*

  • ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
  • DMM.com DMMポイントオークション
  • DMM.com CD&DVDレンタル

リンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

一番嫌いな人間

 私にとって一番嫌いな人間話です。誰もが「こういうヤツは苦手だ」あるいは「付き合いたくない」という人間と言うのがいます。仕方がない感情の生き物ですから。

 そんな「絶対にお付き合いしたくないバカ」話が掲載されておりましたので、少し。


TDLで毛皮反対アピールを強行して炎上
確信犯的な行動に見る排他的正義
(Wedge 2016年06月28日掲載) 2016年6月28日(火)配信
 肉食反対に賛同できなくても、毛皮反対には頷く人は多いだろう。しかし、こんな強引なアピールで、本当に仲間が増えるのだろうか。
■注意するスタッフに「私たちこそ歓迎されるべき」
 正義の押し売りは怖い。正義の暴走は怖い。なぜなら正義の集団はときとして非常に排他的になるからだ。
 そんなことを感じたのが、ある動物愛護活動を行う女性のブログの炎上だ。6月13日に仲間とともに東京ディズニーランドを訪れたこの女性とその仲間は、「Don’t buy FUR!」などと書かれたカッパや、毛を剥がれたウサギの写真を大きく貼り付けたバッグを身に着けて園内を歩いたことを報告している。
 入場前に一度、「ミッキーマウスをかたどった紙に禁止マーク(×やNO FUR!の文字など)を掲示しないでほしい」という注意を受け、入場後にも再度スタッフから、残酷な写真に子どもが驚いているとたしなめられたようだ。しかし、彼女たちは「ディズニーランドにノーファーポリシーがある事を解って言っているのか」「知らずに私たちにいきなりそのような態度をするのはあまりにも失礼ではないか?」「本来は私たちのようなゲストこそ歓迎されるべきではないのか?」などの反論を行ったとブログに書かれている。
 ブログの投稿が6月18日。それから数日後の23日頃になって、Twitter上で「立派な迷惑行為」として拡散され、多くの人が目にするところとなった。
 Twitter上では「ここまで自分達を正義と信じて疑わない連中始めて見た」「主義主張は十分に感じるが、客観的には迷惑行為だな」「菜食主義でも狂暴になるんですねっていう記事」(以上、すべて原文ママ)などの感想が見られる。
 中でも筆者が同意したのは「動物愛護に否定的な人を増やすだけなので関連団体はこういう人早めに呼び出して叱りつけた方がいい」というコメントだ。


 こういう人間の脳の中身を見てみたいものです。反対活動は”よそ”でやればいいこと。路上でいいじゃないですか。これオカルトを信じている人と同じで反論は聞かないのも共通しています。そして「動物愛護に否定的な人を増やすだけなので関連団体はこういう人早めに呼び出して叱りつけた方がいい」、上手い!。そうなんですよね、それが逆効果になることに気付かない。こんな行為はヘイトスピーチと同じです。何も意味が無い。

 こういう人たちに共通するのが「それを行っている”私”がカッコいい」と勘違いしていること。思いっきりキックしたくなりますね。

 最近の日本を見ておりましても、少数派が「声を荒げたら勝ち」的な話がたくさんある気がしますねぇ。NGワードが増えてきている気もしますし。これをして「本当の民主主義」と言う人もいるようですが、なんだか”閉鎖的社会”にドンドン進んでいくような気がしてなりません。

2016年6月29日 (水)

参戦してくれないかなぁ?

 最近のプラモデル。AFVや航空機、艦船に限らず”東欧諸国”の新興メーカーが多く参入してきています。その為に冷戦下で”謎”であった東欧諸国のメインタンク等々が多数発売されるようになりました。今まで判らなかったことまで模型で判るようになったと。ただしお値段が、円安で・・・。英国EU離脱で為替相場がめちゃくちゃになっていますが、ここで円が100円切っても値下げはしないでしょうね。

 これ最初にやったのが台湾でした。プラモデル=日本、欧州、北米メーカーだったのが、30年になりますか、ドラゴン社が参入(その前に韓国のコピーメーカーがありましたが)。そして中国経済が良くなるにつれ中国本土にもメーカーが生まれ今に至ってます。

 どこのメーカーも甲乙付けがたい出来で、組み立てにくい欠点はありますが、アイテムはよいかと思います。

 で、ふと思うのですが「なぜ東欧諸国から新興ミニカー メーカーが出てこないのか?」と。DIP MODELSと言うロシアのメーカーがあります。ほとんど国内には入ってきませんが、海外通販でWTCCラーダ買ったことがあります。が、製作はSPARKだったそうです。値段は意外と安かった覚えです。

 しかし、よく考えて見ますと、昔は自国生産でした。旧ビテス グループはポルトガル。ブルムや現M4グループはイタリア。今見ると”ツライ”部分もありますが。ブルムなどはMade in Italyを売りにしていますよね。で、そこにPMAが参入し、コレクターモデルとしては初の中国生産に。当時は人件費も安い。各メーカーもこぞって中国へ。で中国経済の向上と金属材料の高騰で今に至ります。途中SPARKが出てきましたが。PMA当時の価格は1/43 F1で2,000円くらいでしたね、最初は。

 で、ですよ。これだけ東欧諸国の経済が豊かになったのであれば、メーカーが出てきてもおかしくないんじゃないか?。ある程度コスト抑えて出せるんじゃないか?。各国モータースポーツも盛んになりつつありますし。プラモデルからは金型もよさそう(インドで金型作らせている、とも聞きます。今金型製作の世界ナンバー1はインドだそうですね)。

 ただし、よくよく考えてみますと、自動車プラモデルには東欧諸国は参戦していないんですよねぇ。自国に自動車工場持つ東欧諸国は??。自動車文化が成熟していないんでしょうかねぇ。「国内では売れない」みたいな。

 EUは”移民問題”で揺れていますから、一歩間違えれば、ですよねぇ。

 そう言えば中国から数社メーカーが出てきましたよね。でも今はどうなったやら。やはり自国に世界に通用する自動車メーカーがあり、それなりに自動車文化がないと、なんでしょうかね?。

 一時期は中国メーカーの躍進に期待し今は東欧メーカー出て来い、と思っているのですが。いや本当、どこかそろそろSPARKと対等に戦えるメーカーが出てこないと。





2016年6月28日 (火)

ピンとこない?

