生中継であれば、です。  さて、映画の話であります。似たような話でパクリと言うか、製作者無視と言いますか・・。

Jp_per_un_pugno荒野の用心棒  1964年  アメリカのTV「ローハイド」で目が出た、クリント・イーストウッド。 が映画は上手く行かず、イタリアで製作された作品に出ることに。 これがキッカケで、アメリカに戻ることになるのですが・・・。  が、ご存知の方も多いと思いますが、これ完全な日本の黒澤明監督作品 「用心棒」の完全なるパクリでありまして、製作側が黒澤側に賠償しています。 が、この映画が後に繋がる”マカロニ・ウエスタン”であることも事実。 イーストウッドがアメリカに呼び戻されるのも、です。  ただ、こんなことは映画界では「当然」のように行われています。 「エイリアン」すら「恐怖の火星探検」に酷似していると裁判で負けていますし。  

 佐藤勝の音楽ですが、この映画に限っては本当に上手い!。一体「ゴジラの逆襲」の音楽は何であったのか??。

 私にとって、この映画は何度観たか、非常に面白いのです。まさかコレが私の人生を狂わせた”ある映画”に繋がるとは?。であります。

 でも結局は音楽でも映画でも「完全なるオリジナル」と言うのは難しいのでしょうね。黙ってパクれば、ですから。「七人の侍」はどれだけパクられたのか?。

2016年11月30日 (水)

わからないでもないですが(苦笑)

 ニコ・ロズベルグがF1ワールド・チャンピオンになったことで、面白いことを始めた海外ショップがあります。

Rosberg_abu_dhabi_401 こんな案内。
「別注品でも出すのかな?」と思ったら、そうではない。

「PMAもSPARKも間違いなく、アブダビGPを発売するだろう。なので当店は先に”1/43の予約を開始”する。値段は現行のまま、価格保証します」だそうで。

 いや、わからんでもないですよ。恐らく2社も発売するでしょう。ただ、2社がどう発売するのか?。

 昨年のハミルトン・モデルは、SPARKがボード付きでした。PMAは通常品がダイカストとレジン、そしてドライバー別(なんと言ったら良いのか)が発売されました。いずれもU.S.GPです。ならば”どれを言っているのか?”、コレがわかりませんよね。で母国ドライバーなのに若干ニコに”厳しい”のがPMAです。どう出してくるのは現状では全くわからない状況です。

 この店、以前は「今年もSPARKはルマン参戦モデルを全て発売するに違いない(フェラーリ除いて)」、で予約開始し、失敗したことがあります(笑)。

 で、このショップはイギリスであります。ハミルトンはいいのかな?。何か皮肉でありますね。

2016年11月25日 (金)

ちょっと残念!

 SPARAKの新商品案内ですが、「どうしようか?」の1台

00055769_photo1SPARK
へスケス308E

エディ・チーバー
1978 南アフリカGP


 この年、へスケスで唯一レースに出たのがチーバーでした(結果リタイヤ)。だからチーバーなのか?。

15742 ディビナ・ガリカ

 女性ドライバーであります。
私が少年時代は「女性ドライバー」と言うことで、少年誌を飾るF1写真や専門誌は、このオリンパス・カラー=ガリカでありました。

 と言うことで発売”期待”していたのですが。当初からカタログにも掲載されていなかったですけども。

 78年は初戦と2戦走りますが、結果は予選落ちであります。そのまま引退。

 後年、「へぇ~」と思ったのが、元々はアルペン・スキー選手だったそうで。札幌オリンピックにも出場して入賞もしています。何のキッカケでモータースポーツに入ったのかは不明ですが、昔はこんなことがあったんですねぇ。

 で、コレまた面白い話が。西洋ですからF1がカーナンバーが固定性になっても「13」は忌み嫌われ外されておりました。が、この方は1976年に「13」付けていたそうです(サーティース時代)。

 まぁ予選落ちとは言え”思い出”と言うことで、来年に期待したいと。何せカタログ見るまで「あれっ?、チーバーって乗っていたの?」でしたから。

2016年11月23日 (水)

面白そうな予感

 先般、SPARKが

00055734_photo1SPARK
ベネトンB193B
ミハエル・シューマッハ
1993 ポルトガルGP

 やっとサンプルが上がり発売アナウンスがありましたね。ほぼ同時に別注品でありますが、PMA製「ベネトンB192 」レジン製のアナウンスがありました。恐らく前述どおり本体からも発売されるでしょう。

 別注先、過去はPMAの旧金型を使ったB194があり、SPARKもほぼ同時に発売しました。いやぁ面白いと思うんですよ。SPARKがベネトンに力を入れてくるかどうかは来年のカタログが出ないとわかりません。PMAもレジンでの”リテイク”をしてくるのかどうかも現状では不明です。

 でも、こういう競争は楽しみであります。不安はPMA本体にシューマッハが乗っていないこと、でしょう。SPARKは「まぁやっちゃえ」感を感じますが(こら)。PMAはやはり版権を考えているのでしょう。別注品、どうもドイツのMBAが取っている気がするんですが。PMAもフェラーリ同様に”買う”ことはしないのかなぁ?。値段が高くなるから?。

 しかし現行F1モデルも同様ですが、こう言う競争は1/43ではありませんでしたから、来年は期待したいのであります。

2016年11月19日 (土)

ヒーロー特撮にいかが?

