*

  • ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
  • DMM.com DMMポイントオークション
  • DMM.com CD&DVDレンタル

リンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

昭和

2016年12月25日 (日)

余裕が無いねぇ

 もはや「クリスマス」といわれて、何かするという余裕が無くなりました。子供も大きくなりましたし、コッチは25日かつ日曜日ですので。23日の金曜日車が多かったわ、明日は集金に走るわ、気持ちの余裕がないですね、本当。まだ仕事があるだけマシでしょうが。

 いつから余裕が無くなりましたかねぇ?。やはり子供の受験くらいからでしょうかねぇ。何せ毎年「今日、クリスマス?」ですからねぇ。プレゼント等も完全に眼中に無くなりましたし。余裕が出てくるのは子供達が就職してからでしょうかね。で、嫁に「離婚ね」と言われたりして。

 今日は私の思い出のマシンではなく、毎年発売している

102133_1シュコー
2016 クリスマス

 シュコーは毎年クリスマス・シーズンに向けて、こんなモデルを発売します。夢があってよいですね。

103000ブルム
2016 クリスマス


 ここも毎年フィアット500で作ってきますね。

 でも、もはや他メーカーにはこんな”余裕”ないでしょう。まさかSPARKやPMAが”クリスマス カラーF1”なんてのもやらないでしょうし、国内メーカーもやらないでしょう。「売れなかったらどうする?」がまず最初にありますし。両社の”遊び”は少し学んだ方が良い気がいたしますが、さて。

  さて音楽。オーティス・レディングにしようかと思ったのですが、日本人ならばコレでしょう!

 クレイジーのクリスマス
 

 ”サンタの爺さん”は忙しそうで。今年は忘年会新年会全て欠場であります。

 ちなみに、クリスマスを題材にしたハリウッド映画は”コケる”そうで。国内では「戦場のメリークリスマス」と言う、イマイチ意味がわからない映画があたりましたが。曲はたくさんありますけども。映画「サンタが殺しにやってくる」の話したら、やめましょう。


 「サンタクロースの服は昔は”黒”だだった」ことはご存知の方も多いかと。コカコーラの宣伝で”赤”になったと。この話ってすごいと思いません??。

 あぁ明日も忙しいぞ!。

2016年12月 8日 (木)

これは書いていいのだろうか?

 今日は必ずマスコミでも言われるのが「ジョン・レノンの命日」。

 ビートルズ時代の音楽はジョン・レノンが好きでありますが、解散後は・・・せいぜい

Photoロックンロール

 コレだけでしょうか、好きなのは。

 ファンは多いですから怖いのでありますが、その後に70年代の夢を見たごとく「音楽が世界を変えられるんだ」になっちゃったと言いますか、音楽で平和を訴え「イマジン」「ハッピー クリスマス」等々出します。これが「WE ARE THE WORLD」に繋がるのですが、今も戦争(内戦)は終わらない。WOMENみたく名曲もあるのですが、どこか「?」が今でもあるのです(絶対に批判来るな)。ポールに宛てた手紙の推敲前の文章も見つかりましたね。結構な関係性であります。

 ただ、これを私等、否もっと上の世代は感じていないといけない。つまり、今やビートルズの音楽は、今の(80年代から)アーティストに使われ、かつプラスαされています。私はコレ当然だと思います。「ビートルズ?、今聞くと古いよ」と言う話をされるのも当然。そこに文句つけるのは意味がない気がします。ただし、”はじまり”でもあること認識しないといけませんけど。

  しかし皮肉なもので、今日は「真珠湾攻撃」の日であります。関東軍の過激な中国侵略によりABCD包囲網に囲まれ、何も出来なくなった日本。これまた色んな説がありますね。「アメリカは知っていたので空母を移動させた」とか「スターリンの誘導によるアメリカの参戦」等々。ただ判っているのは海軍大将  山本五十六が「攻撃が上手く行ったらば和平会議をしてください」と言う言葉。しかし陸軍の活躍に無視されると。そして悲惨な道を日本は歩むわけです。

