*

  • ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
  • DMM.com DMMポイントオークション
  • DMM.com CD&DVDレンタル

リンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

その他オープンホイール

2016年7月12日 (火)

色んなことを考えますなぁ

 これ書いて良いのか悪いのか非常に悩みました。ひとつ間違えるとクレームみたく取られますので。従いまして、あくまでも”こんなモノがあるんだ”程度に。私はそれ以外全くの感情はございませんので。

 さて知り合いから送られてきた某店の会報の写真。「これ一体何?」と聞かれまして。

Img_2995フォーミュラ・アバルト
2014年フロリダ・ウインターシリーズ
マックス・フェルスタッペン

(無断掲載お許し下さい)

 私も「なんじゃコレ?」と探していたのですが、さっぱりわかりません。わざわざフォーミュラ・アバルトなど作っても売れないだろうし、ダイカストですから、マックスの為だけに作ったとは考えにくいですし。どこかの別注品だろうか?とも考えました。がフォーミュラ・アバルト発売しているメーカーが思い浮かばない。

 かといって、私が直接お店に聞くのもどうなのか?と思いまして。で、懇意にしてくださっているお店に画像を送りました。「初見です。調べてみます」と。

 すぐに返答が来ました(早い!)。ただし、あくまでこのお店の”憶測”であることを前提に話を進めます。「ebayにマックス・フェルスタッペン用のデカールが出ている。MOTORAMA用と記載がある。つまりMOTORAMA製品を塗装しなおし、手作りデカールでマックス仕様に改造したのでは?」と。

 えっMOTORAMA?。同社は雑貨店にあるような安価ミニカー・ブランドです。まだあるのか?。私はよくトイザらスで見かけました。D社キャラクターのミニカーもありました。1/43と1/24がメインです。が、正直「フィアット500」しか見た事が無い。バイク・モデルもありましたか。出来はとやかく言うほどではありません。プルバック・ミニカーとかも出していますが、そんなに大々的に製作しているとは思えませんが。

 で、よくよく思い出したら、そのフィアット500はアバルト仕様。3種くらいカラー違いがあったと思います。ここからは私の憶測です。「もしかするとMOTORAMAはアバルト・シリーズを展開し、その中にコレがあったのでは?」。と検索しましたがヒットせずです。

Sl400これがMOTORAMAが発売した
フォーミュラ・アバルト 2010

 外箱の画像も確認しました。私の見た「フィアット500 アバルト」と同じです。↑のアバルト・マークもMOTORAMAの内箱と同じ位置にあります。

 ただ、コレは見たことが無いなぁ・・・。しかし元は1/43で1,000円程度のモデルですが、マックスに化けると・・・。でも、やはりお店の方の意見は正解だと思います。まさかMOTORAMAが版権獲得してまで作るようなことはないでしょうから。あくまでも個人製作品と言うことでしょうね。

 しかしいろんな事を考えますね、本当。

2016年5月10日 (火)

お待たせですよ

 数年前からPMAカタログに掲載されて「あぁ何年先発売だよ!」となっておりました

Photoラルト無限RT23
ミハエル・シューマッハ
1991年 全日本F3000菅生ラウンド

 ついに発売されますね。まずはES社別注からですが。

 このモデルを何年待ったことか。キャリア唯一のF3000参戦でありますが、チーム・ルマンからスポット参戦し、いきなり2位に。当時はローラやレイナード製シャシーが非常に強く、ラルト・シャシーは大苦戦した中での2位でした。今は昔、MSCが続いた90年代半ばに、「なぜこのマシンを出さないのだ!」とコレクターは声を上げていました。多分、日本人だけでしょうが。

