*

  • ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
  • DMM.com DMMポイントオークション
  • DMM.com CD&DVDレンタル

リンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

新商品

2016年12月22日 (木)

何社め、でありましょうか

 十数年前に発売アナウンスがあった

72108PMA
ロータス72C

グラハム・ヒルブルックボンド・オキソ レーシング/ロブ・ウォーカー チーム
1970 メキシコGP

 が欧州発売されました。本当に何年待たせて値段を何度上げたのだ!と怒りもありますが、私は昔から好きなマシンとカラーでありまして。オリジナルを若干ですがエクステリアをチームが改造して、逆にカッコよくなっている気がします。

 しかしですねぇ、ロータス72はともかくも、昔からなぜかよく見るモデルであります。最初に見たのは恐らくは小学生の頃でありましょう。メーカー不明ですが恐らく1/32くらいだったかと。その後も1/24程度のトイも見ましたし。当時としてはグラハム・ヒルの人気もあったのでしょうね。ブルックボンドって紅茶メーカーですね。

 まず思い出すのがQUARTZOです。当時買いました。でSPARKからも発売されましたよね。これ勘違いかもしれませんが、確かQUARTZOがロータス72シリーズを発売し、その直後にPMAもアナウンスした気がして。先にエマーソン・フィッティパルディの初優勝モデル、そしてJPSカラー(エマーソンのみ)。その後にプライベイターのアナウンスがあった気がするのですが。

 ちなみに、やはりQUARTZOから発売された

72107PMA
ロータス72D
デイブ・カールトン(チャールトン)
ラッキーストライク・レーシング(スクーデリア・スクリバンテ)
1972年 イギリスGP


 これまた案内から十数年、発売されました。このチームは活躍していませんが、恐らくラッキーストライク・カラーで選んだんでしょう(か?)。しかしタバコ・ロゴを自主規制しているのにもかかわらず、わざわざ発売しますかねぇ。ラッキーストライクがあるからカッコいいのに。するとQUARTZOが生きてくると、まぁ何だかなぁ(苦笑)。


 しかし今月末はPMA(というより代理店)は一体日本でF1を何台出すつもりなんでしょうか?。海外で出ている国内未発売品は7台ありますが・・・。昨年12月は結構な台数が発売されたそうですが記憶に無く。ただ「クリスマス・シーズン」と言うこともありますからね。


 ヒルのマシンは今更ながらですが、私は「お待ちかね」でありますが。でももうオールドF1はSPARKにまかせりゃぁ良いのに、と思うのでありますが、さて。

 
 以前から「車を主題にした」映画の話を書いてきました。今は「ワイルド・スピード」に代表されるような”ハコ車”映画が多数を占めておりますね。しかし、こう言う映画に”フルCG”と言うのは、どうなんでしょう。仕方が無いとは言え、アナログ・アクションが良いと思うのですが。

 私はこれが一番好きであります。

C0210087_21261194 グラン・プリ

 1966年公開のF1映画であります。
本物のレーサーも登場しますし、あのモンツァのバンクを走るマシンも観られます。ジョン・フランケンハイマ-監督作品であります。当時の”ホンダ”をイメージさせる日本のチーム”ヤムラ”の監督役に三船敏郎が出ているのも有名です。Fシーンを舞台に男と女のドラマもあり、3時間の映画ですが一気に観られます。これは昔なつかしい”シネラマ”大画面で観たいものであります。

 トホホ映画はやはり「ドリブン」でしょうね。私は爆笑しましたが。スタローンって本当毎度思いますが、「ロッキー」や「ランボー」と言った名作作る反面、その続編とか他の映画で「トホホ」も作っちゃうんですよね、それが監督としては面白いのですが。期待したら「トホホ」の方が多いじゃん、みたいな。

 そう言えば「レース」を題材にした音楽と言うのも、あまり聞いたことが無いですね。アニメとかは別にして、コレしか浮かびません・・・。


 
 
 

  腰が抜けてしまうのが現在ですが、発売当時はどうだったんでしょうね?。私は今も好きですねぇ。

2016年12月18日 (日)

