*

  • ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
  • DMM.com DMMポイントオークション
  • DMM.com CD&DVDレンタル

リンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

AFV

2016年9月 1日 (木)

またタミヤのおかげか?それとも??

 昨年でしたか

58310タミヤMM 1/35
陸上自衛隊
10式戦車

自衛隊の最新鋭戦車でありますが、これを発売しましたね。するとなんでしょうか、各メーカーが一気に各スケール発売し、それを追うかのように今まで空白だった自衛隊AFVを発売し、恐らく現行使用AFVは揃ったんじゃないか?と。

 そしてそれを追うかのように航空自衛隊使用エアクラフトまでもがワンサカ(ヘリコプター類ね)。艦船模型は以前からの流れである程度揃っていましたが、ここまでくるか?と。ただ今まで発売されなかったのが不思議と言えば不思議。あえて「けしからん、いかがなものか?」人間を避けていたかに思いますが。

 昔は「現行兵器模型は売れない」と言われておりました。確かに今もAFVに関しては同じかと思います。人気があるのはWWⅡ旧ドイツ軍、これは変わらない。博物館展示そのままを発売したりしております。この辺は”抜け”は無いでしょう。今も私は現行兵器はスルーしちゃいますねぇ、どうしても。しかし、逆に「自衛隊モデルがないのはどういうこと?」と言う意見もあったことも事実です。そういう意味でタミヤには感謝しないといけないかもしれませんかね。

 何もガルパンのおかげだけではない、あえて言えばガルパンにてAFVが復活し、かつ簡単に製作できる模型も出てきた、これもAFV界には大きいかと。タミヤが未だに乗らないのも面白いですけれども(笑)。

 は、さておき。その自衛隊現行兵器が”売れる”時代が来たみたいですよ。

A17xjlw1m6l_sl1500_「シン・ゴジラ」

 これに出てきた自衛隊各兵器。
模型屋さんも「シン・ゴジラ登場兵器」として並べています。
恐らく”映画ファン”は買うんじゃないかと。
エヴァンゲリヲン ファンはプラモ作ったことがあるでしょうから。

 私はやはりスルー。10式戦車や「いずも」は作りたいかな。

 昨日、脳のリハビリで観てきました。何も言いませんし語りません。好きな人は好き、嫌いな人は嫌い。気になったのは「伊福部昭の音楽に合わないゴジラがいるんだ」と言うことにて。自分にとっては全てが思ったとおりでした。これは後年どう評価されるのかが面白そう。

 まぁ2時間程度の映画を”観られた”ことだけで”体調OK近し”としました。観客8人、途中熟睡5人はお知らせいたします。いびきは禁止だよ!。

2016年5月27日 (金)

E社よ、お前もか!

 本当に艦船模型AFV模型ファンは、頭を下げないといけないアニメやゲーム。そのおかげで今まで見向きもされなかった艦船やAFVが発売されるようになりました。とは何度も書きましたが。

 で、先日「えっ!」とビックリしたのは

Page75238エブロ
ガールズ&パンツァー
”Ⅳ号 D型”

 「エブロがAFV発売するの?」

ビックリしました。
ただディフォルメ・モデルとは言え、砲塔部がイマイチでⅣ号には見えませんが(個人的感想)。

 ならば

Page75239 エブロ
ガールズ&パンツァー
「KV-Ⅱ」


 旧ソ連の自走砲。砲塔が重たすぎて傾斜地では砲塔が傾く、と言う面白戦車(自走砲)でありました。が、第二次大戦初期にはドイツ軍には脅威の自走砲。ドイツ軍も捕獲対象として使われました。

 こっちの方が可愛らしいですしディフォルメも上手いかな、と。

 最近フジミが、このようなディフォルメ艦船や戦車を発売しております。簡単かつ精密なので、たまに私も買うことがあります。1時間は楽しめます。

 その中に

69566_3フジミ
チビマル・ゴジラ


 という物がありまして、これまた簡単に作れるのですが
どうしても「これはミレニアム版だな」と”昭和ゴジラ”に改造したくなるんです。
 現在、初代ゴジラは完成。次は「モスラ対ゴジラ」、モスゴジに挑戦しようかと。いくつ買うんだ、全く。しかし、ストレスためて仕事から帰る、良いことは何も無い。そんな時は作ることで全てを忘れさせてくれるのでもあります。ついでに?「66式メーサー殺獣光線車」も作りました。

 おっと、話を戻しますが、エブロは今後どこまで行くんでしょう?。まさかディフォルメ・マクラーレンなんて発売しやぁしないか?。やはり模型メーカーの道に活路を見出すのでしょうか?。「KV-Ⅱ」は買いそうだなぁ。

2016年1月26日 (火)

地雷除去車?