 さて、メルセデスもWSPCから撤退し、Jrチームのドライバーの行き先が注目されていた頃、シューマッハに目を付けたのがトム・ウォーキンショーとロス・ブラウン。既にベネトン入りは決定的だったのかもしれないですね。で、これ忘失してしまいましたが、誰か(マネージャーだったかトム・ウォーキンショーだったか忘失)に、世界でもレベルが高い”全日本F3000”に「F1に行くまで」として参戦。確かに後にF1に行く面々が揃っていましたから。また前年度のインターF3で観ていたのかもしれませんね。チームメイトはジョニー・ハーバート。元々1台体制なところに、確か持参金付き(メルセデスが出したんだっけ?)で参戦しました。

 色んな逸話が残っております。アンダーカウルの状態がハーバート用の方が良いから交換してくれ、それをハーバートが呆れ顔で「いいよ」だった、とか。他のドライバーに「どう乗ればよいのか」、またチームにも「戦略について教えて欲しい」と予選後深夜まで話し続けた、とか。有名なところでは当時のブリヂストンの浜島氏に日本しか無かった「予選用スペシャルタイヤの使い方を教えろ」等、皆が壁壁するまで聞いたとか。で2位になっちゃったから皆がビックリしたと。

 これ当時TV観戦したのを覚えています。当然ミハエル・シューマッハの名前もWSPCで知っておりましたし、マカオGPの一件もです。でもF3では「ミカ・ハッキネンが強い」と言われていた時代でしたので、F3000はどうなんだろう?と疑問符ありました。チームも良くない。先にハッキネンはF1に乗っていましたし。

51e16sin3xl 詳しくは、コレ読んでください。今回書こうと思い、探しておりましたが、どうやらミニカーの山の奥の本棚にあるようで、雪崩の危険性を感じました・・・。

 で、その後にジョーダンのテスト受けたら、速さに驚いたエディ・ジョーダンが即契約しF1デビューと。そして”政治”が働き、ベネトンに移籍すると。が、最初に目をつけたのがベネトン幹部2人と言うことと、ジョーダン側の契約書が不備だらけだったそうな。1戦だけの契約を予選後に撤回して年間契約を簡単に済ませたとか、コノ辺りも逸話だらけですなぁ。このトレード話、当時は非常に悪評が高かったことを覚えています。

 と、まぁ今まで耐久レースに興味がなく、名前すら知らない人まで、この1戦だけは驚いたと。私もですが。ジョニー・ハーバートが下位走っているチームで急に表彰台ですからね。

 ふと。恐らくはES社別注品はMBA社とのコラボでしょうから、ドライバー・フィギュアは乗るとして、PMA本体側はどうなんだろう?。B194のようなことになりはしないか、ちょっと不安でございます。一応サンプルにはドライバー乗っておりますが、さて。

 しかし、この時代の全日本F3000モデルをどこか出さないだろうか?。

 

 

2015年8月13日 (木)

気になるお題 二件

Jack 1997年のF1チャンピオンであるジャック・ビルヌーブが、ベンチュリ・フォーミュラEチームと契約し、2015/16シーズンのフォーミュラEに出場することが決まりました。ニック・ハイドフェルドかわいそう(こら)。

 しかしジャックもF1下ろされてから(引退宣言していませんから)は、ツキに恵まれていませんね。せっかく復帰したワークス プジョーでルマンに参戦し「ついにF1、インディ500、ルマンを三大制覇か?」と言われたら、優勝する前に下ろされる。理由が「夜間走行が遅い」からとか(ELMSでは優勝していますが)。で、NASCARに挑戦。フルシーズン契約だったのがスポンサーが資金を用意できずに下ろされる(チームが無くなる)。以降スポット参戦を繰り返すと。2014年にはインディ500に帰ってきましたが活躍できず。で、自身がF1に戻る、チームを作る、これらも頓挫。結局TV解説者になりましたが。

 今でも、言いたい放題で豪放な性格のジャックのファンは多いですよね。やはりF1時代に早くにグレイグ・ポラックと手を切ればよかったんじゃないか、と思ったりします。”お付き合い”長すぎましたね。