 しかし、私等はやはり戦争で亡くなった方々のおかげで生きているのであり、戦争をしかけない国になったこと、これはやはり、どこか心の中に置いておくべきだともいます。他国が問題視しているのは”政治的カード”でしかありません。と書くとヤバいのかな?。

51nmmmagxl ハワイ マレー沖海戦

 1942年に作られた戦時高揚映画であります。

 真珠湾攻撃を見事に描いた、円谷英二。戦後「スパイであったのか?」と戦犯扱いされます。

 今見れば「セットじゃん」ですが、当時のアメリカ人は驚いたと。
事実でありますが、真珠湾攻撃をするに当たって、九州で訓練した部隊のシーン、これ人間業ですから。改めて敬服する次第です。


 
 

 この歌は当時”国歌”にする、と言われた曲でもあります。いずれにせよ戦争で亡くなった方々があってこその、今の日本だ、と感じるのです・・・。でも理解できない人とは会話すら出来ない私です。

2016年11月20日 (日)

足にさわった女

 ずっ~と観たかった映画を観賞する事ができました。その前に

51utoz15tml足にさわった女
 大映 1960年公開

 まず先にコレを観ております。
クレイジーキャッツが登場する映画は観よう、と。

 ストーリーは「女スリとそれを追う刑事。そこに流行作家が絡んで・・・」
と言うコメディであります。登場する男、皆が女スリ(京マチ子)に恋してしまう・・・。ハナ肇初主演作でもあります。植木等もキッチリと無責任な男で出てきます。

 これが非常に面白いのです。調べてみましたら元は沢田撫松の小説で、1926年に既に映画化されていたそうです。

 さて、コレからが本題でありますが、「この映画の前に市川崑監督で、越路吹雪主演で東宝で作られた」と聞きました。市川崑監督作品は初期からソフト化されているのですが、これが見つからず、「いつか観たいものだ」とだけ思っておりました。私、越路吹雪のファンでもあります。

 それがなんと今月CS、日本映画チャンネルで放送されまして。先月くらいからでしょうか、市川崑監督作品集を放送していましたが、まさか放送されるとは。

Simポスターが見つからないんですよねぇ。

 東宝が1952年に放映した映画です。

 ストーリーは全く同じですが、開始当初いきなり、越路吹雪が歌いだす!。男を小バカにして歌い踊ります。いきなり「おぉ~」と。それを追う若き刑事は池部良であります。これがミュージカル・タッチもあり、大映版よりも面白いんです。「デッドプール」みたく観客に話しかけたり。あぁ市川崑監督は若いときから上手いんだなぁと。そして戦後に言われていた「都会のセンスにあふれた東宝」、これ納得です。俳優陣も上手い。池部良とハナ肇を比較できませんわねぇ、やはり。ハンサムであります。


 大映版は市川崑の脚本をそのまま使ったそうですが、その時代のセンスに合わせて一部変更されています。最初からハナ刑事は女スリの虜で、何とか足を洗わせようとするのですが、東宝版は最初はあくまでも犯人であり、途中で段々と引かれていく、そこが良いです。

 まだまだ観たい映画と言うのがワンサカあります。が、ほとんどがソフト化されていません。CS頼みでありますが、コレもまた・・・。放送自粛もありますし。

Photo 獣人雪男

 これまた自主規制で放映されません。
海外版を観ましたが、ストーリーが変わっていますので。
ただ「あぁコレか」と言うのがあるのですが。

 で、この「サントラ版CD」が、急に再販されることに!。それも今回はオリジナルマスターテープからリマスタリングと!。もしかするといよいよ封印解禁か?なんて。来年は「ウルトラセブン」50周年。そこで「遊星から愛をこめて」が封印解禁されるのではないか?、希望的でしか無いでしょうね。