歴史的名車『ミウラ』50周年を祝う特別仕様『アヴェンタドール・ミウラ・オマージュ』登場
   アウトモビリ・ランボルギーニは、今年で50周年を迎える名車『ミウラ』へのオマージュとして、V12エンジン搭載のアヴェンタドール・クーペのスペシャルエディション『アヴェンタドール・ミウラ・オマージュ』を発表した。
 ランボルギーニ・ミウラは、1966年にジュネーブショーで発表され、後に数多くのレーシングカーを手がけるジャンパオロ・ダラーラがシャシー設計とプロジェクトを担当。V12エンジンを搭載した流麗なクーペとして、後に幻の存在となる『イオタ』とともに高い人気を博した名車だ。
 そんなミウラ誕生50年を祝った『アヴェンタドール・ミウラ・オマージュ』が、イギリスで開催されたレーシングカーの祭典、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでお披露目された。オリジナルモデルであるミウラのカラーやスペックを受け継いだ代表的なソリッドカラーおよびメタリックカラーを厳選した計6色を採用している。
 ミウラのイメージはマットシルバー、またはゴールドのディオーネ20/21インチリムなど外装にも表現されており、サイドを飾るメタリック仕様のミウラ・バッジやリヤに施された黒のランボルギーニ・ロゴ、そして車内にはリミテッドエディションのプレートが施される。
『アヴェンタドール・ミウラ・オマージュ』は50台の限定生産となり、すでにその大半が売約済みとされているが、一部の市場ではまだ購入が可能だという。AUTOSPORTweb 6月27日配信

Miuraアヴェンダドール ミウラ・オマージュ

 パワートレインに変更はなく、エクステリアの若干の変更のみ。
「オマージュですか?、カラーリングですわ」・・・らしいです。

 今の技術で「ミウラ」を復活させろとは言いませんが、ちょっとなぁ。と思うくらい「ミウラ」は歴史上間違いなく残る車でありましょう。ホイールさえ何とかなればプラモデルでもミニカーでも再現・・・うん?LP700-4はありませんでしたかね?。と思うくらいに「ミウラです」と言われてもピンとこないのであります。

 やはりCEOが変わったから・・・ではないでしょうが、さて。

2016年6月27日 (月)

冗談かと思った

 その昔、サンディエゴのコミコンで、ホットウィールが記念品で「ワンダーウーマン インビジブル・プレーン」を発売し話題になりました。インビジブル=透明なので、モデルは見えませんよ=ブリスターパックのみ発売。これが売れたそうです。

 以前、そんな話を友人としていました。「もし”2001年宇宙の旅”の”モノリス”発売したら、多分日本人は怒るよね」「まず”板じゃん!”だろうね」なんて。

 が、マジに発売しちゃった!

450955w300エクゼクティブレプリカ
”2001年宇宙の旅”
1/6モノリス

 オイオイ!なんですが、どうやら先にディスカバリー号乗員の1/6フィギュアを販売したようで、その為のアクセサリーのようです。そうでしょうね、「モノリスのみ」単体で買うか?ですし。なんならばホームセンターで買えちゃうぞ。

 このモノリスを触ることで進化が始まる、と言うのが内容でありました。そんなモノを「ホームセンターで買える」と言ってはいけませんね。ホームセンターのそこいら中で進化が始まったりして。

 

2016年6月26日 (日)

ミニカー コレクターの様変わり

 コレクションを始め四半世紀を越えました。私はスーパーカー・ブームの申し子でありますので、やはりスーパーカー、そしてモータースポーツに入り現状に至ります。それが続いている。結局ロードカーは欧州車に自ずと目が行くわけです。

 が、「そうだ抜けていた」と最近思うのが80年代国産車。各社多数発売していますよね。が私には(ですよ)魅力がない。と言うのも酷い言い方すれば「普通の車じゃん」と言うのがありまして(と言うか「普通の車」の方が当然実車も売れて数も多いのですが)。これが何と言いますか、ひねくれていると申しますか、なんですねぇ。非常に出来も良くなっていますが、買うまでもない。バブル期の車。逆に涙が出そうになります。明らかに狂った時代でしたから。

 恐らくターゲットはコレクター以外にも、当時の実車ドライバーかと思います。ただやはり若干高いかなぁ。が「自分が所有した車を」はアリと思います。

 1/18、各社が”ハコスカ”ほかスカイライン各型を発売しています。売れているそうです。これは良いことかと。で(ほら忘失)マンガの登場マシンも売れていたり。良いことかと思います。

 が、興味対象外、ショップから「少数しか入らなかったので、取り置きしましょうか?」と言われてもスルー。歴史上に残るのでしょうが、私にとっての意味は皆無。「でも予約で完売寸前ですよ」。いいって。

 最近はこんな会話が多いのですが、でもこうして国産車が売れていく時代になったのは、ある意味で”カテゴリー”違えども良い傾向かと思いまして。

 それ以外は本当、何か「どっちつかず」モデルがたくさんに発売されている気がしまして。なんか語るに落ちると申しますか。

 F1の話を致しましょう。アロウズA8は良かったです。が実は先に海外通販で買いまして。どうして国内価格はあれほど高いのか?と。それでも送料でトントンになりますが、先に欲しかったもので。は良いのですが。

 で「今更」「こんなん誰が必要とするんじゃ」と言われた”プロストAP02 J.バトン テストカー”ですが、海外ショップの画像を見て驚きました。ケースが現行F1サイズになっちゃった!。つまり今後オールドF1も、現行のケースになるのか?。黄金率はどこへ?。まぁコストダウンの一環、じゃないよなぁ全然。
 

 
 

2016年6月25日 (土)

さて、再開しようかと 思ったのですが

 やっと仕事も一段落。後は製品完成を待つばかり。まぁ納品も大変ですが。

 と言うことで「さぁ再開」と思ったら「ネタないじゃん!」。ここしばらくは当然ですが当地のホビーショップにも行ってません。ミニカー新製品情報はメールでやってきますが「おう!」というモノは私には無かったかな?。逆にプラモデルに「おぉ!!」だったり、アメトイで「おぉ!!」だったりと。コレではミニカーブログ意味無いじゃん!(PMA FW07のプライベイター軍団発売されて少し驚きましたが。嫌いじゃないんですがねぇ、何か違うんだよなぁ)。

 Deadpool_poster 関係ない話になりますが

先日仕事の合間にコッソリ「デッドプール」観て参りました。観客6人!。

 R15ですが、まぁコレだけ映画で”遊ぶ”ことが出来ることにビックリしました。観客に話しかけるのは当然。登場人物が「オレのこと?」「今、観客と話しているんだ!」なんて。

 ただし、人を選ぶ映画、だと思います。アクションは素晴らしい。かなりエグイのですが。痛い!と言っちゃいます。原作同様に時系列が飛びますから、パニくる方もあるかと。

 まぁとにかく放送禁止用語と下ネタのオンパレード。他の映画を茶化したり(もう1歩踏み出したら裁判だろうな)。若干、差別笑いも。盲目の黒人老婆と住む。これは過去の映画にも出てくる話ですが。他の映画のクライマックスをバラしたり。”気付いたらば同性愛者だった”と公言した”老女優”をネタにしたり。翻訳した人は大変だっただろうと。でも悪役の「オレの名前を当ててみろ」の回答最後にに「Mr.ビーン?」と。翻訳者は困ったんでしょうかね、笑えない。マジ訳はスラングの「イXポ野郎?」なんですが。やはりアメリカ人じゃないと笑えないんだろうなぁ。そんな映画でした。ある程度知っていないと「なんですの?」と。私も実はパンフレットで「なるほど」が多かったです。間違いなく日本では作れない映画です。

XmenapocalypselaunchquadposterX-MEN アポカリプス

 「デッドプール」は「X-MEN」シリーズからのスピンオフですが、さてこの新作の評価が余り高くない。と言うか過去の作品もあまり私の好みではない。登場人物(ミュータント)皆が”立っていない”使い切れていない感じが。同じマーベルでもパラマウント(アべンジャーズほか)と比較すると、です。これはスルーだなぁ。

 次に期待は「スーサイド スクワッド」。9月かぁ。その前に「シン・ゴジラ」・・・期待できるかなぁ。 

 で、ミニカーネタは?。困ったものです・・・。

2016年6月19日 (日)

23時間57分後の悲劇

ルマンが終りました。

また女神は微笑まず。私自身もまだ結果を受け入れられていませんので、また。

コレもレースなんでしょうが、が、です。

寝させてくれ!