センスだわなぁ

  島木譲二氏が亡くなりました。驚きました。脳梗塞。カンカン・ヘッドやり過ぎじゃないか、などと勝手に思うのですが、今年は自分の年代とは言え、楽しまして頂いた方々が”向こうの世界”に旅当たれました。これは歳を重ねる悲劇でもあります。先々週は、お客様の奥様が自転車に轢かれて亡くなりまして。これはショックでした。が、もはや自転車は”凶器”であります。軽車両でありますから、キッチリとした対応を警察に求めたい。違反切符を切り罰金の支払いを。自動車同様の措置を願うのであります。自転車の運転者は誰も「危ないと思っていないから」です。ルール守るのは小学生だけでしょう。

 さて、F1”ハードコレクター”の知り合いに呼ばれまして。

 「ほら見てみいぃや」、と見せられたのが

Img_3245MAX WEBSYOP/PMA
レッドブル RB7
マックス・フェルスタッペン
”スノーラン”2016キッツビュール

 でありました、って、コレ私が情報流したんですけどね。

 久々のBOXであります。ザウバー(エンジン音付)を思い出したりしまして。

 なかなかのタイヤチェーン再現であります。モデラーみたい。

Img_3246 個人的には「タイヤと一体成型」だと思っていたのですが、キチンとオーバースケールではなく再現してあること、さすがPMAです。

 ただ、私。「このモデルいるか??」と。「やはりMAX WEBだからさぁ」と。じゃぁもしかしてPMAやES社別注も??。「予約したよ」。ハードコレクターであります。で、見せました。

20161216_101627_1_1

ES社 別注品


 モデルではなく、台紙を見てください。モデルは一緒で当然ですはね。

 MAX WEBSHOPとは逆向いていますが、どうでしょう?、気持そがれましたよ私は。

 しかし↑の方が送料含めても高いわけですから、これでOK!と言う方も多いと思います。

 ただ、ですねぇ、PMA本体が発売する台紙が問題(?)で。

211597MAX WEBSHOPと大差ない!。

 同じ写真の加工かもしれません。ドイツで発売されたのが先週でした。

 となると、です。もはや3台ともに価値を見いだせなくなった、のは私の思い。私は全てスルーしております。見てからにしよう、が正解だったかもしれません。

 はい、氏は「何考えているんだPMAは!、ここまでバカにするのか!!」とお怒り。「3台とも購入したぞ!。あぁもうPMA嫌だよ!!、少なくともスペインGP位に”差”つけろや!」。

 であります。もう、そんな時代ではないことは皆さまはご存知でありましょう。もしかすると、もはやPMAの別注品には意味がないのかもしれませんぞ(と、書くからクレームが来ると)。氏も「実はねぇ、昨年くらいからPMAの別注ってなんだよ!、と怒り感じるんだよね。でも”見られない”から予約しちゃうんだよ」。わかる気がします。

 今後もES社はMBAとのタッグでPMA、SPARKとともに別注を出し続けるでありましょう。どうやら噂が本当だったみたいで(また後述しますが)。が、やはりMAX WEBSHOPの動向にも目を見張って下さい。何か00年代を思い出すんですよねぇ・・・。ただ「コレクター数が限られている」ことがありますが。このハード・コレクター宅での話は続きます・・・。

 センスと言うのは、いかなる業界であっても要求されるのでありますが、なかなか難しいのであります。当方も今悩んでおります。小売業は本当にツライ。もっと言えば消費税が国に入ってこない。つまり「モノを買わない時代」であります。”いかにして+αで買わせるか?”が現状の課題であります。景気が悪い、と言うよりも”将来の不安”でありましょう。私の子供達は海外に出るつもりでいます。日本を諦めたかと。


 ただ残った親は”国内で何とか”と考えるのですが、コレ最近”もう無理かもしれん”と思ったりしまして・・・。日本沈没も間近でしょうか?。


 これ五木ひろしが歌っていますので。私は映画よりもTV版の方が好きでした。

 ちなみに、ご存知の通り小松左京の原作でありますが、お酒の席で筒井康隆他が冗談で言った「日本以外全部沈没」が短編になっております。

31cfjsmp9yl
 これを”おバカ映画”監督、河崎実が作っちゃたんですえぇ。

 こんな面積の狭い国に、あれやこれがやってくる。

 おバカ映画好きでしたら是非に。真面目な方にはおススメできませんが。

2016年12月 7日 (水)

昨年って、こんな感じでしたっけ??