 さて海外で

176869SPARK
レッドブルRB11
ダニエル・クビアト
2015バルセロナ・テストカー

 昨今流行(?)のレーダー付にて発売されました。一体何が判るのかは当方は不明です(汗)。が結構にカッコいいなぁ、とも。

 で、何かに似ているな、と思ったわけでして。それが、イラクに駐留していた各国の装甲車や地雷除去車に付けられた”バーアーマー”。

D0193462_13131730これは

バッファローMPCV
と言う地雷除去車ですが、携帯用対戦車ロケット弾や火炎瓶等の攻撃から守る為の簡易装甲です。
模型栄えするんですが、ガマン。

 同じようにフェラーリも実験していましたが、もしやレーダーではなく他の用途だったりして。「テロに遭わないように」・・・なんてことはないか。

2015年11月18日 (水)

お気持ちは重々わかります、が

 先日、当地の大手ホビーショップでのこと。初老の方が店員に文句を言っておりました。

 どうやら旧帝国艦隊WLモデルを探されていた、と思います。が欲しいモデルが

A3424bdcbd4390001cb96369cbc6019e こんなパッケージになっていて、「これじゃないものはないのか!」と怒っていらっしゃいました。

 「艦隊コレクション」ですね。その方の気持ちは、よ~くわかります。このパッケージはアオシマがメインですが、通常パッケージもあるわけで。しかし店員はバイトなんでしょうね、「これしかありません」と。何をお探しか判りませんでしたが、とにかく「こんなマンガのパッケージではない。ちゃんとした模型は無いのか!」とお怒り。「長年、艦船模型を作っているが、こんなマンガに出てくるようなチャチなものは要らん!」とお怒りでした。

 一瞬、私も間に入ろうかと思いましたがやめました。何か面白くなって(こら)。店員は明らかに素人。その方に「これはゲームに出てくる主人公のフィギュアですので、仰る在庫はありません」と。えぇ~。違うでしょ。このスケールにはフィギュア等入っていません。ゲームの宣伝程度。そして、このおかげで観戦モデルが(個人的に)アホウ程、新資料に基づいて出てくる、ある意味で艦船模型ファンには”ありがたい”のであります。

 結構に怒っておられましたが、違う艦船モデルに眼が言ったようで。で、ふと私と眼が合いました。ら「艦船モデルはマンガになったんですか!」と。私「言え、確かにゲームの影響は大きいですが、そのおかげでリテイクするメーカーや1/350艦船が新考証で発売されているんです」「古くからの艦船モデルを作っていますが、こんなマンガになって良いのですかね?」「これは仕方がないです。艦船モデルがここまでリアルになり、エッチング等の付属パーツが出て来たのも、1/350がたくさん発売されるのも、そのゲームのお蔭でもありますから」「ワシは納得できないですわ(笑)」と。「でも、パッケージ”無視”すれば良いモデルは揃っていますから」「いやぁ、こんなパッケージの模型は要りません(笑)」と。

 以前にも書いていますが、私は「艦隊コレクション」に対しては少し否定的であります。なぜならば、その艦に実際に乗り、生死の境をさまよったり亡くなったり人がある、今の平和な日本を作って下さった英霊でもあります。それを美少女アニメ風に、何やっているんだ!があります。しかしメーカーもモデラーも”悪魔”であります。「流行っているならばXXXでもひけ!」です。それは肯定しますが。

 「パッケージは無視しても大丈夫ですよ。美少女フィギュアを作るわけではないですから」と。「なるほど。しかし古い人間には抵抗感あるね(笑)」と別れました。

 模型誌を読んでおられるならば、ある程度はご存知ではないかと思うのですが、意外にご高齢の方が読んでいるのは「モデルアート」。”お堅い”模型誌ですから、はまず掲載されませんからね。