 寝させてくれ!です。

 ルマン24時間レース、面白くなって、今も観戦中。ちょっと落ち着きましたので、ながら書きです。

 トヨタ6号車とポルシェ1号車の、ピットでのトップ交代、と言う私的には”意外な”展開になっております。ついついお酒も進み増して。まさかアウディがターボ・トラブル等々で落ちていくとは思いもしませんでした。ただトヨタ5号車もトラブル抱え現状は4位。もし6号車に何かあればポルシェ1-2になってしまいますが。周回遅れを抜く際に、スキッドブロック削っていそうで心配でもあります。しかしデビッドソンの不可解なピットイン。コレなければ、なんですよね。

 LMP2クラスは平河選手の頑張りもあり現状トップ。このまま行ってくれ!。

 しかし意外中の以外はGTEクラスです。まさかフォードGTがここまで速いとは。私は「まぁ来年から頑張るんだろうね」だったのですが、お互い新車とは言えフェラーリ488GTEを喰っています。このままで行けば1-2-3フィニッシュです。ドライバーもインディカー現役レーサー揃えました。まさに60年代に「フォードがフェラーリを買収しようとして失敗。ならばルマンでフェラーリを喰ってやる!」の再現です。

 GTEクラスは完全にフォードとフェラーリ(AFコルセ RIGIはセミワークス)が、ポルシェとコルベット、アストンマーチンを”過去のマシン”にしましたね(GTE-AMAクラスではポルシェがトップですが)。

 明日、いや今日は仕事があります。そしてルマンも夜間モードに。この夜間モードに何があるか?。と言うわけですが、もう寝ます・・・完全仮眠時間ジャン。しかし夜間モードが実は悪魔の時間でもあります。だから面白いのでもありますが。さて勝利の女神はトヨタかポルシェに微笑むか?。アウディは無いとみました。

 F1ヨーロッパGP予選観ていません。結果は判りましたが、これ観なくていいかな?。ルマンのフィニッシュ後に決勝でありますね。それだけでいいかな?。

 6時まで観ていられません。が気になるのは確か。が寝ます・・・後45分?。観ようか・・・。

 しかしSPARK.いろんなチームにスポンサーしていますね。

2016年6月18日 (土)

ワクワクしますなぁ!

 さてルマン始まります。やはり前列にポルシェが並びました。これは皆様も予想通りでしょう。が、信頼性がどこまで改善されているのか?、コレがキーでしょう。スタート楽しみです。って明日の朝6時まで放送、これは仕事に差支えが・・・。明礬放送のゴールまでには帰らねば。やはりゴールだけは生で見ないと。何度見ても感動いたします。

 そしてF1。初開催のバクーでありますが、市街地コース。画像から、これがモナコに見えたりインディカーでのロングビーチ(昔はF1開催しておりました)に見えたりで。エスケープ・ゾーンもほとんどなく、旧市街地の石畳の上にはアスファルトを敷き詰めたとか。これ滑りますよ多分。まさにドライバー技量が試されそうです(となるとハミルトンかなぁ)。久々に面白そうなコース設定かと思います。AFVファンは「バクー」と聞くと「あぁドイツが油田確保の為に落とそうとした街だな」なんて。

 いずれにせよ本当に楽しみな週末であります。
 
 

2016年6月15日 (水)

昔と違うんだから

 ご存知の方も多いと思いますが、SPRAKから発売アナウンスのあった

S5018SPARK
レッドブルRB12
ロシアGP テストカー

 キャンセルになりました。なぜなんだろう?、カッコ悪いから??。ドライバー頭部を守る為、安全性の為のテストですが、FIAの圧力かよ?なんて。製造が難しいのかもしれませんが、どうしても「これは決定事項ではないから」と言う声が聞こえてくるようで。

 ”風防”付けるなんてフォーミュラではない、と言う意見がF1ドライバーにもございます。でも60年代、これは空力の為でしょうが風防付けたマシンは当たり前にありましたよね。

 結局はマッサの事故やインディカーでのジャスティン・ウイルソンの死亡事故から、何とかしないと、がFIAなんでしょうが。反対するドライバーは、まさに50年代の「死んでも構わない」なんでしょうか。

 逆にインディカーの方が実現に向けて動いています。「アメリカが」とバカにしている欧州FIAですが、今までどれだけアメリカのモータースポーツから安全対策を頂戴したことか。

 で皆さま、例えばの話です。「ドライバー頭部の安全の為に、戦闘機の様な”涙型”風防(当然曇らない様に安全な個所に穴をあけて、です)を今のF1マシンに付けたらば”カッコ悪い”と思いますか?」。私は風防もまた空力の一部になるであろうし、スタート前に風防が下りる。コレかっこよくないですか?。「さぁ始まるぞ」なんて。ただ雨天や湿気の高い際の”曇り”問題があります。でもソフト99があるではないか!(違うか?)。でもWEC LMP2クラスが”安全性”からクローズド・ボディになりましたしね。

 先日のインディカー テキサスGPでのJ.ニューガーデンとD.デイリーの事故、これ一歩まりが得ればニューガーデン死んでいますし、デイリーもニューガーデンにぶつからなければ、T-ボーン クラッシュでどうなったことか。
    

 「オーバルでのハイスピードだから。オーバルを止めればいい」、そんなことも言われているそうです。「F1みたいに予選で勝負が決まれば安全だ」。この方はモータースポーツをどう思っているのか?。そして「アメリカはバカだから」とも。違いますよね。古くはGr.C、当時IMSAでの安全性を採用し、HANSやディーザー採用したのはま、まずアメリカからです。

 50年代60年代初頭は「レースは事故死するのが当たり前、これこそが男だ」。騎士道の勘違いとでもいうのでしょうか、今はそんな時代ではありません。

 日本人はセナの事故死でショックを受け、F1をマイナー化した国でありますが、もしあの時に風防があったら?。ifは無用ですが、私個人はフォーミュラに風防が付いても全く構わないのですが、さて。

 忙しい中書いているんだから、FIAもキチンと動けよ!(違うと思う)・。

2016年6月14日 (火)