 本当、マックス熱は止まりませんね。

118minichampsrb7verstappensnow20163
MAX WEBOSHOP/PMA
1/18
レッドブルRB7
マックス・フェルスタッペン
スノーラン 2016 キャッツビュール


 う~む。スノーランはチト弱くないかい?。ところでトロロッソ時代の1/18は結局発売されたんでしたっけ?。

 さて、また先月も月末ドカン!でしたね、F1モデル。

 先日、知人かなりの”ハード・コレクター”ですが話しておりました。「10月と11月が10万円仕事だよ!。もう飲みに行けないから。何で一気に出すんだよ!。お前の海外情報で計算するんだけど、日本先行モデルばかり出るじゃん!」。愚痴ばかりであります。「大体、2014年のマシンなんかキャンセルにしろって。コッチは覚えていないんだし、今更なんだよ!」。「予約するほうがダメだって」。「いやわからなくなるんだよ、もう!」。「年齢的に”メモ”残せよ」。「でも去年ってこの時期は少なかった気がするんだよね。日本GP辺りにドカン!と出た覚えなんだけど、どうだったっけ?」。「SPARKのルマンが遅いくらいしか記憶が無い」。「あぁもうSPARK一本で行くか?。でもPMAとは長い付き合いだしなぁ・・・」。確かに”ハード・コレクター”の方には”しんどい”かと思います。

 私はロードカーに向いておりますので、今回はハースでありましたが(グティエレスも出せよ!)、「見たら欲しくなった」

Img_3211_2PMA
メルセデスW07
ルイス・ハミルトン
2015 U.S.GP


 このフィギュア、なかなか上手く作ってありまして・・・。

 戻ります。「来月は何が出そうなの?」。「メルセデス2016 バーレンは間違いない。SPARKは読めない」。「だからオーストラリアGPが出たばかりでしょう、なんで?。PMAのルノーは?」。

 そしてコレがメインでしょう。「しかしPMAは何で同じGPがレジンとダイカストで出すんだ?。意味あるのか?。オレ両方違いがわからんし。お前の見解はどうなの?」。確かに「何ででしょうか?」と言う疑問がありますよねぇ。

 ここからは私が「じゃないかな?」と思うことですので、当然反論もあることでしょうし、逆に皆様のお考えもお聞きしたいところであります。

 委託レジン工場とダイカスト工場に、それぞれ”利益”を与える、または今も各業種で問題になっている”メーカーより工場が力を持ってしまっている”になってしまったのか?と。なぜPMAはレジン・カタログを出すのか?、これ不思議に思った方多いと思います。メーカーですから1冊で良いはず。これは私個人の考えですが、まず工場は別であろうと。レジンに注力したい反面、ダイカスト工場も大事にせねば、と言うよりも、どうも工場主導になってしまったのかなぁ、と。これは他業種でも同様です。と思っていたら2016年2弾はダイカストとレジンと並んでいますね。多少は解消されたのかもしれません。いずれにせよ同じ原型があれば同じような商品になると。

 この理由ですが、最近PMAのダイカストに”新金型”がほとんどないですよね。以前のカラー違いやMAXICHAMPSばかりです。レジンに注力する反面、ダイカスト工場も動かさないといけないのでは?、と言う感じがするんです。以前に書きました英国ショップブログ。「PMAは”ダイカストを好むお客様もある”、これもう他メーカーレジンなのに言い訳になるか?」、私も同感です。ダイカスト好きではありますが、レジンに移行するならば、その流れに乗るしかないのがコチラ側ですから。