 ただですね、この「獣人雪男」は過去に”詐欺事件”もありまして、大丈夫か?と思いますがねぇ。ちょっと変わった特撮モノのサウンドトラックを発売しているメーカーです。東宝からマスターテープが借りられるのか??。

 いずれにせよ、こういう”封印作品”、観たら案外面白くなかったりしますけれども。

 結局最後は特撮でございましたか・・・。



 

2016年11月10日 (木)

ウルトラ劇中車

 私の世代直撃ウルトラマンは「帰ってきたウルトラマン」であります。と言っても、途中で見なくなった気がして、後半の記憶があまりありません。

 は、ともかく、後のシリーズの様に子供でも「こんなん飛べるんか?」と思わせる様な飛行機も出ずに、結構に今もMATの兵器は人気があるようです。

Img_3182_1AMIE
”帰ってきたウルトラマン”
マット・ビハイクル

 コスモ・スポーツですね。このアンテナの曲がり方が好きでした。まぁ”お待ちかね”の1台でありましょう。ダイカスト製もありがたい。若干ディフォルメの関係でしょうか、運転席の天井が高すぎる気がしますが、まぁ人それぞれと言うことで。

 これ「探偵ナイトスクープ!」で放送されましたが、コスモ・スポーツを、このカラーリングで乗っている方がいらっしゃる!と。もう1台の”迷彩”バージョン、どうですかね?。そのかわり天井にロケット弾発射装置つけないといけませんが。

 長年「ビハイクルの意味はなんだろう?」と思っておりました。昨年でしたか、ある雑誌に「英語で乗り物を表す Vehicle コレを誰かが”ビハイクル”と読んでしまい、そのまま採用された」と。なるほど。本来はビークルですが、ビハイクルの方がカッコいいんじゃないか、なんて。

 最近は「帰ってきたウルトラマン」を「ウルトラマン・ジャック」と呼ぶそうで。私らは皆色んな言い方していました。「ウルトラマンⅡ世」が多かったでしょうか、後は「新マン」とか。私は「帰りマン」と呼んでいた気がします。ジャックと言われてもピンとこない世代であります。

 しかし、「帰りマン」と言えば

 
  コレなんですよねぇ!!。これ噂で「カラオケにあるらしい」と。あれば歌いたいですよ。


 さて、この前に、同社が「ウルトラマン・タロウ」の劇中車

415dmc2dyfl_sx425_ウルフ777」を1/18で発売しましたが、誰が買うんだろう?と。世代は近いか?、それでも5万円する「ウルフ777」を買うとは思えないのですが。
元はクラウンで、後に「アステカイザー」にも使われると。しかし、コレよく乗れたよなぁと思います。怖かったでしょうね。

 購入された方、是非にレビューを。


 ちなみに弊ブログの最後に”Q”がありますが、気付いていらっしゃるかもしれませんが「ウルトラQ」から拝借しました。再開の際に「原点回帰」と思いましてね。

 ちなみに「帰ってきた~」も使用しました。が、今年で本当に終わりますので、Aやタロウ、レオなどは出てきませんのであしからず。

2016年10月29日 (土)

おっさん、アニメにはまる!

 10月10日の新日本プロレス 後楽園大会に「タイガーマスクW」が現れました。これでタイガーマスクは何人目になるのだ?。でもさすがに初代 佐山サトルの登場をかき消すタイガーはいないと。

 小学校高学年からプロレス・ファンだった私。それまでマニアックな3人くらいで試合の話をしていました。が、佐山タイガー出現の翌日に学校で「タイガーマスクの正体って誰?」と、何人からも聞かれ、その皆が興奮していたことを今も覚えております。そこから「プロレス・ファン」がメジャーとして扱われることになるんです。でも当時思ったんですが「佐山サトル」と言ったところで、プロレス知らない奴が判るのか?でした。私が気付いたのは、その前のシリーズに帰国予定だったのがキャンセルになった。これでしたね。

