*

  • ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
  • DMM.com DMMポイントオークション
  • DMM.com CD&DVDレンタル

リンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

どれだけの会社が絡んでいるのか?

 「週刊 伊400」を諦め、1/350でも作ろうかと思っているわけですが、ご存知の方もあるかと思いますが、日本で「週刊 F1コレクション」と言うのが始まる!、と案内があったのが昨年。それから何の音沙汰も無く。

 ただし、A社やD社は「まず地域販売で様子を見て、評判良ければ再度全国展開」と言う形式をとる場合がありまして。当地ですと「週刊 大映特撮映画全集」でした。5枚ほど発売されたら「えっ?また出すの」と。後で理由わかりましたが。なので、もしかして5台くらいどこか地域で発売され、あまり評判が芳しくなかったのか?とも考えるわけです。ただしラインアップに「これは、どうなの?」と言うようなマイナー・マシンもあり、正直私の中には期待よりも不安がありました。新たに金型起こすのか?なんて。

 さて、海外では南米で「ブラジル人ドライバー・コレクション」、欧州では「F1ワールドチャンピオン・コレクション」が展開されています。これらは皆一応に”ALTAYA”として一まとめにされているようですが、D社のような世界展開しているブランドの一つみたいです。イタリア語で日本で言うKIOSKのような感じらしいですが。これはよくわからないというのが本音です。

 当然ixoのモデルの廉価版を使用しますので、恐らく旧ビテスが分裂した際に持って言ったであろう、ONYXの金型や、これ未確認ですがEBAの金型使ったモデルを使用しているみたいです。

69548が、ですね。このような新しいモデルもありまして
メルセデスW05
ルイス・ハミルトン


 当然、金型持っていないですよね。で同時にレッドブルRB9もみつけたのですが、どうやらコーギーではないか?と。ご存知コーギーは”もっさり”した出来栄えです。一体成型のもっさりリアウイングとかみますと、そう感じます。W05は発売したはずですが、コーギーはスルーしちゃうので、確証ございませんけども。

 ご興味ある方はドイツの各ショップ覗いてみてください。ガンガンセール中ですので。

2016年5月30日 (月)

無駄こそおもしろい

   こういう無駄な実験ほど面白いものです

  先代パッソ故意に遅い加速に
 先代パッソが、アクセル全開でも加速するまで5秒近くもかかったのは「老人や主婦のため」だった
 ちょうど今から2年前、フェラーリ458イタリアとトヨタ・パッソによる異種格闘技戦を決行しましたが、誰も覚えてませんよね? こんなの比べてどーすんだ? と言われましたが、世界初の対決でした(たぶん最後?)。そんな思い出のパッソがフルモデルチェンジ! 再びイタ車(今度の相手は等身大?)と比較してみました。
MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
◆老人や主婦向け車のアクセルには、なんと振り込め詐欺防止装置が付いていました!
 我らSPA!オートクラブスタッフの精鋭にとって、トヨタ・パッソは思い出深いクルマだ。なにしろ一昨年、フェラーリ458イタリアと比較のため、ともに鳥海山まで遠征したのであるから。
 当時先代パッソは、トヨタ渾身の「ガソリンエンジンとして世界最高クラスの熱効率37%」を誇る3気筒1000ccエンジンを搭載していた。我々はこれぞトヨタ・ガソリンエンジン技術の真骨頂と考え、もう一方の究極のガソリンエンジンであるフェラーリのV8・4500ccとの比較を試みたのだ。
 結果は悲惨であった。フェラーリは速すぎて時速100㎞をキープするのが非常に困難だったが、パッソは逆に遅すぎて、アクセルを床まで踏み込んでも加速し始めるのに5秒くらいかかった。あまりにも加速が悪いため、フェラーリと同行するにはアクセル全開の嵐とならざるを得ず、燃費もリッター16㎞台に低迷したのであった。
 しかしそれでも、水色のパッソと走った日本海沿岸は美しい思い出だ。まさか大トヨタの真骨頂があんな劣等生だなんてちょっとカワイイじゃないか! 見た目も最高にダサくて垢抜けず、100%憎めない100均のサンダルのようなクルマであった。
 そのパッソがフルモデルチェンジした。今回はトヨタではなく子会社のダイハツが全面的に開発を担当し、軽自動車づくりのノウハウを小型車に投入したそうだ。
 つっても実は先代パッソも実際に開発したのはダイハツ。そんなに変わらんだろうと一切期待せずに試乗したところ、度肝を抜かれた。
 意外とイイのだ。見た目は相変わらず垢抜けないが、インテリアは大幅にオシャレになり、ペナペナのヘロヘロだった走りもしっかりした。原チャリ並みだった加速もかなりマトモになっている。しかしパワーは69馬力のまま。一体ナゼ?
 ダイハツ開発陣によると、実は先代パッソは、老人や主婦ドライバーが間違ってアクセルを深く踏み込んでもムダな加速で燃費が落ちないように、わざと反応をウルトラ鈍くしていたのだそうだ! が、お客様から「遅すぎる」という声が多数寄せられ、今回はフツーにつくったという。そうだったのか!
 つまり先代パッソのアクセルは、振り込め詐欺防止装置付きみたいなもんだったんね! まさかそんなクルマづくりの哲学があったとは! そんなんでフェラーリと遠征すりゃ苦労するわいな!
 とにもかくにも、新型パッソは大幅にマトモになりました。
値段は115万円~。近ごろ貴重な格安小型車である。これならみなさまにオススメできます。
「ちょっと待ったー!」
 流し撮り職人・池之平昌信カメラマンが異論を唱えた。
「115万円~なんて高すぎ! オプション込みで乗り出し150万円オーバーでしょ? 僕のパンダは車両本体30万円。でもパッソにはあらゆる面で勝ってます!」(職人)
 池之平昌信氏は、お子様の教育費等の関係で、クルマ購入予算は常に50万円未満。パッソの新車など絶対買えない。そこで先代フィアット・パンダの激安中古車を購入した。ブルーのボディはあの先代パッソのようにかわいらしく、デザイン自体が超オシャレ。女性や子供に大人気だそうだ。60馬力しかないので加速は悪いが、左ハンドルMTを全力駆使すれば、たぶんパッソを上回る。ホイールやタイヤ、マフラーなどを交換する激安合法チューンを施しても合計45万円。これが45万円で買えるなら、新型パッソに150万円なんてアホらしくて払えるか!(払えないけど) 職人は、そのような主張であった。
 そりゃまあ、この2台を比べたら断然パンダがカッコよくて楽しくて安いわけですが、田舎の古民家に住むようなものなので、一般人はそれよりアイダ設計の555万円の新築を好まれるのだと思います……。
【結論】
 2代続けてフェラーリとパンダというイタリア車と比較したパッソですが、パッソは典型的な日本の「動けばそれでいい」層向けのクルマでございまして、わざわざイタリア車と比べても何の意味もございません
(SPA! ) 2016年5月29日(日)配信