 いずれにせよ自社工場を持った方が”勝ち”な気がしますね。面白いものでPMAは一番最初に中国で作らせました。当時は欧州母国生産が当たり前でした。それで出来の良さや価格で他メーカーを圧倒しました。が、今や逆に中国工場委託が高くなってしまいました。どの業界も同じです。それが首を絞めてしまったのではないか?と思うのですが、さて。

 相変わらず、無責任に変なことを考えるのでありますが、主人公も観る側も”変なこと考える”映画がありまして。ドキュメンタリーです。

20150627143215 ゆきゆきて神軍

 これは戦時中、戦争時の軍隊のドキュメンタリーであります。「責任はどうなっているのだ!」と言う主人公、奥崎謙三の物語です。

 本来ならば「戦争の悲惨さ」等を考えるべき映画なのでしょうが、奥崎謙三のキャラクターと言いますか、笑ってしまうのであります。

 コレは観て損は無いと思います。事実は恐ろしいのですが、その恐ろしさが奥崎謙三により、打ち消されてしまいます。間違いなく”カルトムービー”でしょうが。

 

 私は「無責任」であります。コレはまたの機会に。クレイジー映画にも「くたばれ無責任!」という”逆説モノ”がございました。これまた面白い映画であります。

2016年12月 3日 (土)

やったか?SPARK(笑)

 いやぁビックリしました。突然の「ニコ・ロズベルグ引退宣言」。さすがに「まさか?!」でした。もう神経すり減らしたのかもしれませんね。で後任は?、となりますが。ヴェアレーンくらいしか浮かばないのであります。

そして期待できるか?、佐藤琢磨のアンドレッティ・オートスポーツ入り。過去に武藤英紀がいたチームですが、現在口から出る言葉は余り良いモノではないですし。最近は良い結果が出ていないですし。

 さて、古き日本GP、F1でありますが「F1イン・ジャパン」(他カテゴリーで日本GP使ったんで使用できなかったと)に出場した最後の日本人ドライバーのマシンが到着しました。

Img_3215SPARK サーティースTS19 高原敬武 F1 イン・ジャパン 1976  サーティースのマシンにお金出しての参加です。9位になっています。 高原敬武は恐らく日本人で最初に海外フォーミュラに興味を持った方でしょう。 また資金も豊富だったと。元の奥さんが Bvcvr7cyaaicqt松尾ジーナ  私より上の方には、だと思います。  私等世代は「シルバー仮面」の兄弟の一人と認識しています。 マニアには、です。  しかし今見ても美しい方ですね。高原とは似合わない。 この方の影響もスポンサーには大きかったんでしょうね。    それは置いときまして、 ふと思ったのですが「高原はE社が版権を握っているはずではないか?」 と思いまして、あれっ?と。  でもE社もSPARK(MINIMAX)に頼んでいるので、見て見ないふり、が正解かも 知れませんが。 PMAも中嶋F2のJPSカラー発売しましたしね。何だか版権と言うものが 判らなくなってきました。やったもん勝ちか?。  ちょっと書けない情報が色々多数入ってきまして。ついついそっちの方面から物事を考えてしまうのであります。 もう何が何やら、そして本当のことならば何が起こってもおかしくない状態ですから。  これで76年の日本人マシンは揃いました。私は1977年から観ていますが 1976年のTV映像は存在するのでしょうか?。 もしも存在するならばソフト化してほしい、と思いますが、77年同様に生中継であれば、です。  さて、映画の話であります。似たような話でパクリと言うか、製作者無視と言いますか・・。

Jp_per_un_pugno荒野の用心棒  1964年  アメリカのTV「ローハイド」で目が出た、クリント・イーストウッド。 が映画は上手く行かず、イタリアで製作された作品に出ることに。 これがキッカケで、アメリカに戻ることになるのですが・・・。  が、ご存知の方も多いと思いますが、これ完全な日本の黒澤明監督作品 「用心棒」の完全なるパクリでありまして、製作側が黒澤側に賠償しています。 が、この映画が後に繋がる”マカロニ・ウエスタン”であることも事実。 イーストウッドがアメリカに呼び戻されるのも、です。  ただ、こんなことは映画界では「当然」のように行われています。 「エイリアン」すら「恐怖の火星探検」に酷似していると裁判で負けていますし。  