 同じようなタイプだったファン・パブロ・モントヤが現在INDY CARシリーズのポイント・リーダーですから、ここは是非に。関係ない話ですが、モントヤ、ドンドン太ってきていますね。

 ということで、フォーミュラE参戦には期待するのですが、また途中で下ろされなければ良いのですが。でも本人、多分レストランでガンガン儲けているでしょう。

 そして、笑っちゃいけませんが

バトン夫妻が昏睡強盗に遭い、婚約指輪を盗まれる

 ジェンソン・バトンは8月3日、休暇を過ごしていたフランス・サントロペの貸別荘で強盗被害に遭った。7日に自身のフェイスブックページで明らかにされ、バトン本人および一緒に滞在していたジェシカ夫人、友人たちに怪我はなかった。
 強盗はバトン夫妻らが寝ている間に別荘へ侵入、ジェシカ夫人の婚約指輪をはじめ、多くの宝石類を盗難した模様。地元の警察によれば、サントロペでは同様の被害が続いていて、エアコンの通風孔から催眠ガスが流し込まれた可能性が示唆されている。
 被害総額は日本円で約6000万円とも伝えられており、何より婚約したときにバトンが贈った指輪を盗られたショックが大きいという。バトンとジェシカ夫人は、2014年2月に婚約を発表。同年12月にハワイで結婚式を挙げている。
                                                              オートスポーツweb2015.08.08

 すごい話ですよね。昏睡強盗と言うのは大抵が睡眠薬やお酒ですが、エアコン通風孔から催眠ガス。まさに映画の世界ですが。でも大きなホテルでしょうから、どうやって催涙ガスを入れたのか?、ホテル内全員が寝込んでしまったのか?等々の疑問もわきますが・・・。若干、内部犯行説が浮かびます。

 私も一度昏睡強盗に遭っています。かなり前ですが、出張先で3人で入ったクラブ、一応現地の人に聞いて入りましたし、お客も何人かいました。で気づいたら三人とも外で寝ていました。警察官に起こされるとは。私は丁度、カバン類をホテルに置いて現金だけ持って出かけましたので、その現金(お釣の数千円+小銭)だけで済みましたが、他二人はカードから現金から腕時計やら持っていかれました。すぐに警察官に事情を話しお店に向かいましたが、看板から何から何もなくビックリしました。被害届を出しましたので、後日逮捕した、との連絡が入りましたが、現金他は戻ってこないですね・・・。しかしその警察官も「ここは安全に飲める店だったんだけどねぇ」とは。それ以来地元でもクラブには行かないようにしております。

 戻りまして、何か巷でよく言われておりますが「もらった嫁が悪いわ」を地で行くような話しで笑ってしまいました。

 でも、この人達にとって¥6,000万円なんてのは、私らが「1万円落とした!」てな、あるいは私らが出遭った昏睡強盗の悔しさ程度なんでしょうね。まぁそれだけ危険なことやっているから仕方が無いか。

2015年6月30日 (火)

面白かったぁ

 日曜日は大変、フォーミュラE最終戦とインディ フォンタナ カリフォルニア500と生放送。で録画で観ましたが。

 フォーミュラE、これは一年通して面白かったですね。結果はネルソン・ピケJrが初の栄冠、それも最終ラップまでS.ブエミと1点差を争う好レースでした。ただね、別に良いのですがチームは中国。でね、それを「だから中国はすごいのだ」と騒ぐ現地マスコミって?。まぁ良いメカニックやドライバーを集めたことは確かでしょうが。毎戦優勝者が変わったのも面白かったかと。ピットは車の乗り換え、という一見原始的な感じもしましたが、意外とハラハラしましたし。これは”超”急速充電器が出来ない限り続くでしょう。しかし数秒で満タンに出来る充電器なんかオイソレとは出来ないでしょうね。