 佐山引退後に歴代ライガーマスクが現れるのですが、残念なのはライバルがいなかったことです。初代はダイナマイト・キッド、ブラック・タイガー(”ローラーボール” マーク・ロッコ)、小林邦昭。またメキシカンの中にも”出来る”ヤツもいましたし。グラン浜田、そして佐山をきりきり舞いにさせてスティーブ・ライト・・・。ただ二代目からはライバル不在で・・・。

 さて「タイガーマスクW」ですが、テレビ朝日が始めた「タイガーマスクW」の影響でありましょう。

Llbkg9abタイガーマスクW

 どうせね、と思って初回観ました。
 
 が、ですね。コレ昭和「タイガーマスク」の延長戦上で。まず虎の穴が牛耳る団体が現れる。イエローデビル(アニメ タイガーマスクのニックネーム)と言うレスラーに、日本の団体のエースが再起不能にされる。若手二人は「イエローデビルを倒すために!」と一人は虎の穴へ、もう一人は、元虎の穴でタイガーマスクと対決した、高岡拳太郎に拾われる!。でトレーニング場所は、伊達直人が残した富士であります。

 初回だけでいいや、だったんですが、昭和マンガとアニメ タイガーマスクを引きずる感じがしまして、ずっと見ています。新日本プロレスも実名で出てきますし、ミスターXもミスXも。レッド・デス・マスク「赤き死の仮面」も出てきましたし。もしかして「ピラニアン」とピラニア・プール デスマッチやるのか??。

 こうなると「これ猪木や佐山出てくるんじゃないか」と。また映像も「こんなん無理ジャン」技ではなく、しっかりした技なんです。チキン・ウイング・フェイスロックのかけ方に、おっと!(必殺技はむりでありましょうが)。ちなみに実況は当時の古舘伊知郎みたいです。
まぁ半年で終わるでしょうが。伊達直人をどう出すのかな?。今は、はまっておりますが。

 さて映画でございます。プロレスラーの映画となると「力道山の鉄腕巨人」「力道山物語 怒涛の男」、海外では「レスラー」(ミッキー・ローク)となりますが、コレを皆さまご存知でしょうか?。

031bb0adbfd3471fa43cb90e653341feLONE TIGER
1994

残念ながら、日本でVHSになったことがあるんですが未見です。原作は”辻なおき”に許可なく作った「タイガーマスク・ザ・スター」。タイガーマスクのリメイクで当然裁判になりますわな。で終了と。裏で動いていたのが真樹日佐夫だったと(笑)。と言うことは実写化させたのも、ハリウッドに売りこんだのも??。

 今回、かなり探しましたが、どうもアメリカでもDVDになっていないようです。日本人で詳しいがいらっしゃり、笑ってしまいましたが。これがハリウッドで映画化された理由は御存じ内容でした。YOUTUBEに予告編がある、とのことですが、どうも著作権に引っかかったか?。

 コレは是非に観たいのですが、嫌な予感だけですけどね。国内でも何度か実写化されましたが、へタレ映画ばかりでしたし。

 音楽は、やはり、初代で行きましょう。歌うはタイガーマスク(佐山)!、これでは哀しすぎますから。


  。

2016年10月24日 (月)

宇宙、それは人類に残された最後の開拓地である。

なんか最近は「50周年、30周年」が多いのですが、それだけ年齢を重ねたわけでしょうね。

St_tos_cast「宇宙大作戦」

 TV版かつ最初の スタートレック です。今も大好きであります。

 本国放送50周年です。日本では第2シーズン(だったと思います)から放映局が変わり「宇宙パトロール」と変わったこともありました。

 製作はジーン・ロッテンベリー。60年代に「未来はどうなるか?」と宇宙物理学者等に聞きながら作られた為に、子供時代には難解でもありました。が、この世界観は今現在は”アタリ”があったりしまして。