 佐藤勝の音楽ですが、この映画に限っては本当に上手い!。一体「ゴジラの逆襲」の音楽は何であったのか??。

 私にとって、この映画は何度観たか、非常に面白いのです。まさかコレが私の人生を狂わせた”ある映画”に繋がるとは?。であります。

 でも結局は音楽でも映画でも「完全なるオリジナル」と言うのは難しいのでしょうね。黙ってパクれば、ですから。「七人の侍」はどれだけパクられたのか?。

2016年11月30日 (水)

わからないでもないですが(苦笑)

 ニコ・ロズベルグがF1ワールド・チャンピオンになったことで、面白いことを始めた海外ショップがあります。

Rosberg_abu_dhabi_401 こんな案内。
「別注品でも出すのかな?」と思ったら、そうではない。

「PMAもSPARKも間違いなく、アブダビGPを発売するだろう。なので当店は先に”1/43の予約を開始”する。値段は現行のまま、価格保証します」だそうで。

 いや、わからんでもないですよ。恐らく2社も発売するでしょう。ただ、2社がどう発売するのか?。

 昨年のハミルトン・モデルは、SPARKがボード付きでした。PMAは通常品がダイカストとレジン、そしてドライバー別(なんと言ったら良いのか)が発売されました。いずれもU.S.GPです。ならば”どれを言っているのか?”、コレがわかりませんよね。で母国ドライバーなのに若干ニコに”厳しい”のがPMAです。どう出してくるのは現状では全くわからない状況です。

 この店、以前は「今年もSPARKはルマン参戦モデルを全て発売するに違いない(フェラーリ除いて)」、で予約開始し、失敗したことがあります(笑)。

 で、このショップはイギリスであります。ハミルトンはいいのかな?。何か皮肉でありますね。

2016年11月17日 (木)

これには驚いた

 まさか、こんな時代がやってくるとは。

20161116153912_00001PMA 1/18
ミニチャンプス・エクスクルーシブ モデル
フェラーリSF 16-H

なんとPMAがBBRと組んだ、しかも”ダイカスト”で。

 これ販売店から頂戴したチラシです。恐らく問屋さんから来たモノかと。コレ掲載してもいいのかな?と思いつつも色んな箇所が消されているようですので、とりあえず。

 これには本当驚きました。「フェラーリやらない」と言っていた元社長。最後は1998年 フェラーリF300の前半戦仕様かと。そして翌年からはマテルに移りました。ショックでしたね最後まで、マテルの出来は。ロードカーは良くなっていったのに。ということで18年ぶりのフェラーリとなりますか?。

 しかしですよ、数年前までは「マテルしかない」。今は「ブラーゴしかない」。「SPARKがLOOKSMARTの版権を利用して発売」。とまぁ現行F1モデルに関しては、LOOKSMARTしか手が無い現行F1モデルが、1/18だけで3社ですからねぇ。まさか、でした。後は値段と出来とで相談するだけで。

 ただ「1/18は買わない」に移行した私にとっては傍観であります。が、ここで1/43まで始めたら?、それもダイカストで・・・ならば私はPMA取りますね。

 BBRは少数生産のハンドメイド・メーカー。ここにPMAに版権を売る、と言うのは商売にも繋がりますし。恐らくは原型を元にPMAダイカスト工場にて製作するものと思われます。確証はないですが、簡易版BBRと言ってもよいのかもしれません。SPARKがLOOKSMARTの版権利用し製作発売するのを真似しましたね。

 は、良いのですが「現行ロードカー、どうしてくれるんだ!」。ブラーゴは過去モデルばかり発売しますし、1/43はトイですし。ハンドメイドしかないじゃん!。これをどうにかして欲しいですねぇ。LOOKSMART版権をSPARKは利用しないのか?。レジンでも許しますぞ。

2016年11月16日 (水)