 世代ギャップは、どうやっても埋まりませんね。でも、若い方で、これらにはまった方には、やはり、それに乗って亡くなった方が実際にいる、と言うことを理解して欲しいなぁ、と思うのであります。World of Tanks ファンしかり。ゲームでは爆破されても自分は死にませんから。死なない様に動いてください。

 最近、SNSや中途半端雑誌で「自衛隊で韓国は簡単に侵略できる」や「中国のコピー戦車や戦闘機にも自衛隊は簡単に攻略できる」なんて”スーパー勘違い”している記事を見かけます。違うんです。一機や一台の性能だけで決まらないのであります。運用方法と策略が必要。航空自衛隊、今の運用機では朝鮮半島まで行けても帰りの燃料が積めないことも知らないのか?。
 まぁ隣国との戦争は避けたいものですが、その前に、やはりISを世界、あるいは国連はどうするのか?。結論を言えば「シリアの安定」ですが、反シリアはアメリカ含めたNATO。親シリアはロシア。ある意味で”冷戦”が再開されたような気がしています。

 フランス国民には心から合掌。私等は「大変だねぇ」と他人行儀で見ていますが、実はターゲットになっていることを忘れてはいけません。難民支援にお金出しているんですから。最悪のシナリオは中国。現在は新疆ウイグル地区(イスラム教)を弾圧していますが、そこにISが支援したら??。容赦なく核を落とすでしょう。

 もしかするとISの最大の脅威は”敵対するならサヨウナラ”中国なのかもしれません。怖い!。

2015年9月30日 (水)

WOTとガールズ&パンツァーの影響と

 
 で、また関係ない話に・・・。

”World of Tanks”と言うオンライン・ゲームがございます。ゲーム好きならばご存知かと思います。このゲームは実在した戦車を操り、世界のゲーマーと作戦を遂行したりしてポイントを重ね、ドンドンと良い戦車をゲットしていくゲームです。

 私も一時期はまりました。当然AFV好きには、たまらないゲーム。しかし、いつまで経っても上手くならず、軽戦車から進まずにやめました。撃破されてばかり。そのWOTですが、最近は試作戦車や計画だけに終わった戦車まで出すようになりまして、AFVファンとしてはビックリさせられるわけです。YOUTUBEで観たりしてね。以前に書きましたが、旧ドイツが計画していた「P1000 ラーテ」、1,000tを超える巡洋艦の砲塔を取り付けた超重戦車も登場し、コレに目を付けたTAKOMと言う新興メーカーが1/144で模型を発売した、と。

 で、今度もまたビックリ。日本が試作した重戦車が登場し、なんと模型化!。

71a5jbdn7sl_sl1500_
1/72 ファインモールド
「オイ」150t超重戦車


 さすがにデカすぎて1/72にしたのでしょう。

 日本の戦車の名前の付け方は変わっておりまして、まずは年式(紀元)、その後に”大型”の「オ」、そして一号車の「イ」(いろは文字)と付きます。

 さて、これ150tと呼ばれていますが、本当は120tで作る予定だったのが、重戦車にありがちな重量オーバーというヤツ。ノモンハン事件の教訓を受け、”動く要塞”としての重戦車の必要性を考えたわけですが(私は機動戦であったノモンハン、逆ではないかと思うのですが)、当初は100t級で全長10m程度の走行試作車が作られます。しかし走行実験で、超重戦車御馴染みの、まっすぐ走る前に地面を掘ることに。コンクリート上でも実験されますが、コンクリートを割るだけ。これでは役に立たないと放棄されます。

 ところが終戦間近、ドイツの重戦車に影響を受け、再度超重戦車計画が立ち上がり、「オイ」車は生まれます。口径105mm砲を主砲に、47mm砲と対歩兵用機銃を備えた多砲塔戦車になりました(この時点で時代遅れなのですが)。装甲も日本陸軍戦車にしては厚めにした為に、重量は120tとも140tとも言われております。これは極秘に作られた為に、走行実験等は行われないまま。満州に送るために分解された状態で終戦を迎えたそうです。