忙中閑あり

 知人より「会いたい、時間取れないか?」と。「1時間程度ならば」とお茶に。相談ごとです。「相談事?、裁判とか法的問題じゃないよなぁ?」そう、もうコチラにも負われている訳でして。「いや仕事の話」、ならばOK!。

 は、ともかく話は「F1」に。それもお互いに好きな”ヴェンチュリーカー”に。話は尽きません。時間になりまして別れ間際に「しかし一昨年走った中堅チームのドライバーは忘れるのに、なんでこの時期のチームやドライバー覚えているんだろう?」と。「恐らく”多感”な時期だし、雑誌を必死に読んだからだよ」なんて。

 しかし本当に不思議です。小学生時代に覚えたことって結構覚えていますよね。が昨日のことが思い出せなかったりする歳になってくる。

 今も昭和特撮アニメ、再放送されていない番組の主題歌が即歌えたり、怪獣の名前もすぐ出でるのに。

 たまに「記憶力すごいね」と言われます。そうじゃないんだと思います。まずは興味の問題かと。

 もし、その能力を当時「勉強」に使えたならば??、今頃こんなことしていないよなぁ、なんて感じました。

 しかし、忙しい中に一服の”良い風”が吹いたかのようで、気持ちよく次の仕事場に行けました。それだけでも楽しい時間でありました。

 

2016年6月12日 (日)

本当にそうだよ!

  いよいよルマン・ウィーク。非常に楽しみであります。

103903379194667873  チーム自らが出した宣伝

 この位の意気込みを見せてください!

 現状は5から6番手。這い上がれ!トヨタ!!

2016年6月11日 (土)

間抜け の上乗せ

 お休み、なんて言いながらも「お間抜け」が続く昨今です。

 組合理事会・・・「今回は延期にします」。ハイ、独禁法に触れるような内容を書いて提出したらば、そうなるでしょう。理事長、あなたは弁護士さんと相談しているのですか?。個人的にクレーム付けました。「この内容って独禁法にあたるの?」。当たります。XXX以外は不良品だ、当たり前でしょう。訴えられてください。もう辞めますから。

 さてPMAも何だか変ばラインナップですよね。レッドブル、M.フェルスタッペンやトロロッソ移籍したクビアト、これ判ります。まぁリカルドもOKしましょう。が、メルセデス勢ですよ、問題は。優勝したハミルトンはともかくもポンコツ演じたニコは必要か?。逆に中国GPでのWINNERニコ。そしてハミルトン・・・母国チームだから・・・そんなにメルセデスは人気があるチームなの??。

 これをして「もう完全にSPARKの時代だね」と言う方が多い。そうです。現行F1に関しては、コレクターが注目するであろう。モデルだけです。しかしPMAにF1に関し詳しい人がいるのでしょうか?。メルセデスが強い昨今、WINNERモデルだけ発売していたら儲かるとでも??。

 不思議でならないのであります。もはやベッテル レッドブルとメルセデスに関しては、当方は何が何だかわからない、これが本音です。私は口が悪いので言いますが、「間抜けに間抜け重ねてどうするのだ?」。私はPMAと言うブランド力はスゴイと思っていましたが、現状もはや100円ショップ並みの思いしかありません(こら)。以前の様に「1台に注力する」が無理になったんでしょう。自社工場を持たないメーカー。ココまでになるとは当方も思いもよらずです。

 オールド ロータスがPMAに流れたのが残念でなりませんし。その前にSPARK頼むぞ!なんて。少なくともSPARKの方がモータースポーツ知っていますよ。PMAは息子に交代しておかしくなった、かな?。

2016年6月10日 (金)

ネタも無いので

 何か仕事が異様に忙しくなってきました。「これ昨年よりいいんじゃない?」いやそんな感じで。ユーザーによっては昨年の倍、3倍なんてことになっております。
忙しいと楽しくなるのが私ですが、ミスも多くなるのも私。二重確認三重確認しておりますがミスります。で、これで交換に走る、また時間がぁ!。アホであります。

 来週末までビッシリ仕事が詰まりましたので、丁度面白いネタも無いことですし、月末にお会いいたしましょう!。23日まで休みなしです。

2016年6月 9日 (木)

これはアカンでしょう

 ブラジルで販売されている(らしい)「ブラジル人・ドライバーコレクション」、ちょっとびっくりしましたが、こんな車まで。

189978トールマンTG184
アイルトン・セナ

 前回も書きましたが、本当何社からんでいるかわかりませんが、当然このモデルはPMAではない。

 個体差かもしれませんが、こんなウイング傾いて、四輪接地できない様なモデルは「以前の話」な気がします。ixoかなぁ。まぁ廉価版ですから仕方が無いですかね?。

 こんな出来ならば日本向け「週刊F1 コレクション」やらなくて良かったんじゃないかなぁ、とも。

 

2016年6月 8日 (水)

世知辛い

 私共の仕事の中に「学校販売」と言うのがございます。主に部活動にて個人購入となります。

 教員よりも保護者や生徒が上の時代です。担当教員は「先に納品をしてもらって、お金を徴収してください」です。普通は同時か先払いですよね、この辺が保護者に言えないそうで。教員も大変、と言うか落ちちゃいましたね。「学校に来る際に落としたら大変だから」。これは理解できます。

 当方は「現金、あるいは郵便局かコンビニ支払にて」と払込み用紙を付けます。が払わない人も多い。請求すると、理由が「仕事で郵便局に行く時間がない」。「コンビニは24時間ですので、ついでの際に」。「近所にコンビニないんで」・・・山奥にでも住んでいるのか!、ですよね。

 最近は「カード支払い」と言う方も多い。本音言えば「千円程度でカード使われたらば、手数料で利益が飛ぶわ!」ですが、貰えないよりはマシ。でも「わざわざ会社に行くんですかぁ?」もありまして、ネット決済の会社と契約し、請求すればネット上で決済できるように致しました。コレがお客様に評判が良い。

 「カードを使いたい」、これはカードのポイントが貯まるからなんですね。それを多店舗で使う、そんな時代ですし結構です。同業者で「カード決済の場合は5%手数料を頂きます」と書いている店があります。知らないから?あるいは安売り?。これ商法違反なんです。もし言われたら「商法違反ですよ」と言って下さい。ただし「カードはXXX円以上でご使用ください」、これはOKですので。

 しかし本当に”世知辛い”と言いますか、「カード決済したい」と来たお客様。了解したのですが、担当者が納品したのをコチラに言わなかったので、御叱りのメールが。お詫びしインボイス(請求書)を送信したところ、「期日は2週間ですか?。その期間に払えない場合はどうしてくれるの!」と。あのねぇ、あなたが”カード決済したい”と言ってきて、インボイスの送信が1日遅れただけですよ。となると本音「あなたは本当に支払ってくれるのか?」となっちゃいますよね。