久しぶりじゃないかと

 なかなか日本では流通しない

206971GREENLIGHT
1/64 インディカー・シリーズ 2016
A.J.フォイト・レーシング
佐藤琢磨

 ま、佐藤琢磨は毎年出てきますけれども。今年のマシン、インディ500走った全チーム、全ドライバーが発売になったようで。これって何年振りでしょうか?。大抵はペンスキー、チップガナッシ、アンドレッティで終わっちゃったんですけれども。インディ500 100回目ということもあるんでしょうかね。優勝したアレキサンダー・ロッシはまだ先のようで。台紙換えするんでしょう。

 既に北米では発売開始ですが、日本には全ては入ってこないんでしょうかねぇ、やはり。アメトイ店とかが並行輸入することもあるのですが、やはり若干値段がぁ。未だに佐藤琢磨モデルが売られているところを見ると、国内人気は無理かなぁ。以前はモテギで少し販売していましたね。これ安いんで海外通販する意味がない。そして昨年、今まで頼んでいたアメリカのお店が、他店と合併し総合模型会社になってしまい、インディカーの扱いが極端に悪くなりましてねぇ。と言うか内容から”通販よりも来店型”に変わっちゃいまして。まぁコレもまた商売のうちでありましょう。

Pippamann

ピッパ・マン

 これだけ買おうかなぁ。
昨年はすぐにレース走って数周でやめやがって。
でも今年はインディ500だけに出走したんです。
それだけでミニカーになるのもすごいことですが。

 まぁ、お顔は好みじゃないからやめておこう・・・。
 

2016年11月10日 (木)

ウルトラ劇中車

 私の世代直撃ウルトラマンは「帰ってきたウルトラマン」であります。と言っても、途中で見なくなった気がして、後半の記憶があまりありません。

 は、ともかく、後のシリーズの様に子供でも「こんなん飛べるんか?」と思わせる様な飛行機も出ずに、結構に今もMATの兵器は人気があるようです。

Img_3182_1AMIE
”帰ってきたウルトラマン”
マット・ビハイクル

 コスモ・スポーツですね。このアンテナの曲がり方が好きでした。まぁ”お待ちかね”の1台でありましょう。ダイカスト製もありがたい。若干ディフォルメの関係でしょうか、運転席の天井が高すぎる気がしますが、まぁ人それぞれと言うことで。

 これ「探偵ナイトスクープ!」で放送されましたが、コスモ・スポーツを、このカラーリングで乗っている方がいらっしゃる!と。もう1台の”迷彩”バージョン、どうですかね?。そのかわり天井にロケット弾発射装置つけないといけませんが。

 長年「ビハイクルの意味はなんだろう?」と思っておりました。昨年でしたか、ある雑誌に「英語で乗り物を表す Vehicle コレを誰かが”ビハイクル”と読んでしまい、そのまま採用された」と。なるほど。本来はビークルですが、ビハイクルの方がカッコいいんじゃないか、なんて。

 最近は「帰ってきたウルトラマン」を「ウルトラマン・ジャック」と呼ぶそうで。私らは皆色んな言い方していました。「ウルトラマンⅡ世」が多かったでしょうか、後は「新マン」とか。私は「帰りマン」と呼んでいた気がします。ジャックと言われてもピンとこない世代であります。

 しかし、「帰りマン」と言えば

 
  コレなんですよねぇ!!。これ噂で「カラオケにあるらしい」と。あれば歌いたいですよ。


 さて、この前に、同社が「ウルトラマン・タロウ」の劇中車

415dmc2dyfl_sx425_ウルフ777」を1/18で発売しましたが、誰が買うんだろう?と。世代は近いか?、それでも5万円する「ウルフ777」を買うとは思えないのですが。
元はクラウンで、後に「アステカイザー」にも使われると。しかし、コレよく乗れたよなぁと思います。怖かったでしょうね。

 購入された方、是非にレビューを。


 ちなみに弊ブログの最後に”Q”がありますが、気付いていらっしゃるかもしれませんが「ウルトラQ」から拝借しました。再開の際に「原点回帰」と思いましてね。

 ちなみに「帰ってきた~」も使用しました。が、今年で本当に終わりますので、Aやタロウ、レオなどは出てきませんのであしからず。

2016年11月 5日 (土)