 まぁ恐らく、と言いますか活躍は出来なかったでしょう。戦争中、日本が各国に比べ戦車の開発が遅れた理由の一つとして「ジャングル戦が多いから」と言われております。欧州各国は平原だったり市街地戦が主な戦場でしたので戦車は必要、しかしジャングルでは戦車がまず通れませんわね。従いまして占領した市街地を警備する、軽戦車が主になります。が、アメリカはM4シャーマンと言う戦車がある。日本の戦車では破壊は無理。本土決戦には必要だろうと、三式、四式、五式と中戦車や重戦車が量産試作されますが活躍することもなく終わっております。

 今までは「日本の戦車は格好が悪い」やらの理由で発売されませんでしたが、最近のガールズ&パンツァーの影響で、ジャンジャン発売されるようになりました。

Dsc00785_2九七式中戦車は当時の陸軍の最強戦車でしたが、M4シャーマンの前では格好の餌食でした。コレはタミヤからも発売されました。

 が、九五式、それも新金型とは驚きました。この戦車がノモンハン事件で活躍したわけですが、終戦まで使われます。

 本当、このアニメの影響でAFVファンは”欲しかった”戦車模型を入手することができたやら、です。脱帽です。

 画像は勝手拝借でございますが、その東京ホビーショーで↑「オイ」車が実物大で展示されたそうで、これもすごい。10m級ですからねぇ。AFVドイツ軍好きには、アニメに出てきたのでしょうか、Ⅳ号戦車D型とH型のハイブリッドも展示されたようで。これは考証しに行きたくなりましたが、まぁアニメですから、ここは固いこと抜きで行きましょう。

 しかし模型屋さんで見た、ピンク色の”M3”戦車模型には、ちょっとなぁ感があります(笑)。まぁファン層が違いと言うことで、よし。でも作者(達?)は戦車をよく知っていますわ。だからこそ模型メーカーも、その層向けに、もう少し作りやすいようにパーツ数抑えてあげたら良いのに、とも。こちらは逆に「省略された部分は追加」ですけども。

 「これ俺には無理だから作って」と何度友人に言われたことか。そいつも今じゃエアブラシと格闘しているようで。

 

2015年9月18日 (金)

未来兵器のはずだった?

 久々にAFVのお話を。最近はカーテンに隠されていた冷戦期の東欧諸国のAFV、戦車や自走砲が続々と模型化されております。その中に、まさか、コレまで発売しますかね?というモノが。

66625_2トランペッター
旧ソ連
1K17

通称で「スジャティエ」と呼ばれています。ロシア語では「圧縮」と言う意味らしいのですが、この辺はよく知りません。

 さて、これは”自走砲”となるのですが、乗っけている兵器が”レーザー”と言う「オイオイ!」なものでございます。レーザーと言ってもSF映画の様に、光線を発射して敵を粉砕、ではありません。もっと怖い、と言うのか出来るのか?。

 6個の赤いレーザー砲から光線を照射する。すると航空機のセンサーに損傷を与えたり、人間の視覚等を奪い無力化させる、その目的で旧ソ連は80年代に開発を始めます。ちょうどアメリカが宇宙空間に軍事衛星を打ち上げて、宇宙から攻撃しようとしたSDI計画の対抗として生まれたようです。

 しかし、そんなことが出来るのか?。旧ソ連は真剣に開発していたようで、まず試作したレーザー自走砲”1K11”と、もう一つのレーザー砲を叩き台にして作られたのが1K17です。これは90年代前半に完成しますが、実験はしたのだろうか?。レーザー発射には人工ルビーが使われたそうです。試作1台のみ。旧ソ連の中では最重要秘密の一つだったそうです。

 しかし開発中にソ連が崩壊し、ロシアも「開発にお金がかかりすぎる」と結局効果の程はわからず仕舞であった、と言う自走砲でございます。まさに未来兵器を地で行く話しですが。

 実物は存在しております。

Selfpropelled_laser_system_1k17_szh ただ、ちょっと怖い、と思ったのが、当然アメリカ他に徹底的に研究されているのですが、効果があるのかどうかが公表されていません。

 今回、これを書くにあたり調べてみましたが見つけられませんでした。もしかしたら効果がものすごくあるからなのか、それとも単なる夢物語だったから公表する意味すら無かったのか。レーザーは今や身近な工作機械にも使われるようになっていますが、果たして?。でも確実に人間の目はやられる気がしますが。