 改めて思いましたが、やはりF1ドライバーというのは速いんだと。ブエミしかりアルグエスアリしかり、ディ・グラッシしかり、途中参戦のS.スピードしかり。上位チームで走っていたら?なんて。

 結果は大成功だったと思います。来季も行われるんでしょうね?。コレは是非とも日本でも開催して欲しいですね。東京湾の埋立地、関空のりんくうタウン、セントレアの橋の袂、土地余っていますよ。昔、鳴り物入りで始まって消えたA1GPみたいなことにならなければ良いのですが。そして現在はルノー・エンジン(もうエンジンと言えないか?)だけですが、他社の参戦も期待したいと思います。で、ミニカーは発売されないのかなぁ?。

 変わってインディ フォンタナ カリフォルニア500。佐藤琢磨は惜しかった。またセージ・カラムと絡む。結局は3ワイドになったことでタービュランスの影響でしょうか、W.パワーと絡んじゃいましたが。でブリスコーとハンター・レイの大クラッシュ。空舞いましたからねぇ。他にも「危ない!」と思う部分もありましたし。

 レース後にトニー・カナーンやウィル・パワー他が口々に「3ワイドや4ワイドになり、かつイエローの少ないサーキットを320kmで走り続けるのは危険すぎる」と。昨年はこのコースではイエロー無かったです。しかし今年は結構なクラッシュが続いておりますし、インディ500予選でも大事故発生しましたし。そして「空飛ばないよう」にしたリア・バンパーの蓋も、今回は役に立たず。

 2011年に亡くなったダン・ウェルドン、それからドライバーの安全に対する考え方が変わったそうです。皆一応に「話し合うべきだ」と。来季はもしかするとオーバルは減る可能性はありそうです。オーバルやサーキットでの観客動員数が減っていますし、大きく動きそうなインディカー・シリーズ・・・。

 F1もまたもめていますね。相変わらず消えない”レッドブル撤退””来季よりレッドブルはフェラーリ・エンジン””ルノーのトロロッソ買収、いやロータス買収だ”。ルノーはF1からの撤退、も言っているとか。でバーニーが「今のF1はポンコツになった」発言があったの無かったの。コチラは”面白いレース”に期待しているだけなんですが、流れてくるのはセイジの話ばかり、老害か?。そんな中でマノーが存続していることがうれしく思えたりして。

2015年3月17日 (火)

面白かった、と

 まずF1開幕戦メルボルン。中団のルーキーたちが大活躍しました。サインツJR、ナスル、フェルスタッペン、なかなか期待できそうですね。今回は序盤にロータスが消えて台数が減ったこともあり、これからが正念場でしょうが、無茶もせずにきちんとレースをまとめていた感がしました。またフェラーリ・エンジンのPUが成功したことも面白くしてくれたように思います。それに比べペレス、何年F1乗ってんだ?。相変わらずです。ただやはりと言うべきかメルセデス、ハミルトンとニコの実力差は昨年同様でした。ニコが追いつけない。今後メルセデス(ハミルトン)の一角にフェラーリやウイリアムスのドライバーが食い込むことも可能性は無きにしも非ず、そんな感じを受けました。マクラーレン・ホンダも予想通りでした。完走したことがまず1歩ですが、若干将来に不安を感じます。テストヘッドでもう1チーム欲しいところですがねぇ。

 が、同日TV(CS)放送された、フォーミュラEマイアミ戦。これがレースしてくれてより面白かった。始めてペースカーなしでの勝負。各チーム電気消費量と相手との戦いで白熱しました。優勝はニコラ・プロスト。F1ルーキーとは違い年齢は行っていますが、確か上位フォーミュラでは初優勝ではないかと。それに猛追したスコット・スピード、初参戦ですから。ピット作業で順位が動きましたが、序盤はJ.E.ベルニュが引っ張る展開でした。ブエミも優勝していますし今回はリウッティも参戦、アルグエスアリも走っている・・・トロロッソ・レースか?。しかしそう考えるとレッドブルの若手を見る目は確かであった、とも言えますね。