 そしてシリーズ「スタートレック ・ネクスト・ジェネレーション」「ディープ・スペース9」「ボイジャー」「ST エンタープライズ」と、この未来を描いたTVドラマが作られます。ここまでは良かった。

 失敗は映画。宇宙大作戦で6話作られ、ネクスト・ジェネレーションが4話。全て日本では外しました。とくにネクスト・ジェネレーションは地域格差、放映の有無もあり、ついには「スタートレックの名前を外そう」となったそうです。6シーズン続いたのに(涙)。

 この映画「ファーストコンタクト」でワープ航法を得た人類、それから始まりの話「ST エンタープライズ」が始まります。最初の宇宙航海。

 「まんが宇宙大作戦」と言うのもありまして、これは幼い頃ですが見ていました。ハンナ・バーンバラっぽい感じでしたが。スポックの指が6本、なんてこともありました。

 TVドラマは全話観ましたし、どれも非常に面白いです。が映画は・・・。21世紀になり新たに製作されましたが、コレも何かなぁ。で、3話目「S.T ビヨンド」が公開になりますが・・・。

 とにかく今年は「宇宙大作戦」アメトイが多数発売されました。

Img_3141 「スポック、材質は何だ?」
「艦長、アルコールの臭いがします。危険はないでしょう。」

Mx 1/6
 この会社知らないんですよねぇ・・・。でも毎度こんな話でありましたね。

 STARTREKは実際に今までアメトイでも恵まれなかったんですよ。トイばかりで。12インチもメズコ社が良いモノ出しましたし。

 さて話が変わりますが、私が「うつ病」になった際に、一番気にしたのが「意味なき悲しみ」でした。自分が悪いわけではないのに「自分が悪いんだ」と泣けてきたり落ち込んだり。その時に「あぁこうなりたいな」と思ったのが

PhotoMr.スポック

 感情を捨てたバルカン人と人類のハーフ。冷静かつ感情を表に出しませんが、バルカン人と地球人のハーフでもあり、その感情と戦うこともしばしばでありました。これは逆に「人間とは感情の生き物」と思わせる部分もありました。

 当時あまりにつらく医師に聞きましたら「喜怒哀楽を潰すことは簡単。ただし消した場合に”危機管理”が皆無に近くなり、事故に遭う可能性が高い」と。なるほど、感情を殺す=危機管理が無くなるんだと。これ以前にも書いておりますが、続きがございます。

 夏に頭を打って、は書きました。脳内外科の医師は「とにかく脳圧を上げない様に注意してください」と。私は「酒飲むな、考えすぎるな、ストレス溜めるな」だと思ったのですが、そうではなく「感情をコントロールすること。感情で一番コントロールしにくいのは”怒り”。これが脳圧を高める」と。「とにかく全ての感情をしばらく抑えなさい」と。それMr.スポックじゃん!。

 となると私は一体どうすれば良いのか?、これって逆に脳圧高めませんかね??。今も、その意味に悩んでおります。

 ちなみにスペースシャトル、試作1号機に「エンタープライズ」と言う名前を付けさせたのはSTARTREKファン、トレッキーであります。発表の際に出演者も呼ばれました。

 結局は今のSTAR WARSよりも先に「宇宙大作戦」に心奪われたのですが、私は両方ともファンです(と、書かないいと怖いのが両方。対立構図があるんですもん。STAR WARSは単に宇宙を舞台にした親子映画だ、と言う方にも、そうだよな、とおもっちゃいますから)。

 「ローグ1」は行きますよ。だって”宇宙最強のアクションスター”ドニー・イェンがでるんですから!。頼むから帝国軍にキック、お願いしますよ!。

2016年8月26日 (金)

タミヤのおかげ

 これは私等世代でしか興味がないでしょう。現在のDTMの前身であるDRMです。全く内容は知らずとも、このプラモデルは覚えている方は多いかと思います。情報が雑誌しかない中、発売されて存在を知ったマシンです。