 あまり格好の良い自走砲ではありませんが、やはり元モデラーは・・・なんですよねぇ。

2015年5月31日 (日)

買っちまったんだけどねぇ

 当地ホビーショップでプラモデルが大セール中でした。AFV、どんどんと試作戦車計画戦車の発売が続き、ず~っと「欲しいなぁ」と思いつつも、最近のプラモデルも値段が高騰してしまったことと、模型リタイヤしたので塗料等がほとんど残っていないので、ガマンしておりましたが。

 ガマンできずに買いましたよ2台

Img_0まずは、以前にもご紹介した

TAKOM
オブイェークト279

 核爆発の爆風を防ぐために、円盤型車体に4連キャタピラの凄いヤツ。

 結局1台だけ試作され計画は廃棄されますが。まぁ構造が複雑になると取り回しが悪くなる、の例えもございます。でも、なぜかこの戦車、ぬかるみは得意だったようで。ぬかるみにはまった戦車を回収する動画が残っております。

 TAKOMはオブイェークト3社同時発売の最後ということと、他メーカーに比べ精度が高い(タミヤやドラゴンの比ではありませんが)。そして耐放射能衣を着たフィギュアが付くということで気になっておりました。

 そしてもう1台、これは計画のみです。

519n2rfgt4l_sy445_



TAKOM
KV-Ⅴ

 W.W.Ⅱ時にソ連が当時の”重戦車”KV-Ⅰシリーズを作ります。重さでトランスミッションが耐え切れず、ハンマーでレバーを叩いていた、という逸話があります。この戦車を語る上で、面白い話がありまして。
 開戦当時ドイツは37mm砲が対戦車砲の主流でした。KV-Ⅰには歯が立たない、しかしどの戦車も欠点がありまして、操縦者ハッチを狙えばドカン!。その37mm戦車砲が並んだ中を1台のKV-Ⅰがドンドン進んでいきます。ボロボロになりながらも進んでいく。最後はキャタピラが切れてしまうのですが、これをして「これぞソ連軍である!」と伝説になるのですが。実はトランスミッションが硬くて反転できなかったと。本当は戦車砲の列から逃げるつもりが直進しか出来なかった・・・。

Kv2heavytank05

KV-Ⅱ

 対陣地突破用の152mm砲をつんだ派生型。これまた奇妙な戦車として言われております。この戦車は大きな欠点がありまして、片方に傾くと砲塔が重たすぎて、そっちに傾いたままになってしまうと。砲塔が回転できない。消えていきました。昔作ったなぁ。意外とカッコいいのであります。

Kv5


さてKV-Ⅴですが、計画だけに終わりましたが、107mm砲を積み対歩兵用機銃をワンサカつけた重戦車になる予定でしたが、既にドイツ軍はKV-Ⅰの装甲を破壊できる戦車が出てきた為に、これ以上の装甲付加は走行性能やトランスミッションに付加がかかりますので結果計画廃棄。砲塔はKV-Ⅱ同様に傾くな、これ。

 これら試作戦車は恐らくオンラインゲーム「ワールド・オブ・タンク」の影響な気がします。私は今はゲームはしておりませんが、ドンドン試作戦車が出てきていますから。

 というわけで、久々に戦車作りを開始・・・が、キャタピラが連結式!。今はドラゴンもやめてしまいましたが、キャタピラを1枚1枚つないでいく・・・片方で85枚弱・・・この調整が恐ろしく面倒くさい。昔は「タミヤはベルト式だからリアルじゃない」なんて嬉々としてつないでおりましたが、今では「タミヤさん、ごめんなさい」です。

 両者ともにパーツ数は少ないのですが、連結式キャタピラのランナーを見るたび、「また今度にしよう」と。これ完成しないかもしれないなぁ・・・。

2015年5月19日 (火)

重戦車流行

 久々に戦車話を。最近、もうネタ切れなんでしょうか、試作だけで終わった戦車のプラモデルが多数発売されています。W.W.Ⅰ時代の戦車も有名メーカーから発売になっていますし、冷戦期の東西戦車までもが。誰が買うかね?と思うのですが、意外と盲点でもありました。