 しかしJR世代が活躍する時代になり、改めて自分が年取ったなぁと感じます。過去にもJRは登場してきましたが、活躍した覚えはジャック・ビルヌーブとデーモン・ヒルか?。



 が、どうしてもJRと言えば思いだす・・・

Interhdfjrドリー・ファンク ジュニア

技巧派レスラーと言われていましたが、今見ると完全な”アメリカン・スタイル”。NWAヘビー級「負けないチャンピオン」の形を作ったのがドリーだったそうな。

 日本プロレス時代に「猪木がガチで攻めてくる(反猪木派のハッタリ)」と聞いて回りをレスラーで固めた、と言う話も残っています。レフリーも指名し(ユセフ・トルコ)。ガチなど当然無いのですが、時間切れ引き分け後に父シニアがユセフ・トルコに何やら話をするところがリアルであります。ちなみに必殺技”スピニング・トー・ホールド”。今でも効き目がわからない技の一つであります。

   プロレスと言えば、日本にジュニア ヘビー級と言う新ジャンルを持ち込んだ

1293491039 藤波辰巳

 も忘れてはなりません。
藤波のジュニア時代は再評価されるべきです。

 あっ、バルタン星人JR もいたな!。息子でもないのに何で「JR」なんだ、と思っておりましたら、”ハサミが小さいから”なんですって(うそ)。

メトロン星人JRになると既に原型留めていないし・・・。

2015年2月 5日 (木)

意味不明なPMAと攻勢するSPARKと

と 最近、やっていることが判らないPMAがトイ・フェアで

Dallaraf302hamilton29213ダラーラF302
ルイス・ハミルトン
2004 マカオGP

を発表しました。他にも同じマカオGP 2003とF3ユーロ・シリーズ2004 ノリスリング(WINNER)も発表しました。

 正直、「なんで?」です。確かにチャンピオンになっていますが、それは2005年。結局はダラーラF302、クビサ・モデルとか発売されましたが、その金型使い回しなのでしょうが、じゃぁ売れるの?と。ハミルトン人気が高まっていますが、F3で¥8,000程度の1/43売れると思っているのでしょうか不思議です。同じくクビサのマカオGP 2004をキャンセルしているのに。エブロも数台出していますよね。セールになってもいます。

 まだこれから文字情報で出てくるでしょうが、こんなこといつまで続けるんでしょうね。本当、期待できないPMAになってしまいました。まさかF1 SHOWCAR復活なんてことも?

 そのPMA、今年のトイフェア記念モデルは

63791_2ポルシェ918 スパイダー

 PMAのポルシェはカッコいい!。
今年も争奪戦の様相ですが、見つけたドイツ・ショップは€250!!。
まぁ、そうなるでしょう。

 そのPMAの2015新商品一覧はコチラ 。特筆する点はありませんが、個人的に欲しかった、”ラルトRT23 ミハエル・シューマッハ SUGO”全日本F3000で伝説作ったマシンですが、これだけは楽しみです。中嶋悟のマーチF2 812も楽しみです。まだベッテル出すんですね、インドGP。まぁいつ発売になるか判りませんけれども。

 さて、SPARKのカタログがWEBにアップされました。コチラ
F1は画像を羅列します。現行F1は未発表。オールドF1を掲載します。

 個人的に注目は「ロータス80」です。珍車ですが、やっと、です。ベネトンも持っていかれましたか。リジェも着々と空白を埋めていっていますね。末期フットワークも発売。これも埋まっていきます。マクラーレンもついにM23が。PMA発売案内から何年たったの?。取られちゃいましたかね?。と言うかマルボロをイメージさせるカラーリングもNGらしく(自主規制?)もうSPARKしかやれないのかもしれないですね。M29やM30と言ったテディ・メイヤー時代最後のマシンも要チェックかと。おっセオドールTY01も!。もうこれじゃぁCP MODELじゃん。アンドレア・モーダも早く出して!。

19_2 21_2 20_3 22_2 23_3 24_2

25 26_2 28 27

2015年1月20日 (火)

久々ヒット!