  英国 Top Gearを思い出しました。全く無意味な実験、しかし面白い。そして「振り込め詐欺防止装置付きみたいなもん」、すげぇ例えですねぇ。そうか、だからプリウスもアクセルの反応が遅いのかもしれませんなぁ。

 で、結論がコレですからね、自分でわかりながらも実験する。次は「リーフよりもなぜテスラが売れるのか?」を是非に。

2016年5月29日 (日)

アタリましたね

  モナコGP、予選のP.P当てた方は多かったんじゃないでしょうか。

  レッドブル、リカルドお見事でした。マックスは若さと焦りがあったかもしれません。が今回はレッドブル有利、と判断した方は多かったと思います。

が、決勝は変わるかもしれません。第1コーナー勝負でしょう。もしリカルドが抑えたらば、面白いレースに。逆にメルセデス勢に取られたらば、ですが。

  しかしフェラーリ勢、何だよ!。序盤戦とはいえ、もう先に期待出来ないじゃん。誰だよ、今年は5.6戦優勝すると言ったヤツ。もう期待やめ。

   さぁ決勝楽しみですが、飲み会がありまして、恐らく、月曜日観戦でしょう。インディ500も同様ですな、起きていられない。

2016年5月28日 (土)

大変だよなぁ

 SPARKポルシェ919 ルマンWINNERとTSM発売のロータス99Tにデカール・エラーがあったのはご存知かと思います。ほとんどの方は”泣き寝入り”かと思います。恐らく購入店も「どうしようもない」だろうと。せいぜい「返品」だろうと。

 が、動くところは動きますね。大阪大手専門店「ロム」さんは、ブログに「ポルシェは既にスパーク・ジャパンに”修正デカール”を作らせました。ショップ購入の方は全て対応」。って100台以上販売しているみたいですよ!。コレを全て貼りなおして送りなおす。TSMロータスも「通常品の発売を中止。キチンとしたデカールにて販売」と。これって恐ろしく大変な作業でしょう。

 「当たり前のこと」と思う方多いかと思いますが、なかなか出来ることではありません。恐らくSPARKポルシェ修正でカールは他店にも回るでしょうが。TSMに関してはデカール探してくるしかないでしょうね。

 でもメーカーの責任とは言え、キチンと対応することって難しいことなんですよ。小売や営業していますと本当に感じます。「メーカーはバカか!コッチで直そう」てなことは何度もあります。納期間に合わない場合もありますし。

 ただ、「ならば」と他店で購入した方が「オレもくれ!」はダメですよ。そんな人が多い。コレは購入店での対応を聞くか、対応無理ならば「他店で購入したのですが」と正直に相談するべきで。本当、最近ウンコさんして、お尻を他人様に拭いてもらおう、と考えている方が多いです(こら、ほかの問題の怒りをココに書かない!)。

 このような対応が”信用”に結びつくわけで、改めまして、これは見習わなければ、です。



 

2016年5月27日 (金)

E社よ、お前もか!

 本当に艦船模型AFV模型ファンは、頭を下げないといけないアニメやゲーム。そのおかげで今まで見向きもされなかった艦船やAFVが発売されるようになりました。とは何度も書きましたが。

 で、先日「えっ!」とビックリしたのは

Page75238エブロ
ガールズ&パンツァー
”Ⅳ号 D型”

 「エブロがAFV発売するの?」

ビックリしました。
ただディフォルメ・モデルとは言え、砲塔部がイマイチでⅣ号には見えませんが(個人的感想)。

 ならば

Page75239 エブロ
ガールズ&パンツァー
「KV-Ⅱ」


 旧ソ連の自走砲。砲塔が重たすぎて傾斜地では砲塔が傾く、と言う面白戦車(自走砲)でありました。が、第二次大戦初期にはドイツ軍には脅威の自走砲。ドイツ軍も捕獲対象として使われました。

 こっちの方が可愛らしいですしディフォルメも上手いかな、と。

 最近フジミが、このようなディフォルメ艦船や戦車を発売しております。簡単かつ精密なので、たまに私も買うことがあります。1時間は楽しめます。

 その中に

69566_3フジミ
チビマル・ゴジラ


 という物がありまして、これまた簡単に作れるのですが
どうしても「これはミレニアム版だな」と”昭和ゴジラ”に改造したくなるんです。
 現在、初代ゴジラは完成。次は「モスラ対ゴジラ」、モスゴジに挑戦しようかと。いくつ買うんだ、全く。しかし、ストレスためて仕事から帰る、良いことは何も無い。そんな時は作ることで全てを忘れさせてくれるのでもあります。ついでに?「66式メーサー殺獣光線車」も作りました。