Celicaタミヤ 1/24
セリカLB ターボ Gr.5

これはご存知の方多いかと思います。なんでトヨタ・セリカが?、でした。タミヤは昔から製作書に説明書きを入れていました。これでシュニッツアーから登場した、と知りますが。77年、78年の2年間でしたが活躍は出来ず。その後79年に日本にやってきます。トムスでしたかね?。そのマシンを参考にルマン等に登場した童夢セリカが生まれます。すぐにGr.C時代がやってきますが・・・。

 さて、このシュニッツァー・セリカですが、何でSPARK出さないのだろう、と。既にエブロ社が発売していますが、もはや古いモデルになりました。こう言うルマンに向って行くマシンをSPARKは結構出しているのに。ずっと出るだろうと思っているのですが、やはり金型使い回しを考えているのでしょうか。78年モデルは使いまわし出来ますが。ついでに童夢セリカも出さないかな?。トミカにはあるんですよね。

 実は今回、このモデル見て「あぁそうだった!」と思い出したのですが・・・。

2041506SPARK/Raceland
BMW 320ターボ
マンフレッド・ヴィンケルホック
1979 DRM シュニッアー


 これはドイツのRacelandショップの別注品です。やはり母国レースであり、当時人気のあったGr.5マシンですから。セリカを諦めたチームはBMWに活路を見出すわけですが、このエアロやエクステリアはセリカの延長線上ですね。一瞬「あれセリカにイエロー・カラーあったか?」と。

 しかし、このBMW 320ターボもまた、私等世代はタミヤ1/24プラモデルで存在を知るわけです。
320iそう考えると、タミヤって、やはりスゴイメーカーですね。

2016年7月22日 (金)

やっぱり”黒”だって

 かなり以前に「ゾフィの”とさか”は”黒”だ」と書きました。反響は一人。

Middle_1182565843ウルトラマン
「さらばウルトラマン」最終回
登場時の ゾフィ

 黒いってやっぱり。で、マニアの間では「間違いない」となっているのですが、どうも円谷プロは認めていないようで。

 先般 NHK BSプレミアムにて「ウルトラマン放送50周年」特番が放送されました。その際に「さらばウルトラマン」が放送されることがわかっていたので、NHKに「ぜひゾフィの”とさか”のカラーの真偽を!」とメールしましたが、完全無視。当たり前を承知でメールしたんですけども。

 が、マニアは黙っていません

454645w300やまなや
銀河連邦ソフビ・シリーズ
ゾフィー


 はい”とさか”は黒(グレー)。

 ちなみに現在は「ゾフィー」と言うのだそうです。
ウルトラマンは「ゾフィ」と呼んでいましたね。
となると現在のゾフィーは2代目??。

 円谷プロは既に円谷家から離れてしまいましたが、回顧録に「設定が毎回変わるために”矛盾”が出てきた。まさかシリーズ化されるとは思わず(TV局側の要請)、マニアの時代になった際に様々な議論が噴出した」とあります。「ウルトラマンAが父 母の息子。ただし戦争孤児である」とか、その設定をタロウに持ち込んだら「顔が違うじゃないか?」なんて。この矛盾も昔書きましたね。

 まぁ、どうでも良いお話でした。

2016年7月15日 (金)

すげぇぞ!! 4K

 映画の話が続きます。ネタが無いから続けます。

KinngoziキングコングVSゴジラ

昭和37年に公開された作品です。私にとっては”超娯楽大作”であります。

 しかし、1970年度の再公開時に20分弱、フィルムをカットして公開されました。

 が、そのカットされたフィルムが無い!。と言うことで当時発売された8mmフィルムを16mmにつなぎ合わす。そんな作業がされました。

 がががががが、何とカットされたフィルムが発見され、それを16mmにつなぎ、フィルムの傷をデジタル処置された映像がBS 日本映画チャンネルで放送されました。

 何と言う美しさ!。DVDもBDもある中で、最高の映像です。合成処置された部分もデジタル処置差され、違和感なく。恐らくは昭和37年に映画館で観た方と同じ映像を観ているんじゃないか?。
 キングコングの毛一本まで、しっかり見える映像は、コレしかないでしょう。