 とくに”重戦車”と言う今も昔も、ほぼ役に立たない戦車プラモデルが店頭に並んでします。以前、旧ドイツ軍の「マウス」「E-100」「ラーテ」を書きましたが、今度はアメリカ軍に目を向けてみます。アメリカは合理主義の国でありますから、大量生産に向く”中戦車M4シャーマン”を大量に投入することで、技術力のドイツ戦車を打ち砕いたのですが、本来はシャーマンではなく”重戦車”M6を主力戦車として考えていました。

Heavytankowi2M6 重戦車

これはアメリカがW.W.Ⅰで戦車の登場に驚き、またドイツの電撃戦でのヨーロッパ支配に影響を受け、急遽開発されたプロジェクトでした。
しかし、重戦車というのは名前の通りデカイ。どの国も重戦車開発を急いだのですが(「これからは戦車戦になるだろう」との予想の元で)、いかんせんスピードは遅い、塹壕が登れない、でかいので指示系統がままならない、そして生産コストが高いということで、中戦車思想に傾きます。アメリカではM3リーが有名かと。が、これがドイツ軍には歯が立たない、と言うことでM4シャーマンが生まれていくのですが。

 結局、M6は試作型T1から改良を受けますが、欧州戦で戦う場が無い(泥炭地ですし)。12台作られ実戦参加せずにオシマイになります。が、アメリカは上手い。映画の合間のCMに「自動車を踏み潰すM6戦車」を上映し、戦意高揚と、さも敵国に「アメリカの新兵器か?」と信じ込ませたと。ドイツの自走砲がドンドンでかくなったのはM6対策だった、という話もありますが、これは違うような。日本でもM4シャーマン対策は出来上がっていた様ですが、M6が登場した場合の対策がまとまらず混乱した、という逸話が残っています。

 失敗作が映像によって秘密兵器になる、今の時代にも通用しそうです。さて久々につくろうかな?。

 そういえば、毎度紹介しております「お気楽AFVメーカー」マスターボックスより、また「どうディオラマにするの?」、発売になります。

5161fpdunclマスターボックス

”ピンナップ・ガール”


 アメリカ兵座らせて、簡易踊り場でも作るか?。でも女性の顔の塗装は難しい。ぶさいく集になる可能性もありますが。

2015年3月24日 (火)

それ、マジ??

 以前に紹介しました模型ラーテ。ドイツ軍を示す十字型マークのデカールが付いております。が、一瞬「コレ何?」と思ったのが

Fullsizerender赤の四角に何のマーク?。

よくよく見ると、上の+を足すと「ハーケンクロイツ」になります。ナチのマークです。
 戦車ではあまり使用されていなかったとかと。自軍航空機に対する識別に旗が使われた程度ですが、それを再現したのでしょう。

 この「ハーケンクロイツ」は国によって使用禁止、あるいは使用自粛になっています。フランスにエレールと言う模型メーカーがありますが、箱絵は必ず「ハーケンクロイツ」は塗りつぶしています。ドイツ・レベルもです。もしくは見えない角度に。また、メーカーによっては「ハーケンクロイツ」のデカールを入れていないメーカーもあります。

 日本は気にしていないようですが、海外のお店のWEBですと画像塗りつぶして販売していたりします。TAKOMは香港のメーカーですが、一応輸出をにらんで、わざとこのような形にしたんだ、と思います。ナチを許さない、と言う意味での措置だそうです。

 規模は違えど何かに似ていますね、そうモータースポーツ モデルでのタバコ扱い。とくにPM社は最近締め付けがきつくなってきているようです。マルボロですね。あの赤と白のカラーリングも今やNGになってきているようです。パッケージ換えをする為に躍起になっているようで。

 タミヤが発売した”真っ白”マクラーレン。GLEENLIGHTが発売した”真っ白”ペンスキー。あれは自粛とは言え残念でした。

 そこで出てきたお話ですが、あくまで”噂”でしかないのですが、「SPARKの発売するマクラーレンは今後全て”真っ白”になる」と。ついにそこまで来たのか???。もし赤部をも隠しデカールにしたとしても、これ分解しないと貼れない。あるいは一部だけ赤を抜くとか??。いずれにせよ何らかの措置が取られるであろうとのこと??。