 「期間内にお支払の無い場合は、決済代行会社より再度請求書が送信されます。その場合、決済会社より遅延金請求される場合がございますので・・・」と返答したらば「それっておかしいでしょ?。支払時期は個人の自由でしょう」と。それ、おかしい。コチラは教員の顔を立てているだけで、遅延金がコチラに入るわけでもない。そんな返事しましたらば「アンタの会社はおかしい。普通は支払を待ってくれるのが当然でしょう?。家庭の問題もあるし」。家庭の問題は当方は関係ありません。遅延金で儲かるのは代行会社だけ。支払時期は個人の自由、それは商法上でも社会的にもおかしい。コチラが訴えたらばアウトなのに。「カード支払い」と言ったのは先方ですから。適当なこと言ってはいけませんね。

 昨日も「カード決済します」。インボイス(請求書)を送信しました。即「申し訳ないけれども、今回の決済は無かったことにして欲しい」と。がコチラに来た代行会社のメールには「カード会社からの要請で決済が出来ませんでした」と。で「大丈夫です。決済不履行でした、と言うメールが来ておりますので、コチラに入金されることはございません」。「何だ!その言いぐさは!。オレがカードでの支払いが出来ないみたいじゃないか!」「いえ、そうではございません。私も同じですが、カード決済の上限決めていらっしゃいますよね。恐らくはその金額を越えてしまったからだと思います。私共は”信頼していない”ではございません。改めましてインボイス送信しますので、他カードあるいは支払上限額を引き上げて頂き、決済をお願いいたします」。これって問題ない返事ですよね?。が「インボイスを送るな。違う方法を考える」。えぇ~。「払込み用紙をお送りいたしましょうか」。返事無し。

 以前「クレジットカードを持っていないのは”禁治産者”(自己破産者)の可能性が高い」と書きました。もちろん”現金支払い主義”の方もたくさんいらっしゃいますが、代行会社を利用してからは本当に評判がいいですし、逆に「助かります」と言う声が多いんです。元は海外の方の決算用に、だったのですが。

 コチラはお金が入れば、どんな手段でも構わないのですが、極少数”ブラック”の方がいまして、支払いをしないように画策しているみたいで。購入後2年経てば購入者は支払義務がなくなる、という法があります。これ知っているんでしょうね。

 これらを担当教員に言っても効力なし。「まずは保護者様が一番」。いつからアンタらは”偽善者”になったのか?、そう思ったりします。まぁ少ないですけれども。

 しかし請求の電話、とくに携帯。電話番号変えちゃうんですね。メアドも同様。恐らくは法律を知っていて「2年待って逃げちゃおう」かと思います。当然コチラは学校(教頭)に言います。「自分の子供の進学に問題が起きるんじゃないか?」と普通は思うでしょうが、それよりもペットの”バカ犬”が大事なんでしょうね。そう思うと子供が可哀そうです。聞きますと、同様に商品購入しては逃げて行ってしまうとか。ニヤリと思っているでしょうが、出てくる会社もありまして。裁判所から”差し押さえ”、警察から”詐欺容疑”が来ますけどね。両親が警察に連れて行かれる、それを子供が見る・・・悲劇だと思いますがね。

 子供は親を選べない・・・ペットの”バカ犬”すら”しつけ”できない、そして高級食材食べさせる前に、自分の子供をキッチリと教育せいよ!。教員からそんなこと言われたらば私等どうしたら良いの?。教員も言います「子供に罪は無い。成績も学校の振る舞いも悪くない」と。つまりバカ親から「こうなってはいけない!」と学ぶのでしょうね。
 
 本当に”世知辛い”世の中です。が、この様に「支払い方法」を多岐にしたことで、逆に普通の方からは”信頼”も頂戴した気がしています。お客様から聞きますと結構に無茶な取り立てしている店もあるようで。これはこれで良かったのかなぁ、とも思いますが、やはり人間です「2年経てば・・・」連中にイラッとします。でも、そこまでするならばコチラも簡易裁判所で手続するするだけなんですけどもね。が、その手数料も高い!。上手く行かないのであります。

 まぁ私等の業界も「生活保護」もらいながら”商売”している連中がいますからね。結局法律の”裏”さえすれば何でもできることで。本当に世知辛い。

2016年6月 7日 (火)

車と言うのは

 やっと愛車が帰ってきました。まぁ乗りなれているとは言え本当に運転楽です。約2週間超、違う車に乗っていたわけですが、もう腰は痛いし身体はしんどい。夕飯食べる気力もない位。1日ストップ&ゴーの営業で60kmほど走りますが「こんなに疲れる車なのコレ?」と思いましたね。

 以前も書きましたが、ATレバーが慣れないと使えない。何度信号待ちでエンジン切れたことか。これまた意味不明。DとBの位置が人間の本能とは違うので、間違えてBに入れて焦ったり。ブレーキ深く踏むと警告ランプが付きます。怖いからディーラーに電話したら「それ坂道で止まった際に付くランプです」「なんで?」「一瞬ですが、完全に車のブレーキが一気に作動して止まるんです」。私には意味不明です。車返す際に文句ではないですが「おかしくないか?」と。すると「新車は改善されました。仰る通りで、それで事故された方も何件かありました」と。ほら!。アクセル深く踏まないと走らないし。これで高速は怖いと思って乗りませんでしたし。加速がおかしいですもん。本当に事故しないよう、気を遣いました。これ普段乗っていらっしゃる方は、マジにどう思っていられるのか?。サスが独立懸架ではないこともあるでしょうが、ピッチングがひどく、舗装の悪い道ではハンドルとられましたし。本当にコレ「世界で認められた車」なんでしょうか???。

 しかし、それも全て「安全の為」なんでしょう。が、アクセル踏んだら普通に走る、ブレーキ踏んだら止まる、ハンドル切ったら曲がる。これらが安全の為とは言え「使いづらくなる」ではアカンと思うのですが。まぁ各社でアプローチが違えとは言え、本当今回ばかりは「あれは二度と乗りたくない」と思いました。

 そう考えると昔のカローラ バン営業車は良くできた車だったなぁ。

 

2016年6月 6日 (月)

”カオスの時代”

 上手い表現だなぁ・・・

51hiirsxflRacing on
「ウイングカーの時代」

 早速買いまして読みふけりました。「そう!そうだったよなぁ!」。楽しくて仕方がありませんでした。

 私はRacing onを創刊号から読んでおります。若干同社のAUTO SPORTSよりも詳しい内容と写真のきれいさが好きで。で季刊誌になったのが残念、とも思っていたのですが、何を!。季刊誌になってからの内容の深さ、コッチの方が面白い!。

 さて、「ウイングカー」についてはロータス79始め色々書いてきましたが、そこは素人。プロには負けます。「あぁそうだったんだ」なんて。当然ですが成功作ロータス79がメインでありますが、失敗したチームもキチンと書かれてありまして面白い。ただロータス80と酷似したコンセプトで作られた大失敗マシン、リジェJS19にも光を当てて欲しかったかな、とは一読者の意見で。

 成功作はロータス79と正常進化させたウイリアムスFW07シリーズです。リジェJS11も入れておきましょう。とりあえずロータス79の真似をして、プラスαで失敗したマシンも掲載されています。「マクラーレンM28とM29の失敗は先に書かれたちゃった」なんて。当然対抗するためのブラバムBT45B”ファンカー”も。大好きなロータス80もキッチリと。だからこそ”カオスの時代”と言う表現がピッタリであります。