 おっと、話を戻しますが、エブロは今後どこまで行くんでしょう?。まさかディフォルメ・マクラーレンなんて発売しやぁしないか?。やはり模型メーカーの道に活路を見出すのでしょうか?。「KV-Ⅱ」は買いそうだなぁ。

2016年5月26日 (木)

待望久しく

 やっとお待ちかねの

Img_2926_2SPARK
ロータス80 テストカー
マリオ・アンドレッティ

 到着しました。カッコいい!が走らないマシンです。

 恐らくは”ヴェンチュリーカーの到達点”であろうと思います。
フロントノーズまでも空力パーツ化し、横から空気が入らないように、スカートで蓋をして・・・。

 結局は縁石でスカート破損したりすると、一気に運転困難になり、改良された80がレースに出ます。

Img_2927 ドライブ・シャフト部も蓋をして。発表時は「これリアウイング?」的なフォルムでした。もっと過激なデザインでしたが。同じようなコンセプトで巨大なマトラ・エンジンを搭載し、やはり失敗したリジェJS19もアナウンスされておりますね。これまた楽しみ。
 マリオ・アンドレッティをしても運転が困難だったと。ヴェンチュリーカー御馴染みのピッチングが激しく巨大なダウンフォースの影響で腰を痛めるとか、色々ありまして。結局前年度マシン、ロータス79を引っ張り出してくる。同僚カルロス・ロイテマンは「乗りたくない」で。これが後のロータス88に進むわけですが、これはFISAが却下。ただしコチラの方が身体には安全だったようです。

 さて最近思うのですが、エンジンパワーが落ちたF1。現行見ていますとシャシーよりもエンジンに目が向けられていますよね。この当時のシャシーはアルミモノコック。もし今のエンジンパワーで「ヴェンチュリカーOK」となったらば、どうなるかな?と。ロータスも当時のフェラーリ等の大排気量エンジンに対抗する為に考えたのがヴェンチュリカーでしたから。PU争いも良いですが、シャシーや空力パーツに関してもう少しレギュレーションの基準を緩めて欲しいなんて思います。

 もうこれで今年はミニカーはいいや!。私にとっては、そんなモデルであります。

2016年5月25日 (水)

到着お待ち申しております!

 以前に書きました、9月公開の「スーサイド・スクワッド」。”ハーレイクイン”の狂気とファッションに注目と。

 早速フィギュア発売が決定

Page72422マフェックス
「ハーレイクイン」

約1/12かと。早速予約いたしました。
ホットトイズが1/6を発売するようですが、高価であろうことと、DCコミックであることからスルーするつもりです。ホットトイズはマーベルだけで十分。

 と書くと「あぁあいつもアニメおたくのロリータ趣向なんだなぁ」と思われる方があるかもしれません。これ全くありません。

 今は現状のアニメも特撮も全く観ておりません。アニメを観なくなったのは、マジンガーZとか見ていた世代ですので、その後のロボット・アニメ「なぜ主人公が”女性”なの?」コレが今も違和感があります。どこか”現実主義”の人間。超能力を持っているから、人間じゃないから・・・等々語られますが、どうしてもマジンガーZ世代は、アフロダイAを守るのだ!なんて。

 友人にアニメ・ファンがいまして「エヴェンゲリオンはウルトラセブンだ」と言われ借りたソフト。2話目途中だったと思いますが熟睡しました。最終話は最終話ではないそうで。私には「合わない」と言うことで友人にストーリー聞きましたが、マニアの話には付いていけません。まぁ知らない方に”F1とは?”、同様です。どこが”ウルトラセブン”かも判らず、。で、その製作者が「シン・ゴジラ」でしょう?、期待しろは無理です(観る前から負けることを言うな!、ですが)。これ前にも書きましたかね?。

 女性差別ではないですよ。女性を守る力、古いヤツかもしれませんが、これなんですよね。なのでたまに飲み屋で「ガンダム世代でしょう?」と聞かれ、右往左往。否定はしません、嗜好ですから。ただ、ガンダムはキチンと観ていない。同様に”平成ゴジラ”でも「ゴジラが来る!」誰でしたっけ、女優さん。この時代には”超能力=インチキばかり”と言う暴露時代でしたね。従いましてそのセンスを疑いました。引いちゃうんですよ、どうしても。

 さて戻りまして、元々のコミックスでの。”ハーレイクイン”は

Showbizcaradelevingneharleyquinnこんな感じの”ピエロ”的であります。

また武器は”大型ハンマー”と言う、日本のマンガも使ったかな?です。

日本のマンガやアニメを否定する話ではありません。以前にも書きましたが、アメコミは原作者ありき、で後は描く側の”力”であります。

 もしONE PIECEの主人公(ごめんなさい、本当に疎いので)の絵のタッチやデザインがガラリと変われば怒る方も多いでしょう。が、アメコミは絵を書く作者の力量が問われるのであります。

 で、毎度マーベル映画に行く友人に「スーサイド・スクワッド、観に行かんか?」と打診しておりますが、マーベル・ユニバースに染まり、かつ「バットマンVSスーパーマン」を観に行って落胆した友人は「DC映画に何が残っているのだ!」と。その続編が来年末に公開されることが決定致しました。ホームレス半魚人やランタン持った緑の人が参加するのでしょう。全く期待していません。
 そうなると「スーサイド・スクワッド」、コレ大丈夫かなぁ?。少なくとも”ハーレイクイン”だけは”狂気”演じてくれないと・・・。

 余談、ファッション関係に将来を託した私の子供たち。この”ハーレイクイン”には驚くほど注目しております。海外志向が皆強いので、誰かハリウッドでの衣装デザインに行けないだろうか?。親の欲目と言うか「頼むから、オレを製作の裏側に連れてって」なんて。かわりに監督するぞ!(こら)。