 あまり日本ではファンがいない「ダカール・ラリー」。私は好きですけどね。ミツビシが撤退してから「気にしなくなった」と言う方も多いかと思います。またワークス対決が無くなりましたので興味も薄れたのかな、と。VW、MINIと昨年除いては1社独占状態でしたし。MINIも撤退しましたしね。

 私はGr.Bがなくなり、ダカールに活路を見出していた頃が一番好きでしたかね。モンスター・マシンでした。でミツビシが普通の車から、プロカーに改造してから、これまた面白くなりまして。要するに「モンスター・マシンが見たい」と言うことでしょう。とりあえず優勝マシンは買い続けておりますが、MINIの時代は面白くなかったです。

Img_3194SPARK
プジョー2008 DKR16
ステファン・ぺテランセル
2016 ダカール・ラリーWINNER

 昨年のマシンも「モンスター」に見えましたが、今年のマシンはソレに加えて”かっこよさ”が出てきましたね。これ実車よりもミニカー栄えして、非常にお気に入りであります。

 私気付かなかったんですが、スペアタイヤを両サイドに収納していたんですね。コレが悪路でウ~ィンと下がって6輪走行に!。

 いや、まるで特撮ヒーローモノに出てくるかのようなカッコいいマシンですよ。またレッドブルのカラーリングもいいじゃないですか!。

 ふと。「あれっ?昨年のDKRミニカー、どこへ行った??」であります。せっかく並べようと思ったのに・・・。毎度のことですけどねぇ。で古いミツビシが目の前にあったり・・・。

2016年11月18日 (金)

次はバトンか

 マックス熱が下がったかな?と思ったら今度は

00055666_photo1SPARK
マクラーレンMP4-31
ジェンソン・バトン
2016 イタリアGP ”Halo”テスト

 ご存知のとおり、ドライバーの頭部を守るテストが続いております。
同時に

00055665_photo2SPARK
バトン300戦記念 マレーシアGP
ピットボード付

 のアナウンスがありました。私はSPARKのピットボード付はあまり好きではありません。ただ付けただけな感じがしますから。

 バトンはご存知のとおり、今年で休暇に入りますが、戻ってくると思う方は皆無でありましょう。てっきり別注品で出てくるかと思ったら、まずSPARK本体が力入れてきましたね。ならばPMAの作戦はいかに?。多分アブダビGPは視野に入れているでしょう。SPARKも同様に思いますが、こっちは日本別注アリかな?とも。

 マクラーレン・ホンダそしてホンダで優勝したドライバーです。国内でもファンが多い。狙うのは当然かと思います。

 ただ、コレ私の聞き間違いか、それとも噂だけなのか?、現在バトンの版権をガッチリ握っている会社があり、そこから版権をもらわないと別注品難しいとも聞きました。

 以前に書きました

Unnamed_1_1024x1024

MIKLEE

 ミニ・ヘルメット専門店ですが、ここが強いと。

 確証はありません。これはPMAにて発売されるようですが、やはりアブダビGPなのか、PMAがアナウンスしていませんから不明ですが。

 いずれにせよ、今度は”バトン熱”、メーカー含め出てくることでしょう。そう考えると今年散々「何考えているんだ」といわれたPMAの「ホンダ RA106」、正解だったかぁ?。何だか、コレ使う国内・・・まぁやめましょう。まさかブラウンGPに手を出すところは???。

 反面、何も出てこないのが

Massaフェリペ・マッサですねぇ

 まず間違いなくブラジルGPは発売になるでしょう、そしてアルコール禁止アブダビGPも。長年活躍したドライバーなんですけども。ブラジルのショップが別注出せるとは思えませんしねぇ。ルーベンス・バリチェロを思い出しました。

 まぁ、でもこうやって引退していくドライバーの記念的なモデルを発売するのは、それはそれで結構でございます。

2016年11月13日 (日)

到着

 マックス熱止まらずの別注品、今度はSPARKですが到着しました。

AImg_3198rmand Modelcars/SPARK
レッドブル RB12
マックス・フェルスタッペン
イギリスGP 2位 2016
 

 私はSPARKは持っていませんので、通常品との比較はできませんし、比較するのもおかしいでしょう。

Img_3196 わかるのは

 タイヤがインターミディエイト
 
 だけです。他は比較していないのでわかりません。

 PMAと比較する意味も無いかと。両方とも出来が悪いわけでもなく(エラーはあるみたいですが)。ただ個人的には、PMAは若干ツヤがあるかな、と。以上であります。

Img_3199 箱裏

 当てたのはArmand Modelcarsによる別注だけ、でありました。
しかし、1社単独でLTD.500は強気ですね。


 「何、この簡単説明?」。もう嫌なんですよ”上から目線指摘”。「楽しみましょう」だったのが、「俺の方が知っているから」的な嫌なコメント。じゃぁもう何も書けません。=ブログやめる、つまらないと。来月は最後になりますから、今まで感じていたことを書いていきます。

 若い方にブログを始めて欲しい、また続けて欲しい、と言う思いがあります。じゃないと繋がって行かない。そんな人に”おバカ”とか社会に認知されないのか、頭が悪いのか。失礼的文章で書いて来られるのは心に傷負います、いや「バカ相手にしたくないよなぁ」と負担追いますから。それが目的なんでしょうが、「てめぇ!この野郎!!」いや”用心棒”なんだ的にで頑張ってほしいと。普通に話せばいいのにねぇ。まぁ頭が悪いからでしょうね。でも負けずに頑張ってくださいよ!。私も応援しますよ。


Photoロバート・ヴォーン

 亡くなりましたね。再放送世代でありますが、やはり

0011 ナポレオン・ソロ」だったですねぇ。吹き替えは矢島正明、カーク船長じゃん。映画では「荒野の七人」でしょうね。

 で、スターウォーズの時代に「宇宙の七人」と言うB級映画観に行きました。結局”黒澤映画”のパクリなんですけども。角川映画「復活の日」にも出ていました。合掌。

より以前の記事一覧

***

**

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30