 初買でございます。久方ぶりに「おぉ~!」と迷いなく購入しました

00040565_photo1エブロ
スーパーフォーミュラ
ダラーラSF14
シェイクダウン

 実は昨年一番面白かった(個人的にね)モータースポーツはスーパーフォーミュラーじゃなかったかと。ニュー・シャシーにて当初は心配されていましたが、全くの杞憂に。エンジン音も良かったですし、余計なことなく最終戦までチャンピオン争いが見られました。”レース”も多かったです。

 昨年は私の周りのモータースポーツ・ファンも「スーパーフォーミュラが一番面白い」と言う声が非常に多かったんですよ。私はBSで観られる環境にありますが、そうではない方からDVDに焼いて欲しい、と言う声もありましたし(これ違法なのか?)。中には「F1は結果だけで良いけれども・・・」と言う声もありました。

 今季も期待したいところですが、残念なのが既に「F1登竜門」ではなくなっていることですね。ここは上がってくる若手とホンダに期待したいところですが、中嶋やロッテラーやトレルイエ等にスポットが当たっているのが現状ですし。次期F1ドライバーと言われた塚越も年齢的に厳しい(ホンダ猛省)。が、楽しめるレースであることは間違いないかと思います。

 さてモデルの方ですが、私は販売されることをすっかり忘れておりまして。また発表当時「どうせ本戦が出るでしょ」程度の考えだったかと。が、見てしまったら「おぉ~!」と、即注文しました。到着待ちです。

 画像からは、MINIMAX製でしょうが、キッチリした出来に見えます。やはりカーボン模様はオーバースケールになっちゃいますね。台座が換わりました。以前のように、もう一段付けなかった事は正解かと。これは台座がタイヤの可塑剤で”溶ける”ことを防止するための措置とは思いますが、逆にサスペンション(エッチング)がタイヤの重みで”曲がる”と言う欠点がありました。今回はタイヤの設置面にシールでしょうか、直接設置しない対応がなされています。マーク入りで中々見た目もよろしいのじゃないでしょうか。あえて粗探しするならば外箱がダサいか。

 到着が楽しみですが、やはり値段高くなりましたね。しかしエブロ製品買うのは何年ぶりでしょうか。S-GTマシンも買わなくなりました。かなりの盛り上がりを見せておりますが、私は300クラスが好きだったもので、ここ数年参加車種のイマイチ感が、どうも。今季もレギュレーション変わるそうですが、本当は世界格式GT3クラスで行って欲しいんです。そうすればチャンピオンがワールドシリーズに出られますしね。また速いマシンならば海外にも売れますし。FIA基準とS-GT基準に分けてしまった頃から興味が薄らいできました。が、国内モータースポーツが盛り上がるのは結構なことです。余談、あの由良氏がモディファイしたロータス・エヴォーラ。カッコいいのか悪いのか?、そして本当に速いのか?。

 ちなみに↑、トヨタとホンダの2種が発売されました。エンジン再現ではないので、あまり意味は感じませんが、私はトヨタを。WRCワークス復活を願って。発表は30日らしいですね。ただ「プライベイターに販売」と言う可能性も感じるんですよね。ならば意味は無い。

2014年9月14日 (日)

フォーミュラ-E観戦して

 フォーミュラ-E、観られた方は多いと思います。意外とエンジン音ではなくモーター音も気にならなかったような。タイヤのスキール音は結構に聞こえましたね。個人的には初戦であるからパレードラップで終わるのでは、と思っていましたが、結構にレースしていましたし。

 