2016年5月24日 (火)

モータースポーツ月間

 さて今週末は「第100回インディ500」と「F1モナコGP」でございますね。で、来月18日には「ルマン24時間レース」と、毎年楽しみな時期であります。

Img_2919SPARK
ポルシェ919HV
N.ヒュルケンベルグ、E.バンバー、N.タンディ組
2016 ルマン24時間レース WINNER

 遅いぞSPARK!。と思っていたのですが、昔のSPARKはその年のルマン直前に発売していましたっけ。これがドカン!なんで困ったことを思い出しましたが。

 ルマン、今年に限れば予想が付きにくい気がします。ポルシェとアウディの戦いになりそうですが、ポルシェは速いですが信頼性に問題がありそうです。スパでもHVに異常発生しましたし。本命は完全新車のアウディかと。今年のLMP1 HVクラス3ワークスは全て2台体制ですが、どのチームも1-2は難しそうですね。トヨタは昨年よりは格段に良くなっていますし信頼性も高い。が予選の速さだけで見ると、やはり優勝は難しいかなぁ。アウディとポルシェにトラブルがあっての3位表彰台?。ルマンの女神はトヨタに中々微笑んでくれませんね。そういえば昨年は「Ni」と言うチームの話題で持ちきりでしたね。ありゃぁ結局なんだったんだ??。

 さて「F1 モナコGP」でございますが、まぁメルセデスのスペインのような”チョンボ”はないでしょうが、ただ第一コーナー狭いですから、どちらかが抜きに掛かると?。このGPは「マックス・フェルスタッペンは本物か?」も見極められるレースな気がいたします。スペインでは”運”も味方しました。レッドブルには向いているコースですし、連勝は無理でも4,5位あたりであれば、今後も期待できるでしょうね。マクラーレンも最高速が遅いコースですから上位進出に期待できそうですが。が、なんですよね毎度。

 インディ500、100周年です。シモン・パジェノーが連勝しておりますしシボレー勢が優位でもあります。下馬評でも「シモン・パジェノーが1歩リード」です。ペンスキー勢が強いとも。が、長丁場ですので何があるのかわからないのもインディ500.恐らくはペンスキー勢同士の争いとなるでしょうが、これも楽しみです。久々にモントヤ優勝?、ありえますね。しかしインディカーもホンダ・エンジンのパワー不足が言われていますねぇ。まぁコッチは北米ホンダですけども。

 色んな予想のできる楽しい時期でありますが、思い出した!29日”飲み会”だぁ。モナコGPはともかくもインディ500は夢の中・・・・。

2016年5月23日 (月)

”慣れ”が必要なのか?

 トラックの運転手さんが「高速道路とかで”プリウス”に囲まれるとタイミングが狂うんだよ」と、また聞きしておりました。私も毎日の様に車に乗っていますが、そう感じたことは無いのですが(明らかに”下手な”運転の方は置いときまして)。

 さて、この度修理(バンパー交換)の代車に”プリウス”がやってきました。初乗車です。まぁ何か普通の車と違いまして泡喰いました。まずシフト・レバーが変。簡単といえば簡単ですが、「P」が別ボタン。「D」は小さなレバーで「R」と二つだけ。待機用(?)「B」なんてのがございまして。「D」に入れても「R」に入れても「B」にポコンと戻ります。そして「D」と「R」の間が「N」だそうです。「P」が別にあるので毎度押し忘れます。がエンジン切ると自動的に「P」になるのかな?。「エンブレ欲しいときは?」「戻ったレバー”B”を下げて下さい」・・・
。ちなみに何をしたのかわかりませんが、信号待ちで動かなくなって、慌ててエンジンかけなおしました。

 関係ないですが、不要なオーディオは止まらない。カーナビはいちいち「左折レーンに注意」とうるさい。腹立ったんで「カーナビ割ったろか!」と思ったのですが、借り物ですので。ちゃんと説明聞いて止めました。こっちはスマホで十分。ブルートゥース飛ばせばOKなんですから。

 で、どうもアクセルが重たい。踏んでも走らない。坂道ではエンジン、本当にしんどそうな音で走ります。「プリウスとはこういうモノなのかなぁ」と思っておりましたらば、「あっ営業マンの方はECOモード外して下さい」。あぁECOモードか。これで街中走ると代えって燃費が悪くなる。これは現状乗っている車も同様に言われました。そして駐車中にHVモードが切れると、ガソリン系が動いてか、ブレーキかけていても、前に動こうとします。一瞬ですが驚きます。

 現在、営業に使用している車もHVです。が、普通の車と何ら操作は変わらないのです。なぜだプリウス?。ちなみに燃費は街中でストップ&ゴーとは言え、13km/ℓほど。現状使用車と変わらない。

 なるほど、トラックの運転手さんが「タイミングが狂う」と言うのは、このECOモードなのかもしれません。立ち上がりのスピードが遅いのかと。この辺は明らかにエンジン車とは違います。

 1週間ほど乗らないといけませんが、これ”慣れ”が必要な感じです。本当事故しないように気をつけないと・・・。とくにバックする際にはレバー操作に慌てます。世の営業マンの方々は、もう慣れっこなんでしょうかねぇ。普通のシフトレバーではダメな理由があるのかなぁ?。

2016年5月22日 (日)

怪獣王子

 ふとAmaxonを眺めておりましたら、「おぉっ!!」と驚きまして(汗)。

Kaizyuouzi「怪獣王子」
BD BOX初回限定

 現在ピープロ作品のBD BOX化が始まっております。
さすがに¥40,000超えるものはオイソレと買えませんし、買ったとしても最後まで観るかどうか・・・マニア向けですが。