 本当にこの時代は面白かったのであります。「ウイングカーでしか勝てない!」しかし、単に真似をしたアプローチは失敗すればアウトだった時代です。ただ、この時代はルノーが始めた「ターボ・エンジン」と言うのがありました。すぐに煙を吹くので”ティーポット”と揶揄されましたが、NA大排気量エンジン・チームは「ウイングカーに不利」とターボに活路を。

 大排気量かつウイングカー、当時はアルミ・モノコック。速いがドライバーの負担は大きい。そして82年のジルとピローニの確執から、ジルが事故死してしまう。82年は”呪われた年”と言われます。で「ウイングカーは禁止、フラットボトムで」。私見ですが、これは「ウイングカー」問題だけでは無いかと思います。なぜジルは車外に投げ出されたのか、とか他の安全性の問題もあったと思います。しかしターボ・エンジンは馬力が増えていく・・・。NAに戻したらばセナが謎の事故死・・・。安全性に確実な回答は無い・・・バイク・レーサーも先日事故死されましたね。

 時を同じくしてマクラーレンはMP4グループに買われます。そしてカーボン・ケプラー製シャシーやボディのMP4/1が登場します。もしも、もう少し前に登場していたら??。やめましょう。

 この年代はポニー・キャニオン社が総集編VHS出していました。出来れば再度DVDソフトとして発売してほしいのであります。知らない時代の方には絶対に観て欲しい、そんな面白い時代ですから。

 歴史に「もしも」は禁物ですが、82年に何もなければ、恐らくは今も「ウイングカー」によるF1が行われていた気がします。でもやはり”速すぎる!”で、ある程度はレギュレーション変更されているでしょうが。

 ちなみに次号は」「F1最熱狂期PART2」だそうで。セナ・プロではない中堅下位チームの特集PART2の様で。もちろん偶然でしかありませんが「お前買えよ!」と言われているような気がしておりまして。絶対に買いますが。

 1978年はロータス79の独壇場でありましたが、翌年からは変わっていく。優勝者は毎度変わる・・・セナやプロスト、シューマッハやベッテル時代。そして今のメルセデスでしか勝てない時代・・・ガチガチのレギュレーション。それも含め、この時代は面白かったのは間違いないのであります。知らない世代の方の為にも是非再度ソフト化して頂きたいのであります。70年代後半から80年代初頭に咲いた”仇花”としても。

2016年6月 5日 (日)

ミニカーで知ることも多い

 何か、こんなブログ書いておりますと、廻りから「えらそうに」と思われているんだろうなぁ、と思うことが度々あります。いや知らんことの方が多いのになぁ・・・。

 ミニカーって「教えてくれる」ことも多々ありまして。今回もそんなお話。

H7431311レイズ
日野レンジャー
警察本部警備部機動隊 トイレ車両

 こんな車両があるんですね!。
 説明文を引用します。

 大規模な災害や警備、事件など長時間現場に出る際に警察官達にトイレを供給するなくてはならない後方支援車両である。 この日野レンジャーをベースとしたトイレ車両は旧型のタンク式とは異なり、電気乾燥汚物処理装置をもっている為、車両内で汚物処理が出来る仕様となっている。

 なんかスゲェ!車両ですよね。何か使ってみたい。

 私などは「そういう場合は警察官はコンビ二とか近所の家で借りるんだろうなぁ」と思っていました。だって今日急に仕事場の前にパトカーが止まって、警察官が慌てて「すいません!トイレ貸して下さい!!」と着ましたもん。

2016年6月 4日 (土)

また一人・・・

元ヘビー級王者モハメド・アリ氏、死去…74歳
2016年6月4日(土)13時42分配信 読売新聞

 【ロサンゼルス=田原徳容】米CNNテレビなどによると、プロボクシングの元ヘビー級世界王者、モハメド・アリ氏が3日(日本時間4日)、米アリゾナ州フェニックスの病院で死去した。74歳だった。

 米南部ケンタッキー州生まれ。旧名のカシアス・クレイで出場した1960年のローマ五輪ライトヘビー級で金メダルを獲得し、プロに転向。64年に当時、最強と言われた強打のソニー・リストン(米)を破り、世界王座を獲得した。そのボクシングは、「蝶ちょうのように舞い、蜂のように刺す」と形容され、圧倒的なスピードと華麗なフットワークで一時代を築いた。

 私等で”アリ”と言えば「アントニオ猪木VSモハメッド・アリ」。当時は酷評されましたが、時間が経つにつれ、「本当の真剣勝負だった」と語られるようになり、内幕もわかるようになりました。

 私は「真剣勝負の意味は”命の取り合い”であって、本来スポーツ等ルールのある競技に使う言葉ではない」と教えられたことがあります。関係ない話ですが。

 あの試合は猪木の「アリを傷つけない」等の制約で、あんな試合しか出来なかった、と言うのが本当のところじゃないでしょうか?。ギミックもシナリオもなく、恐らく本当に「二人の世界」が”演じられた”のだと思います。

 しかし、本当に”昭和”活躍した方々が亡くなります。仕方が無いこととは言え、寂しいなぁ、と。

どこまで進む”高齢化”社会

 カッコいい題名で始まりました。が、正直私自身が驚きまして。予想は出来たのですけども。

 先般「パッソは高齢者の暴走を防ぐためにアクセル オンが遅い」と言う記事書きました。最近はセンサーによりアクセルとブレーキ踏み間違えても止まる機能が付いた車が出てきております。そんな車、面白いか?。はともかくです。

 さて、昨日は体調が絶不調。若干熱もあり、夜の営業(変な言い方だよなぁ)を休ましてもらい病院へ。と思ったらば協同組合でのトラブルの報告が入り、そんな時間も無くなりました。同業者非組合員から裁判にもちこむと。が当方は、非組合員の社長と懇意にしておりますので連絡しましたらば、明らかに協同組合のミス。と言うか理事会での決定を待たずに暴走した理事長独自の行動。でこちらは間に立ってしまいまして、「あぁもう今日は”一人呑み!」と。裁判になったらば組合辞めてやる!。

 で、いつものお店に行きまして。でカウンターで一人で飲み食い。週末の深夜で混んでおりました。騒がしい。いつもは大将と話しながらですが無理です。「あぁ一人になりたいなぁ」とスマホで昭和プロレス観戦です。

 で、私の横には30前でしょうか、二人の女性が呑んでいます。話からどうも”風俗関係”のようで。仕事の愚痴をこぼしています。が、愚痴は”流れてくる話”は面白い、しかし関係が始まると”うっとおしい”。