 ただコース・レイアウトが最悪で抜き場所がほとんどないことが気に入りませんでした。市街地コースも結構ですが、やはり抜き所を設けなければ、です。パーマネント・コースでの開催はしないとのこと、ならばもう少しコース・レイアウトを考えてほしいですね。そしてピット作業。まぁこれからでしょうが、各車一斉にピットインして、もう一台のマシンに乗り換える、そして時間制限が設けられる・・・早くピットアウトしてはならない・・・個人的には「何だかおかしくないか?」ですが、ここは今後戦略面になるでしょうね。

 


 与太話・・・来季からは各チームは自社製作マシンで登場します。そこにF1をあきらめたフェラーリが参戦するそうで(笑)。パワーユニットの開発は凍結されています。来季も期待できない。チームCEOも変わった、だから・・・。ちなみにルノー・ユーザーでメルセデス・エンジンを入手できないチームもカテゴリー換えするとか。エンジンは家電メーカーに依頼、そして来季のF1はメルセデス・ユーザーだけになる、なんて。よくもまぁそこまで考えますよね。それほどF1の権威が落ちたのか。でも右京氏は「220kmで」と言っていましたが、画面ではせいぜい180kmでした。これスーパースポーツカーでも出せる速さですね。これも今後の課題かと思います(パレード・ラップにあれだけ時間がかかるとは!です)。

 


 ただ今回はっきりしましたが、放送したテレビ朝日は力入れていないですね。生放送とは言え最終ラップでプロストVSハイドフェルトのレースを途中で終了しました。ペースカーが入る可能性を考えていません。そして「結果はBSで!」、バカにしています。表彰台も無ければ次戦予定案内もない、つまり「地上波で観ている人間は無視」でございます。さすが親会社が朝日新聞だけあります。

 


 あの松岡修造はこれからも出て来るのでしょうか?。琢磨のマシンのトラブルは”修造熱”による、モーターの異常過熱と言われています。現地北京にいたら多分すべてのマシンがアウトだったでしょう。テニス以外に取り柄のない方(ガッツ修造)ですし、氏の現れるところは記録を塗り替える程の最高気温を記録するそうですので、どうか静かにしてください。錦織も炎上寸前だったらしいですし。

 


 初心者の方に、は判りますが、私は古舘にやらせた方が良い気が致しました。でも冗談は置いといて、これ意外に期待以上のカテゴリーな気がしてなりません。

2014年9月12日 (金)

フォーミュラE開幕

 とその前に、「007/ムーンレイカー」で”ジョーズ”を演じたリチャード・キール氏が亡くなりました。2m13cmとアンドレを髣髴させる俳優さん。「キャノンボール2」にも登場しましたが、やはりジョーズが有名でしょう。当時フィギュアまでも発売されましたから。合掌。

 さて、いよいよフォーミュラEが開幕します。テレビ朝日が独占放映、と言いながらも盛り上がりに欠けるんですよねぇ。私は結構に期待しています。

Media そしてAMLINアグリ・チームから佐藤琢磨の参戦が決まりました。これは明るい話題。当初は”テスト・ドライバー”だけでしたから。インディ・カー・シリーズも終わりスーパー・フォーミュラにでも乗るのかなぁ、と思っていましたが。

 しかし参戦ドライバー、多分毎戦代わるのでしょうが、元F1ドライバーが揃っています。昔のトロロッソか!なんて。チーム・オーナーとしてヤルノ・トゥルーリという懐かしい名前も。まだまだチーム状況等が読めない段階ですが、意外とALMINアグリいけそうな気がします。しかしチームメイトがキャサリン・レッグとは、これまた懐かしいおば様ドライバー。

 これFIA格式ですが、本当は先にF1がやらなきゃいかんかった事の様に思えてなりません。実際に自動車やモータースポーツ関係者の注目度は今やF1以上です。これが成功するとF1の立場もどうなるやら。多分その前にシリーズ終わらせちゃうのがFIAでしょうが。