 さて、「怪獣王子」でございますが、10年ほど前になりますか、丁度DVD BOXが発売されているのを友人と見て「怪獣王子の”ネッシー”のフィギュアは無いか?」と聞かれまして。「そういえば聞かないなぁ」と思っていましたら、アメトイ雑誌で見かけまして。

Sp03 「ネッシー」
「宇宙船」誌の企画だったんですね。
「高いわ!」と友人。「タケルが乗っていない!」とも。
「ならば知らん!」。昭和のソフビ・タッチのフィギュアもありましたか。あれも高かった記憶です。

 そんなことを思い出すのであります・・・。ちなみに、これを製作した「地球防衛軍秘密基地」社、「怪獣王子」にお熱上げていました。コチラ 。最近聞かなくなったなぁ・・・。Tシャツがメインになったようで。

2016年5月21日 (土)

静かなブーム、だそうで

 AFVモデラーは「戦車を作るとディオラマも作りたくなる」のであります。よく出来た「鉄道模型」など観ますと、ついつい「あぁまた作りたいなぁ」となるのですが、同時に「これ、コノあたりにゴジラのフィギュア置いたらば?」等と思ったりします。

 これ心理学者の話ですので話半分に「人間はどこかで”支配欲”があり、ディオラマと言った小型の都市や風景を求めたがる」と。とても”支配欲”と=ではないと思いますが。どちらかといえば”自己満足”の世界、あるいは「あぁあの映画(TV)の1シーンを切り取りたいなぁ」的な方が強いと思うのですが、さて。

 で、最近「静かなブーム」で売れているらしいのが

Page68759 ジオクレイパー
日本卓上開発株式会社

 1/2500の都市を再現するそうですが、他にも高速道路やジャンクション、港湾設備が揃っており、自分で好きな都市が作れるんだそうです。

 そういえば「艦船モデル」でも

69785 呉 軍港
フジミ 1/3000


 と言う「軍港シリーズ」が発売されています。1/3000ですと、ほぼ手を加えることが出来ないサイズですが。それでも「横須賀工廠」や「佐世保工廠」等も発売されています。これじゃぁ米軍機からの目線ですね。

 そう言えば以前「タモリ倶楽部」にて、森ビルだったかと思いますが、「東京タワーを中心にした東京の姿をペーパーにて再現する」ことが行われているそうで、写真に撮ったビルや建物を(スケール忘れましたが)立体化し、変わった場所は変えていくという作業が行われているそうです。一般公開は無いようですが。

 結局、やはり人間はどこか深層心理に「ミニチュア化された街」に憧れがあるのかもしれません。

 そういえば、お城。熊本城は大惨事に見舞われましたが、城郭模型も静かなブームなんだそうですね。昔よく作ったよなぁ・・・。「小スケールの足軽や武将を作って、燃え盛る”大坂城”、どうだ?」「今の”大阪城”は徳川が作って天守閣の位置とか違いますぞ」。あれまぁ。
 

2016年5月20日 (金)

だjから”噂”が立つんだろうなぁ

 SPARKから

・トロロッソ  STR11 D.クビアト スペインGP
・レッドブル RB12 D.リカルド ロシアGP テスト(風防付)
・レッドブル RB12 M.フェルスタッペン スペインGP WINNER

の3点がアナウンスされました。やはり速攻でございます。が、こういうのが得意だったのがPMAでしたよねぇ。が、PMAからはバンドーンのマクラーレンのアナウンスすらございません。まさかマックスまでスルーするとは思えませんが、こうなると”あの”海外ショップが「ほら、危険だぞPMA」となるんですね、どうしても。

 マックスは、やはりオランダの別注品になるんでしょうかねぇ。ただPMAもドライバー交代しても発売しなかったモデルは過去にもありますから。まさかスルーは無いと思いますが、バンドーンとテストカーは無いかもしれないですね。マグヌッセンのマクラーレン、まだ売っていますし。

 しかし、最近の海外ショップの話を聞いていますと「コイツら本当にPMAが嫌いなんじゃないか?」と思ったりします。枕詞は「いつ発売になるか判らないが」、そして〆の言葉は「気長に待って下さい。予約キャンセルも結構です」なんてお店もありますし「PMAの予約は発売日が決定してから」「予約できません」なんて言葉が溢れていますから。国内でも”中心”にあったPMAが隅に追いやられている、なんて。お店も怒っているんでしょう。

 まぁ「火の無いところに煙は立たない」と言いますが、この方たちが”裏”取らずに騒いでいる気もしますが。案外騒ぐことで「PMAを売ろう!」だったりして。コッチの可能性の方が高くないかなぁ?。

 

2016年5月19日 (木)

お楽しみ 9月映画

 本当に映画の話ばかりしております。それに連れて増えていくアメトイ・・・ミニカーはいずこに?。自己矛盾との戦いですが。

 さて9月にはアメコミ・ファン楽しみな映画が2本控えております。

 まず私個人かなり期待値が高い

Suicideスーサイド・スクワッド

 DCコミックスのヴィラン(悪役)が減刑と引き換えに政府の汚い仕事を引き受けるために結成された、アンチヒーロー・チーム。冷酷かつ狡猾な政府の高官、アマンダ・ウォーラーによって結成されます。

 

 これに出てくる”ツインテール”の”ハーレクイン”のファッションや井出達が良い。原作では”ジョーカー”の愛人です。 予告編からも”キレた”感じがよさ気。カッコいいです。

 DCコミックス映画は「バットマンVSスーパーマン ジャスティスノ誕生」の評判が非常に悪かった。同時期公開マーベル「シビル・ウォー」に完敗しました。が、この映画は期待できそうです。こういうアクションや”明るさ”が欲しかったんですよね(予告編だけですが)。