 給料が安いから店変わろうか、等々の愚痴です。面白くねぇ・・・。と聞いておりましたらば、「最近の客って”高齢者”ばかりじゃなん!。私今日も70歳くらいのお客相手、でXXないからって。テクニックの無いお前が悪い、これっておかしいじゃん!」「そうそう、もうお客は”高齢者”ばかり。若くても40歳後半だね。で結局フィニッシュせずに時間来て、延長もせずに帰る。まぁ良いんだけど、これ店長にクレーム言うんだよね」「今日、私も店長に怒られたよ。でもコレ私等の問題じゃないじゃん」「そうそう。で、たまに若い兄ちゃんが”Xおろし”ですなんて来て、こっちはSLじゃないのに。で緊張してフィニッシュなしで帰って行くじゃん、でまた店長に怒られてさぁ」等々。

 面白いなぁ、と聞いておりましたら、酔いが回ったのでしょう「お兄さん一人?、寂しいねぇ」と。「お互い悩みは果てないから放っておいてもらえばいいから」「カッコいいこと言うね。大将、コチラに生ビールあげて!」と。「いや、気遣いなく」「いいから飲んでよ」。頂きました。

 これ本当は”頂くと面倒くさい”。話に入らなければいけませんから。で早速話が始まりました。「お兄さん、独身?、それとも奥さんと上手く行っていないの」「いや、そんなこともないんだけども」「じゃなかったら一人で呑みに来ないよ(爆笑)」「いやね、仕事や家族、知り合いの人間関係でナーバスになることあるじゃん。友人も”今日はあかんわ”あるじゃん、それだけの話で。カッコよさならばショットバー行くじゃん」「おぉ!御一緒!話ましょうよ」と。

 「高齢者しか来ないのは昔から同じでしょ?。若い子お金持っていないもん」「そう思うけど、最近はちょっと違うね。ボーナス期でも若い来ないもん。で”年金が入ったから”とか言うし」「公X員?じゃないの。じゃなければ年金で風俗には行けないでしょ?」「わかんない。でも”薬飲んできたから”とか、下手すりゃ自分の父親か爺さんと同じ世代だよ。これってどう思う?」「高齢化かつ金持っている層が、そこなんでしょ?。だって俺らも昔20代では高すぎて行けなかったよ」「違うの、私等の店はマジで安いの。若いサラリーマン対象だから」「でも1万円とか今の子出さないよ」「そんなに高くないって」「昔は上司が”連れてって”くれたの。でもそんな時代もオシマイ。若い男性はAVで”自家発電”なんじゃない?」「言えてるかも!若い子話が面白くない!でAVみたいな要求してくる(笑)。あんなことは女優が金額アップだから出来るんだよ!”AVで観たXXXお願いしますなんて。バカじゃん。で”ハーフ”がいいとか”ヨーロッパの子はいないの?”って、さぁ?」

 もう一人の女性「アンタAV観てる?」「いや何年も観ていないなぁ」「一度ねレンタル店のAVコーナー行ってごらん。ほとんどの客は高齢者だから」「そこまで行ってるの??」「私、去年までAVの”企画タレント”だったから。単品じゃ売れないAVに出てたからわかる。レンタル店の反応が直接会社に来るから。で儲からないからやめたの」。

 私「でも高齢者であろうと何であろうと納得して帰らせれば問題ないんじゃないの?、金は払うし」と。「そう。だけどXXない人が多いし、”良いよ大丈夫”で満足する人もいれば文句言う人もいてさぁ。で年寄りは行為ではなく”身の上話”して帰って行くし」「いいじゃん、それは楽じゃん」「でも私たちはヘルパーじゃないから。指名が入って”身の上話”、そりゃぁ店は儲かるかもしれないけれど、私等も女性だし、もしや・・・ねぇ(笑)」「でも”恋人”とかいるんでしょ?」「こんな商売していて”男”出来ると思う?」「いや”ヒモ”でさぁ」「バッカじゃない?。相当の美人かテクニックなけりゃぁ無理だよ」。

 「じゃぁ若い子が欲しいんだ?」「じゃなくて”遊び慣れた”人がいいの。2時間だ、と素人が言って酷いことされた子もいるし、中にはXXザもいるじゃん」「ヤXXの方が楽じゃないの?」「いや怖いよ。クXリどうだ?とかあるから。あの人たちは私等を人間と思っていないよ!」「で、本業何なの?」「ヘXス嬢」「お金欲しかったらSLの方が儲かるんじゃないの?」「それ皆考えているの。だけど面接が厳しいの」「(おせじ)決してブサイクでもないし、稼げるでしょ?」「あのね、SLの低価格店も私等と同様なの。トップは若い子でしょ?。私等いつ呼ばれるかわからない2軍になるの。だからヘXスなの。お金稼げるのは高級店でしかないの。お兄さん、本当に遊んでいないね!、判っていないね!」「失礼しました。私は”お金”が酒や旨い物に変わるので」「お兄さん、私も旨いわよ!」。上手い!じゃなくて「お前が言うな!、ババアのネタか!」。
 というわけでお開き(お話の方ね)。「お兄さん、今からカラオケ行くけど?」「もう少し飲みますから楽しんできてください」と。もうベロベロな相手は面倒。帰りに「お兄さんだったらサービスするから」と名刺渡されましたが、即廃棄。というか、こんな場末で仕事しているんだ・・・とも。

 そんなことしている内に店内がすきました。大将「大丈夫だった?」と「なんで?。アレ風俗嬢の手口じゃん。と言うか、場末で仕事している時点でサービスはアウトでしょう?。トップ狙うならば場所が違うじゃん!」「俺も誘われるんだけど行かないよ。でも”行ってきた”と言うお客さんが言うには、”もう客が年寄りばかり”なんだって。で若いお客を風俗嬢が取り合いしているみたい。高齢者は時間がかかるでしょう、そう言う意味で敬遠されがちなんだって」「ということは彼女たちの話は本当ですね」と。高齢化問題、安倍さん何とかしろなんて。

 「時代は変わっても結局は”裏”があるわけで。XXしなかったら結局はダメになって行くんかねぇ?」「こればかりは”性”ですからねぇ」・・・と旨いイワシの一夜干し食べながら大将と語りました。イワシ、キビナゴ旨かったぁ。

 と言うか少子高齢化、並びに人件費の高騰で、マジな話、このような風俗業界もヤバいのではないか?。浜の真砂は尽きるとも、世にXXXは尽きまじ、の世界も”超高齢化”には勝てないのか?。

 でも、なかなか聞けない話は面白かったです。

2016年6月 3日 (金)

買ってまうだろうが!