 

 
 エンジン音が無い!。当たり前ですが、これに慣れるには時間がかかりそうです。何せ”プリウス”に何度も轢かれかけた男ですから。

 かすんじゃいましたが、ルカ・ディ・モンテゼメロがフェラーリ会長を退任しましたね。この人はフェラーリが市販車でもレースでもダメになると現れ再建した”やり手”なビジネスマンでした。今後政治家になるのでは?と言う噂もありますが、少なくともコレでフェラーリがまたまた混沌とするのは目に見えております。

2014年2月19日 (水)

Stigが走る?

 なかなか話題にならない「フォーミュラE」、今年の9月から開催される”電気エネルギー”のみでのフォーミュラ・レースですが。

New_teams_drivers_nowスパーク・ルノーSRT 01T
外見はF1よりもカッコいいかも・・・。
いや、INDY.CARに近いか?。

 徐々に情報も流れ始めております、全10戦で行われる、チームも発表されています。

  • ドレイソン・レーシング
  • チャイナ・レーシング
  • アンドレッティ・オートスポート
  • ドラゴン・レーシング
  • E.ダムス
  • スーパー・アグリ・フォーミュラE
  • アウディ・スポルト・アブト
  • マヒンドラ・レーシング
  • ヴァージン・レーシング
  • ヴェンチュリ・グランプリ

 結構にアメリカの有名どころも名を連ねています。でもまだ正式にチームドライバー発表が無いですね。何か開始前に撤退しそうなチームもありそうな・・・。

 現状”レースへの出場の意志を持つドライバー「フォーミュラEドライバーズクラブ」にエントリーにしたのが

  • ダニエル・アブト
  • クリスチャン・アルバース
  • へイミ・アルグエスアリ
  • マルコ・アンドレッティ
  • セバスチャン・ブルディ
  • アレックス・ブランドル (マーティン・ブランドルの息子)
  • セバスチャン・ブエミ
  • カルン・チャンドック
  • ベン・コリンズ
  • コナー・デイリー
  • ロバート・ドーンボス
  • ルカ・ディ・グラッシ
  • J.R.ヒルデブランド
  • 馬青驊
  • ナレン・カーティキアン
  • クリスチャン・クリエン
  • キャサリン・レッグ
  • ビンタニオ・リウッィ
  • ニコラス・ミアシオン
  • フランク・モンタニー
  • 佐藤琢磨
  • ブルーノ・セナ
  • オリオール・セルビア
  • エイドリアン・タンベイ (パトリック・タンベイの息子 DTM)

 なんかIRLとDTMメンバーばかりじゃん、はともかく懐かしい名前もありますね。しかし、この人達が全員参戦するわけではない。10チーム20人になりますし、上記の方はあくまでも「テストに協力し場合によっては出場してもいいよ」と言う意思表明したドライバーです。一見豪華メンバーにみえて蓋をあけてみたら、若手ドライバーばかり、何てことも「ある」そうです。

さて、その中の”ベン・コリンズ”、この人は英国BBC”とんでも”自動車番組の人気覆面レーサー、

Snn0205stig280_1117602a_2 Stig 二代目なんです。この番組が好きでStig Tシャツまで買った私としては、是非Stig姿で走ってほしいのですが、さすがにBBCが許さないでしょうねぇ。この方は”乗る”ようですから、BBCがスポンサーになって是非に。

 日本ではテレビ朝日の地上派中継も決まりました。次世代エネルギーによるレースと言う事で、他業種からも注目されているそうです。が最初にコケたら「やっぱり」になりますし、逆に人気が出たらFIAから「縮小」言われたりして。

 「やる前から負けることを考えるヤツがいるか!(ビンタ)」なのですが、このシリーズ本当に大丈夫なのかなぁ。今時分、SPARKが「たのんまっさ!」と動いていたりして。

***

**

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31