 対するマーベルは、問題ヒーロー

Dead640x489 デッドプール

 『X-MEN』シリーズに登場する傭兵の一人。その正体はウェイド・ウィルソンという男で、癌の治療のために「ヒーリング・ファクター」と呼ばれる物質を体内に入れたことで回復能力と不死を手に入れます。時にヒーロー、時に悪役にもなる、マーベル・ヒーローの中では異例中の異例。映画シリーズでは映画『X-MEN』のスピンオフ『ウルヴァリン X-MEN ZERO』でヴィラン(悪役)として登場。ウェイドがデッドプールになる過程が描かれ、その後ウルヴァリンと対決しています。「お前うるさいな」と改造された際は口を縫われていました。この際はかなり気持ちの悪い造詣でした。

 このヒーロー、問題が多かった。当初は普通のコミックスでしたが、売れ行きが悪く、作者も”開き直って”。「もうこのコミックス止めても良い?」と読者に話したり、劇中で編集部に文句言ったり。過激な表現や放送禁止用語連発や、読者に尋ねるスタイルが受けてしまい、大人気に。暴走して「スパイダーマン」に乱入し、まさかのメイド姿を見せたり。まぁ無茶苦茶です。邦訳では自分のことを「俺ちゃん」と。上手い表現だなぁ。


  予告編でも勝手なことばかり話していますね(笑)。唯一「20世紀フォックス」が手放さないマーベル「X-MENシリーズ」からのスピンオフ、また「X-MEN」自体も公開されますが、私が言ってはいけませんが、間違いなく「デッドプール」の方が面白いかと思います。

 その前に「シンゴジラ」控えておりますが、個人的にはこの2本に期待しているのであります。

2016年5月18日 (水)

スパイダーマンの世界

 最近ミニカーの話題を取り上げていませんねぇ。なんか自己矛盾を感じる昨今です。それだけ魅力のあるモノがないのかなぁ?。

 さておき、アメコミ・ファンでございます。その中でもやはり”スパイダーマン”は別格でございます。昭和期に放映されたアニメ版♪クモのように獲物を狙い~♪、以来のファンで、大型本屋さんの洋書コーナーで立ち読みしたり、また極一時期ですが、邦訳されたコミックスも出ており買っておりました。残念ながら両者とも、あっという間に消えてしまいましたが。でもあのシンプルなデザインは魅了されます。ついグッズも買ってしまうのもスパイダーマンです。

 さて皆様、「スパイダーマンはひとりではない」ことはご存知でしょうか?。もちろん主人公ピーター・パーカーの変身もありますが、他人だったりDNAを受け継いだりし、スパイダーマンとして活躍しているヒーローやヒロインが無数にございます。

Spider_verse_complete_by_bloodysamo これ等皆スパイダーマン、名前は違えども。また次元が違っていても。

 現在アメリカでは「スパイダーヴァース」と言う作品が展開されております。何者かがスパイダーマンを全滅させようと狙っている。そこで次元や時間を超えて一致団結、と言うお話です。

 そこで特撮中二病患者は「東映版スパイダーマンはどうなる?」「池上遼一や山中あきらのマンガは?」と思うのであります。恐らくは出てこないかと。

 が、ですね、過去にも「全スパイダーマンが集結し戦う」と言う話がありまして、題名は忘失しましたが、キチンと

120044518 この方も出ていらっしゃいまして。
それもまた”レオパルドン”に乗って出てくるそうなんです。

 今作品を探しているところですが、アメリカのファンは驚いたらしいです。そりゃぁ「チェンジ・レオパルドン!」なんて言いながら、一体コイツはだれなんだ?となりますわね。

 しかし、そのおかげでアメリカでも東映版スパイダーマンが認知され、スマホのゲーム等に「日本ではレーサーをやっていた男に宇宙人からパワーをもらったスパイディがいる。巨大ロボットを操ることが出来る」と情報が流れるのだそうです。

 ちなみに「東映版 スパイダーマン」って一度解禁になりましたが、ソフトが今やプレミア付だそうで。で結局は第一巻と最終話しか観ないんでしょうが・・・。でも意外とサム・ライミ版映画よりも面白かったりして。マキ上田が楽しそうに悪役やっていたのが思い出されます。

2016年5月17日 (火)

やはり魅了される

 最近のスーパーカー・メーカーは環境保護問題もあるのでしょうが、デザインが大人しめになりました。誰かが「フェラーリF12がトヨタ96に見える」なんて。少し寂しいのでございます。その分、ランボルギーニには頑張ってもらいたいのですが、V8”ウラカン”も”ガヤルド”に比べれば大人しめです。

F12_tdfLOOKSMART
フェラーリ F12 TDF

 買ってしまいました。現行のリード・モデルのF12の特別仕様です。エクステリアだけでなくエンジンの見直しや空力を見直したスペシャル・モデルです。799台も作るんだ・・・。ちなみに画像は拝借。どうしてもカッコいい写真が撮れませんでしたので(汗)。

 到着した際は正直「あぁ大人しい」と思ったのですが、ジロジロ見ていると、なんかこの曲線の流れの美しさと言うか、ドンドンと魅了されていきまして。破綻の無いデザインと申しますか?。F12の方は私はあまり好きではなかったのですが、TDFは良いなぁ。60年代の美しいイタリア車のデザインも髣髴させます。

 TDF、はツール・ド・フランスからの引用。今では自転車競技で有名ですが、50年代から60年代にかけて行われた耐久ロードレース。これにフェラーリは何度も優勝しており、過去にも250TDFなる車を生産していたこともあります。

 さて、フェラーリの版権がブラーゴ・ブランドに行ってしまった為に、オイソレとフェラーリ ロードカーが買えなくなりました。1/18はともかくも1/43は完全なトイ。他ブランド商品と並べられない。恐らくはF12TDFは発売も無いでしょうから、と。