 まぁ私等世代は、ありがたいと言うのか「バカ」と言うのか、昭和日米ヒーローの洗礼を受けて育ってきたのであり、それをこの年齢まで引きずっているのですが。恐らく日米ともに「コイツ等ターゲットだな」商品がジャンジャン出てくるわけでして。特にウルトラマンが50周年。仮面ライダーが45周年。アメリカは「宇宙大作戦」放送50周年。と言うことで大変でございます。

Page73552メズコ
ONE:12コレクティブ・シリーズ
「宇宙怪人ゴースト」

 コレ出しますかね!?。
♪ゴースト、ゴースト、ゴーゴー ゴースト~アランもケイトも着いて来い。ビッキーおくれるな(ウキキキキ!)~♪

 本題は「Space Ghost」でハンナ・バーバラの作品ですが、今回調べたら20話しかないんですねぇ。なのになんで歌えるのだ?。

 このONE:12コレクティブ・シリーズは既に「宇宙大作戦」のメンバーやマーベル・コミックスのメンバーの発売が決まっておりまして、1/12にも関わらず、ウェアを着せて、なおかつ可動範囲が広い、日本の1/12とは違った展開をしています。で、ヘッドもサンプルでは似ているので、期待できるシリーズだな、と遠くから見ていましたが、コレは・・・。ビッキーも付いてきます。

 私信:匪石さん。自慢しに行きます。コレを予約せずに何を予約する!。でもハンナ・バーバラ シリーズ続いたらヤバいなぁ。

Ref673552 しかし、私はいつまで「引きずる」のでしょうか。

 マーベル ユニバースも最前線、「デッド プール」も観に行きます。

 あぁ難波の「ユニバース」が懐かしい・・・関西ネタジャン!

2016年6月 2日 (木)

またまた頭が下がります、と思ったら!?

 もう、変な別注品やめませんか?。いくら再販するから乗ってやれ、と言ったって、いくらXX周年記念と言ったって。で毎月発売していくそうで。1万円超えるものを15種も発売する。その15種はチームがチャンピオン獲ったモデル。セナ・モデル再販便乗だけではないですが、否、恐らくPMAの問題で数年後になるモデルあるいはキャンセルもあるでしょう。は個人的な感想と「もう、そんな時代じゃない」感。単なる台紙違い別注は終わりを告げた、と思ったらば、今更発売です。もはや同じ金型モデルがでセコハン市場で安く出ている時代です。そのやり方は”終わった”のであります。今は別注品の時代の中心はモデルのXXXGPの精密再現でしょう?。まぁ個人的嘆息です。そして誰も取り上げてくれない、コレクターも話題にしない別注品もかわいそうな気もします。個人的には代理店に頼まれた気がしてなりません。「在庫処分で!」みたく。叱られるのは覚悟ですが、もし本当に好きならば「これは売れる!」と思いますか?。私が担当ならば15種は無理だ、と言います。欲しい方は当然購入してください。が、当方にとっては久々に「引く」別注品であります。既に20年以上の金型を、まぁ多少デカールで体裁整えてもタバコはNGですし、本当に残念です。

 さて、またまたアニメやゲームにて、今まで見向きもされなかった艦船やAFVモデルが模型化され、昔からのファンとしては感謝しております・・・と何回書いたことか?。

 そんなモデルがまた一つ・・・

Bundesarchiv_bild_134b0676_flugzeug グラーフ・ツェッペリン

 決して”鉛のツェッペリン号”ではございません。

第二次大戦中、ドイツ海軍が唯一建造した航空母艦です。
が、空軍と海軍の勢力争いやヒトラーが興味を失ったことで放棄。「海軍はUボートで十分」など。その後にドイツ艦船が連合軍空母にドンドン撃沈される為、再度起工しますが、ドイツ海軍を見放したヒトラーそして既に時代遅れになった空母をどうしようもすることなく、そのまま終戦を迎えます。260mと言うと日本では「赤城」や「大鳳」とほぼ同じ全長ですな。艦船は排水量が問題ですけれども。意外と大きい。

 さて今までは「1/720 ドイツ・レベル」社しか無いモデルで、しかも非常に作りづらいものしかありませんでした。コレ作ったことありますが、ストレスばかりで。飛行甲板が歪んでいるんです。まぁ昔の海外模型にはよくあることでした。

 それを、この度「ハセガワ」社が”艦これ”として発売すると!。ならば通常版も発売されるであろう!。これは作らねば・・・。

 あれっ?完成サンプルはどこかで見たことがある。今の時代の新商品としたらばマスト類が緩いぞ??。「スケール1/720?なんで??」。とよく見たら「ドイツ・レベル社とのコラボレーション・モデルです」。

 なんだぁ!。エッチングパーツは付くみたいですが、コレはアカン!。ここはタミヤ社がイタレリ社とコラボする際にみせるシャープさ、これハセガワ社に求めたい。のですが元が元だからなぁ。

 艦船模型、何で海外は1/720なのかは今もって謎であります。恐らくは日本の1/700がおかしい、と海外から言われそうですが。

2016年6月 1日 (水)

参りました!

 飲み会で泥酔熟睡して観れなかった「インディ500」を観戦。今年は第100回と言う節目の大会です。

 まぁ最後にビックリな結果に

Alexanderrossi ルーキー アレクサンダー・ロッシの優勝!。
最後の燃費競争に勝っちゃった!。勝っちゃった、と言うのはルーキーだからこそできる、完全な”賭け”だったんです。

 今季マノーF1との契約を”リザーブ・ドライバー”にされてしまい(ヴェアレーンがねぇ)、ブライアン・ハートのチームで走り(アンドレッティ・オートスポーツとのジョイント)、解説人から「F1で辛酸をなめさせられたルーキー」なんて言われて。序盤戦から速さは見せていましたけれども。

 前述したとおり、もちろんルーキーですから”燃費レース”に”賭け”が出来たわけですが、過去にもそれで優勝を逃したドライバーを何人も観ました。ホワイト・フラッグで13秒後方にチームメイトのカルロス・ムニョス。万年2位ドライバーと言われた男が、ついに!?。と思ったらばロッシが逃げ切りました。ロッシは第4コーナーで既に”燃料ないぞ!”状態でしたから。

 この最後の”燃費レース”を演出したのは、163周目の佐藤琢磨の単独クラッシュでのイエローでした。佐藤琢磨はインディ500の運を使い果たしたみたいですね。今回も特別ヘルメットで参戦。しかし映ったのはクラッシュ時以外は7位争いの3ワイドだけでしたねぇ。でもコレで各チームの燃費計算のやり直しが始まったわけで。もしその後にイエローが出たらロッシの優勝は無かったでしょう。

 インディ500はスタートでは優勝者は判らないことが多いです。私はハンター・レイかな?と思っておりましたし、途中で意外とディクソンが来る気が・・・ハズレ。でもロッシの燃費走行を助けたのは周回遅れになったチームメイトのハンター・レイじゃないか?と。前を走ってくれていましたね。

 今季はマックス・チルトンも出場しております。マノーかよ。が決して「F1よりも劣る」わけではありません。全くカテゴリーが違いますし。

 インディ500には昨年事故で亡くなったジャスティン・ウィルソンの弟さんも出場していましたね。

 しかし記念すべき第100回目にルーキーかつシリーズ初優勝とは。いや本当驚きました。だってスポンサーもなく、インディ500の予選前日にカーパーツ販売会社がスポンサーに着いたくらいですから。参った!。

 あぁでも本当、1/43インディカーどこか作ってくれませんかね?。1/18のトイGREENLIGHTや佐藤琢磨の”もっさり”プレミアムX”モデルではなく。インディWINNERシリーズ始めたSPARKに期待したいですけども。版権はGREENLIGHTが持っているみたいですねぇ。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

***

**

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31