 パッケージ変更後・・・。

68a730761762a4ec7ee95dac37124d19

 いかん、これでは余計にカラーリングが顕著。

 しかし、ココまで来ると、もうマルボロ スポンサード モデルを発売するメーカーは無くなりますぞ。

 まぁPM社にとっては関係ない話でしょうが。なんとかカラーリングだけは大目に観て欲しいかと思いますが。

2015年3月21日 (土)

買っちゃいました・・・が

 先日紹介しました”おバカ”戦車

51do0u9yuhlTAKOM 1/144
P-1000 ”ラーテ”

 買っちゃいました(汗)。どうしても”おバカ”には目が言ってしまう性質なんでしょう。

 箱開けてビックリ

Img_1834車体が1/35ティーガーⅡ並の大きさです。

右下に見える”マウス”が当時としては最大級の戦車で、1/35でも30cmを裕に越す代物ですから、このラーテの大きさが、いかにおバカかがわかります。

 TAKOMは最近出来た新興メーカー、私は初体験ですが、パーツ割りも良い感じでパーツ数も少なめなので簡単に製作が出来そうです。手すりのエッチングパーツも付いています。新興メーカーによくある歪みもなし、押し出しピン跡も上手いところに。バリもなし。パーティングラインも少なめで簡単に済ませそうです。

 現実に考えて戦艦の主砲を乗せて、重さを支えるためにキャタピラを三連結にしたところで使う目的が無い。都市戦には不向き。平地でした運用できない、が泥炭地の多い欧州、雨降ったらオシマイ。走るたびに沈んでいく。大きさから攻撃機のターゲットになりやすい(対空機銃わんさかですが)。運用方法としては遠隔地から戦闘地域の攻撃、あるいは歩兵進行の補助攻撃。ならば”自走砲”で十分ですな。自軍も巻き添えにしそう。

 まぁそんなことより”ラーテ”発売だけでもビックリしましたが、これ塗装どうするか?。説明書には”ドイツ海軍””ドイツ空軍”カラーと、また試作と言うことで砲塔だけサビよけ塗装された陸軍ニ色迷彩が(箱絵)。ただいくら1/144だと言っても、もし存在したと考えるならば、1/35のような迷彩塗装はオーバースケールではないか?と。ここは海軍カラーか、しかし運用は陸軍だし・・・。

 汚し塗装も1/35のつもりで行ったら、これまたオーバースケールになります。1/144の汚し塗装などはしたことがないです。石一個が人間の頭くらいになっちゃいます。今発売されている汚し塗装用のアイテムではせいぜい1/72までですから。

 さて、これ考えたら作れなくなるんですね(苦笑)。大きさ的に1/18のケースに入りそうですので、一応ディオラマのアイデアはあります。1/18用ケースは”ほこり”よけに助かりますし片付けもしやすいので、モデラー時代によく使用しておりました。1/144は昔食玩で発売されたワールド・タンク・ミュージアムが多数ありますし、フィギュアも揃っています。足りない分は鉄道模型Nゲージ用を使用すればOKですし。

 重さから運用が出来なかった、と考え地面はコンクリート貼りの滑走路に。1/144は上記以外にもドラゴンが試作戦車等発売しましたから、利用して、ここは米軍による試作戦車置き場での武装解除がリアルかな?と感じております。マウスもオマケで付いていますし。マウスすら泥炭地試験で沈んでいった戦車でしたから。

 とにかく、まず完成させるのが先ですが、どう塗装するか?。私は足回り含め全て組み立ててから塗装するのが恒ですので、それから考えれば良いのですが、それで何台か未塗装のまま置きっぱなしでサヨウナラしたことか。

 しかし、どうすりゃぁいいのかなぁ。実在したとしたならば、年代的にもサイズ的に陸軍用カラー一色(”ドゥンケルゲルプ”ダークイエローです)で済ますのが妥当な気もしておりますけれども。

 ちなみに箱にはPROTO TYPEの文字が。まさか架空配備ラーテの発売も考えているのか?。

 さていつから作ろう・・・。しかし久々にAFV模型買いましたが、約¥5,000が”安い”と感じた自分。ミニカーで完全に麻痺してきております・・・・模型も高くなりましたねぇ。

より以前の記事一覧

***

**

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31