 しかし、この問題は何とかならんものでしょうか。マテル時代が本当に懐かしい(F1のぞく)。

 自動車メーカーで、どこが最初に”版権で儲かる”、と気付いたんですかねぇ。「宣伝してもらっている」と言う考えは、無いわなぁ・・・。

2016年5月16日 (月)

謝罪だよ!コレは

 もう参りました。前言撤回しなければなりません。

Maxマックス・フェルスタッペン

 スペインGP優勝おめでとう!です。
メルセデスの自滅があったとは言え、よくライコネンの追い上げを抑えた!。ティフォシとは言え、よくぞ!です。なにせ18歳。私の子供と同い年。「ちょっと来なさい」と「お前と同じ年で世界格式F1レースで優勝だぞ」と。「まぁ小さい頃から英才教育の環境があるヨーロッパはうらやましいわ。日本は結局まず”学歴”でしょ?」「あぁゴメンナサイ」なんて(笑)。

 本当に「まさか?」でした。確かにラッキーはあったと思います。メルセデス勢の自滅もありました。そして不可思議なチームメイト、リカルドの3ストップ。しかし勝てば官軍。ここは正直に讃えるべきことでしょう。リカルドを下げてマックスに先に行かせて「我々は正しいのだ」と言うレッドブルの証明、と言うのはやめましょう。しかしベッテルまで?。何だったんでしょうね。

 私も書きましたしマスコミも「もう1年、トロロッソで寝かした方が良いのではないか?」。「トロロッソの買収(噂)に備えて先物買い」なんて。でもエンジンもタイヤ・マネージメントも違うマシンで即優勝と言うのはスゲェよ、です。で、PMAやSPARKは当然商品化会議しているでしょうが、PMAはもしかするとまた”MAX”ブランド、オランダ限定にしてきやぁいないかと。なぜLTD.1000もあるのに出てこないんでしょうかねぇ?。

 が、真価を問われるのは「メルセデスがいた場合」かと。単純に考えればメルセデスがいたならば3位、それでも評価されるでしょうが、次戦以降の活躍いかんでは「あの優勝はラッキーだったんだね」となりかねません。それを払しょくしたのがベッテルでしたからね。

 これにてトロロッソをフィアットが買い、アルファロメオ・ブランドにて参戦の線は消えたようです。今度はザウバーを狙っているとか?。ザウバーは戦闘力無くとも、二人ともドライバーは良さげですし。

 関係ない話ですが、私は少しカルロス・サインツJRに魅力を感じ始めました。判官びいきです(苦笑)。

2016年5月15日 (日)

偶然とは言え

 最近、個人的に帝国海軍「伊-400」にほれ込んで、小さい模型を作っておりました。以前タミヤ1/350買ったのですが、作ることも無いまま手放したのを後悔しております。

 潜水空母として誕生した、当時としては大型潜水艦。元はパナマ運河を破壊する為に4隻製造されますが、戦局が変わり、活躍の無いまま終戦を迎えます。米軍が接収して驚いた、と言われておりますし、今に至る「ICBM」発射可能な技術の元は「伊-400」だとも言われております。

 さて、「久々に大型艦船作るかな?」とタミヤの1/350を、と思っていた矢先に

I400_img04アシェット
「週刊 伊-400」

 の発売案内が。1/100ですから結構な大きさですが。

 これ偶然とはいえ「今なんで発売するのぉ」と。ご存知の通りこういう商売は「年間予約」しないと完成いたしません。本屋店頭からいつの間にか消えますから。

    

 動画の「伊-400」は珍しいので掲載。 かなりのギミック搭載。艦載機「晴嵐」のプロペラが回るのが良い感じですが。

 さて、これをどうするのか?。「週刊 ミレニアムファルコン」「週刊 サンダーバード2号」も「無かったことに」したのですが、さて。やはりスルーでタミヤ買いなおすか?。

2016年5月14日 (土)

期待値高し

 この度、京商代理店による新メーカーの取扱い品、少し期待が持てすかな?、と思いまして書かせて頂きます。

Besnurburgring20157bentleyteammsporオールモストリアル
ベントレーGT3
ブランパン エンデュランスGT3 シリーズ2015

 まずベントレーがGT3に参戦したことに驚きがありました。が、空的にどうなんだろう?と言う疑問もありました。が結果残しております。

 このオールモストリアル社、サンプル画像を見ましたが、ダイカストながらなかなかに良い出来かと思います。既にTSM等から発売されましたが、見劣りしません。価格もTSMよりもお値打ちです。

 世界的にツーリングカーのメインはGT3になりました。各国のGT3上位陣での世界選手権の発表もありました。が、GT3はルマンやWECには出られない。WECは以前で言うGT2クラスです。残念です。私はブランバンはCSで観戦しておりますが、面白い!。元はFIA GT選手権です。やはり各国の各メーカーの入り乱れる状況は面白いのであります。そしてベントレーもカッコいい。カッコいいマシンは必ず次の世代の興味に繋がっていくのでありますが。

 まぁ皆様「もう聞き飽きた」と言われるかもしれませんが、日本のS-GTの300クラスも、GT3格式で行って欲しいと思うのです。GT3をS-GTに性能調整したマシンで遅くするのもどうなのか、と。FIAマシン規定ではなく、GT3規格にすれば、安上がりですし、チームも世界に打って出られる(資金はともかく)。

 もう一つ言えば、これも何度も書いておりますが、DTMとIMSAの規格に合わせた500クラス。が、短距離と長距離ではお互いに歩むる余地がない。共同開催は何度も言われておりますが、マシンからして無理があり過ぎます。これをどう考えるか?。

 個人的にはS-GTはスプリント・レースにしてほしいのですが、昔の様になGr.Bによる国内耐久レースが出来ない今、何ですよねぇ。鈴鹿1000kmなんかは本来はWECの役目なんですが、さて?。