 は?「ゴジラ完全復刻!」・・・講談社ですか。この映像使うとは思えませんし。「ゴジラ」4Kや海外HDリマスターが出ているのに、何度も「ゴジラDVD」を発売する意味は感じないですね、個人的には。既にそろえた方もあるでしょうに(マニアには「ゴジラ・ランド全話収録が、ですけど)。

 以前「ゴジラ」4K化されましたが、あれはモノクロでわかりにくい部分もありましたが、カラーだと全く違うんですね。
 「シン・ゴジラ」に一抹の不安を感じながら・・・。

2016年7月 7日 (木)

昭和プロレスラーを作って!

 バンダイも思い切ったことしましたなぁ。

RockS.H.フィギュアアーツ
”ザ・ロック”

 ついにWWE(当時はWWF)レスラーが参戦。
90年代に活躍したレスラーでした。

日本にも来日したピーター・メイビアが祖父でロッキー・ジョンソンの息子です。最近は「ドウェイン・ジョンソン」の名前が有名でしょうか。
一時期俳優業に専念しておりましたが、2011年にWWE復帰。レッスルマニアでジョン・シナを破り、その後にWWEチャンピオンにも返り咲きました。”ピープルズ・エルボー”が必殺技です。

 これ売れるかね?。

Austin S.H.フィギュアアーツ
”ストーン・コールド スティーブ・オースティン”


 まだストーンコールド名乗る前、WCW時代に来日した際に、武藤や蝶野戦等でレスリングの上手さを魅せましたが、いかんせん小柄で地味、マニア向けレスラーでした。マサ斉藤に絶賛されていましたけれども。
が、肩を故障してからWCWを解雇されWWEへ。そこで”ストーン・コールド”と言うニックネームでヒールに転向してから、逆ヒーローに。怪我の影響もあってかレスリング云々よりもパフォーマンスで人気に。必殺技はスタナー。ネックブリーカーでした。この人も俳優業が忙しいかた。引退状態ですね(余談:本名がスティーブ・ウイリアムス。プロレスファンにとっては、ややこしい)。

 これ売れるかね?

 この2人の抗争は非常に人気が高く、またギミックで車に轢かれたり、ロックの車を壊したり。ここにマクマホン・ファミリーもからみ非常に面白かったです。はい、当時は観ていました(レンタルビデオでしたが)。

 なぜに今バンダイが往年のWWE(当時はWWF)のレスラーを発売するのか?。WWEファンが会社にいるのか?。その後の展開は?気になるところですが、やはりここは日本。「昭和名レスラー・シリーズ」を是非に。

 やはりまずは新日がいいかな。アンドレは絶対に必要。ハンセンも要りますね。机上で田園コロシアム!。逆にミスター高橋がマストになるか?。当然、猪木も馬場、坂口も。でホーガン、ブッチャーやT.J.シン、ファンクス、ミル・マスカラス・・・もう枚挙に暇がない。しまいにはマニアから「パット・パターソンだ!、クルト・フォン・ヘス!も」「マネージャーでグレート・マレンコも!」「ならばマクガイヤー・ブラザーズは?」「いやハリウッド・ブロンドスはどうだ?」「マスクド・スーパースター忘れるな!」なんて、もう滅茶苦茶になりますな。

 でも欲しい反面、マジに出されたらエライことになりそうで。F1ミニカー状態になっちゃう。

 が、アンドレ・ザ・ジャイアントだけは、どうか発売して下さい。同じシリーズのゴジラやウルトラマンと戦わせられる!。世界の大巨人ですから!!。

より以前の記事一覧

***

**

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31