*

  • ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
  • DMM.com DMMポイントオークション
  • DMM.com CD&DVDレンタル

リンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ~様ぁ | トップページ | 万博小僧 »

2016年12月22日 (木)

何社め、でありましょうか

 十数年前に発売アナウンスがあった

72108PMA
ロータス72C

グラハム・ヒルブルックボンド・オキソ レーシング/ロブ・ウォーカー チーム
1970 メキシコGP

 が欧州発売されました。本当に何年待たせて値段を何度上げたのだ!と怒りもありますが、私は昔から好きなマシンとカラーでありまして。オリジナルを若干ですがエクステリアをチームが改造して、逆にカッコよくなっている気がします。

 しかしですねぇ、ロータス72はともかくも、昔からなぜかよく見るモデルであります。最初に見たのは恐らくは小学生の頃でありましょう。メーカー不明ですが恐らく1/32くらいだったかと。その後も1/24程度のトイも見ましたし。当時としてはグラハム・ヒルの人気もあったのでしょうね。ブルックボンドって紅茶メーカーですね。

 まず思い出すのがQUARTZOです。当時買いました。でSPARKからも発売されましたよね。これ勘違いかもしれませんが、確かQUARTZOがロータス72シリーズを発売し、その直後にPMAもアナウンスした気がして。先にエマーソン・フィッティパルディの初優勝モデル、そしてJPSカラー(エマーソンのみ)。その後にプライベイターのアナウンスがあった気がするのですが。

 ちなみに、やはりQUARTZOから発売された

72107PMA
ロータス72D
デイブ・カールトン(チャールトン)
ラッキーストライク・レーシング(スクーデリア・スクリバンテ)
1972年 イギリスGP


 これまた案内から十数年、発売されました。このチームは活躍していませんが、恐らくラッキーストライク・カラーで選んだんでしょう(か?)。しかしタバコ・ロゴを自主規制しているのにもかかわらず、わざわざ発売しますかねぇ。ラッキーストライクがあるからカッコいいのに。するとQUARTZOが生きてくると、まぁ何だかなぁ(苦笑)。


 しかし今月末はPMA(というより代理店)は一体日本でF1を何台出すつもりなんでしょうか?。海外で出ている国内未発売品は7台ありますが・・・。昨年12月は結構な台数が発売されたそうですが記憶に無く。ただ「クリスマス・シーズン」と言うこともありますからね。


 ヒルのマシンは今更ながらですが、私は「お待ちかね」でありますが。でももうオールドF1はSPARKにまかせりゃぁ良いのに、と思うのでありますが、さて。

 
 以前から「車を主題にした」映画の話を書いてきました。今は「ワイルド・スピード」に代表されるような”ハコ車”映画が多数を占めておりますね。しかし、こう言う映画に”フルCG”と言うのは、どうなんでしょう。仕方が無いとは言え、アナログ・アクションが良いと思うのですが。

 私はこれが一番好きであります。

C0210087_21261194 グラン・プリ

 1966年公開のF1映画であります。
本物のレーサーも登場しますし、あのモンツァのバンクを走るマシンも観られます。ジョン・フランケンハイマ-監督作品であります。当時の”ホンダ”をイメージさせる日本のチーム”ヤムラ”の監督役に三船敏郎が出ているのも有名です。Fシーンを舞台に男と女のドラマもあり、3時間の映画ですが一気に観られます。これは昔なつかしい”シネラマ”大画面で観たいものであります。

 トホホ映画はやはり「ドリブン」でしょうね。私は爆笑しましたが。スタローンって本当毎度思いますが、「ロッキー」や「ランボー」と言った名作作る反面、その続編とか他の映画で「トホホ」も作っちゃうんですよね、それが監督としては面白いのですが。期待したら「トホホ」の方が多いじゃん、みたいな。

 そう言えば「レース」を題材にした音楽と言うのも、あまり聞いたことが無いですね。アニメとかは別にして、コレしか浮かびません・・・。


 
 
 

  腰が抜けてしまうのが現在ですが、発売当時はどうだったんでしょうね?。私は今も好きですねぇ。

« ~様ぁ | トップページ | 万博小僧 »

PMA/MINICHAMPS」カテゴリの記事

新商品」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

F1」カテゴリの記事

コメント

ロータス72は使用年数も長いしタイプも多けりゃ
プライベーターにも供与されてたりでバリエーション作りやすいですね
メーカーとしてはオイシい車種ではあると思います
当時QUARTZOは続々バリエーションを出していたのでそっちで揃えていましたね
チャールトンのラッキーストライクやケイザンのガンストン(SPARKのBT20の
デカールで初めてガンストンがタバコと知りました)
もちろんウォーカー・レーシングのヒルも持ってます。
昨今はSPARKの展開、タイプによる差異がちゃんと再現されているのが
嬉しいですね、リントの’70年伊予選とかも欲しいのですが…棺桶なのは
別にしてもウイング類を取り払った特殊な仕様なのが食指をそそるんですが
昨今のレッドブルやメルセデスのバリエーションより断然集め甲斐がありますわ

あ、橋幸夫の「ゼッケンNo.1スタートだ」今聞くとタルい曲ですが
葉巻時代のミニカーを並べてから聞くと何だか雰囲気出ますよw

>貞吉7さん
    お互いに年ですなぁ(笑)。本当、昔の方が面白かったかもしれませんね。SPARKもどこまでやるのか。勢ぞろいになりそうな予感。マーチなんかも始めたら、えらいことになりますね。
 「ゼッケンNo.1スタートだ」、今だから通用する気がするんですが(ダメ?)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200970/64650219

この記事へのトラックバック一覧です: 何社め、でありましょうか:

« ~様ぁ | トップページ | 万博小僧 »

***

**

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30