きっかけでした

 今年は当初「F1観なくても良いや」でした。が、開幕のハースの活躍や、新チームのルノーに”魅かれまして”、結局CS加入したのですが。

71511_1PMA
ハースVF16
ロメイン・グロージャン
2016

 海外発売になったようで(グティエレスも)。コレがなかったら、今年のF1はスルーでした。と言うわけで予約しました。数少ない今年のF1モデルの予約品の1台です。

 現状はブレーキ関係の問題もあり、順位を落としてしまい、映るのはリタイヤの時だけ、になっちゃいましたが、期待しているチームでもあります。しかし、残り2戦でトップがニコ・ロズベルグ、かつチャンピオンに近い。これ昨年の今時分に想像できた方、どのくらいいたんでしょうね。それだけ昨年はハミルトンとの、いろんな面での”差”がありすぎましたから。

 先月はレジン3チームでしたか、一気に発売で「げっ!」と言う方も多かったともいます。先月末くらいにメルセデスが発売になっていますので、今月は2チーム発売でしょうか?(トロロッソ フェルスタッペンも)。それとも・・・。ただクリスマス商戦じゃないでしょうが、12月にドカン!が来るか?。

 いずれにせよ期待のモデルであります。

2016年11月 4日 (金)

力入れたか? PMA

 PMAにて現行F1揃えていらっしゃる方、10月は大変な月末でしたね。1/43が9台発売ですか!。10万円仕事ですよねぇ。バカ野郎!PMA。かわりに言っておきます。そしてK社!儲けを・・・やめておきましょう。しかし、その前に1/18、SPARKと先月は何かおかしい月でした。

 で、私も予約したモデルが1台届きました。比較しながら続けます。

Img_3161PMA
レッドブルRB12
マックス・フェルスタッペン
2016年 スペインGP WINNER

 マックスWEB SHOPで購入した別注品と並べております。マックスのモデルは日本が最初みたいですね。

 私はPMAの信用をかなり失っています。「どうせマックスWEBと同じだろう」と思っていましたが、違いました。簡単に言いますと、同時発売された、リカルドとクビアト モデルと同じ、と言って良いかと思いましたが。

 マックス WEBとの違いを書いていきます。

Img_3162
画像が鮮明ではなく、申し訳ありません。

マックスWEBによれば、スタート時にフロントの左カメラ部が脱落した。

それを再現した、と。正規品は両サイドにカメラがあります。
 は、良いですけどね、毎度のお店から連絡がありまして「片方にカメラが無いんですよ。このエラーはどうしたら良いのか?、返品するのも面倒だし困ったものです」と。あのねぇ、ちゃんとWEB SHOPに書いてありますがな。「いやぁホッとしました!」。実は私もカメラ脱落知らなかったんですがぁ・・・。

Img_3163 これまたボヤけてごめんなさい。

マックス WEB商品は”ガッツポーズ”しています。

腕のスポンサーも再現しております。

 これもPMA本体が使ったら良かったのに。

Img_3165 ゴールはミディアム・タイヤでした。

 老眼ズには苦手となりましたが、番号が書いてありまして。コレが何だったのかは忘れております。
 
 最近PMAも再現するようになった、タイヤにはドライバーの名前と左右ロゴですよね。本体発売品はソフト(イエロー・カラー)でありましたが。ただ名前も左右ロゴも無いのですが。

 今もマックス WEBモデルを探している方があるようですが。マックス WEBはLTD.2500で、PMA本体よりも多いのであります。そして、本体マックス モデルも在庫なし。となると、どっちが良いのだ?と思うんですよね。

 私は現行モデルは別注中心になりましたので、”張っていた”、となんとかゲットできましたが、本体モデルでも良かったんじゃないか?。しかしマックス、もう少し顔がカッコよかったらばなぁ。ライコネンくらいに。
 でトロロッソの最後のマシン、WEBショップ、ロシアGPも先に発売されましたが、これこそが「じゃぁ本体と何が違うの?」、台紙違いだけ?。私はそんな気がしてなりませんが、さて。

より以前の記事一覧

***

**

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30