2016年5月13日 (金)

どんどんとハリウッド パクリ化していく香港映画

 また映画のお話でございます。

 相変わらず”香港発”映画は片っ端から観ているのですが(レンタルね)。香港は大陸からお金がドッサリと出るので、最近は中国故事をモチーフにした作品が多く作られています。日本で言えば”日本霊異記”みたいな妖魔記がたくさんある国です。余談ですが、それらを”守れた”だけでも。文化大革命により”失われた物語”が多くあるそうで、逆に日本語訳された本を改めて中国語に翻訳したりしたそうです。は、ともかく、まぁふんだんに無駄に使われるCGです。これもまた「中国は大国だ」でありましょう。昔の香港映画が懐かしく感じます。

61nnxud0lwl魔界戦記
 雪の精と闇のクリスタル

 いい加減、邦題の下手さ加減は何とかならんのか!。洋ピン配給会社を見習ってほしいですよ、本当。
「ハメンジャーズ・エエチチ・モム・ウルトロン」「ヤラシック・パーク」、最近の新作ですが、内容は皆無でも、思わず「観たい!」と思いますがな。

 さて、これは「鐘馗」の話をモチーフに作られたファンタジー。鐘馗と言えば日本でも端午の節句でお馴染みですが、元は唐の六代皇帝玄宗が病気になった際、夢ですが、宮廷内に”鬼”が現れ悪さをします。その鬼を食べたのが鐘馗。玄宗が問うと、元は人間であったが科挙に落ちてたことを恥、宮廷内で自殺をした。それを高祖皇帝(唐の初代皇帝)が手厚く葬ってくれたので、その恩に報いるために鬼退治をした。そして病気回復した玄宗皇帝は、絵師に夢に出て来た鐘馗を書かせると。

 そんな逸話がありますが、どうも元は道教系の民間伝承の神様のようです。私見ですが恐らくは”厄払い””病気治癒”として民間に広まり、日本では”魔除け”として端午の節句に使われたのでしょう。太平洋戦争時代の帝国陸軍戦闘機にも「鐘馗」の名がありますね。

 脱線いたしました。さて、このような”香港ファンタジー”映画ですが、この作品は妖魔がたくさん出てきますし、鐘馗(妖魔同様の変身をします)もですが、どこかハリウッドの「X MEN」や「ソー」を彷彿させる映像なんですねぇ。これを作ったのは「グリーン・ディスティニー」製作メンバーですが、まだコッチの方が、ワイヤーワーク多用とは言え、オリジナリティがあったかと思います。「このカット割り、妖魔のデザイン、どこかで観ているよな」が非常に多い。その前に観た、名前亡失ですが、ファンタジー映画も同様。コチラは香港J系でしょうか、全く演技力もなく脱力でした。でも邦画も同様になっちゃいましたね。

 さてモータースポーツも忘れてはおりませんよ。F1中国GPで「私何だかわからないわ?」的にスタンドにスマホ向けて歓声の上がっていた女優さん

300xリー・ビンビン

 この映画に出ております。
ハリウッドにも進出しており「トランスフォーマー/ロストエイジ」、バイオハザード・シリーズのスピンオフ「リトリビューション」にも出演しております。

 が、後者は「日本版ポスターから写真等を削除してほしい」と言いやがりまして。これ「尖閣列島は中国領土だ!」の抗議だそうで。そして「バイオハザードは中国人が作ったゲームだ」と発言も。中国製の海賊版は御存じないようで。まぁ来なくて構いません。芸能界で、こう言う”政治的”発言する人って”大抵頭が悪い人”が多いです。だからジャッキー・チェンやドニー・イェン、ジェット・リー達は、インタビューでも誤魔化します。当然の話です。

 昔、オリビア・ニュートン・ジョンが「鯨を食べる日本人、二度と日本でコンサートしない!」と”ミンクのコート”着て発言し、大顰蹙買いました。で、口の乾かない内に日本でコンサートしましたが、観客動員出来ずに帰って行きました。そんな”みじめ”なことが無いようにするのが”プロ”であり、またマネージャーでありますね。

 しかし、この人43歳!。これには少し驚きです。中国本土出身ですが、やはり人口が多いと、なんでしょうね。名前からして(こら!)。昔、梶原一騎映画では、パイ・ピンピンが有名でしたね・・・。

 いずれにせよ、出展は違えどもドンドンとファンタジー映画がハリウッド映画のコピーのようになって行っている”香港ファンタジー”映画であります。となると”オリジナリティ”が消えてしまい、正直この映画含め「つまらぬ!」です。

 香港映画は、もうクライム・アクション モノしかオリジナリティもなくなりました。名優はハリウッド言っちゃいましたし。まぁ魅力は薄くなりましたかね。

2016年5月12日 (木)

デジタルの脆さ?

 最近は何でもデジタル化されまして、それはそれで便利でありますが、「あれっ?」と思うと対処ができなることが多くなりましたね。

 先般書きましたHDDレコーダーも、拳が腫れ上がってきましたので(と言うわけではないのですが)、購入しました。3台もある・・・。がまぁ値段は下がるが性能は良くなると言うのは当然かと。でケーブルもこの際新品に、と4K対応にしました。ら、まぁ画像がキレイなこと。

 すると今度は気付くと、テレビ、パナソニック派でしたのでプラズマでございますが、どうも化粧品の宣伝等の「白」を強調したCMや映像になると、一番白いであろう箇所が「青く」なる。家電店で相談したらば「寿命ですね」・・・家電は7年、上手く作ってあるモノです。といいつつも「買えるか!」です。嫁さんは「どうも冷蔵庫の具合が悪い」と。コレも昨年修理してもらいましたが、10年目です。

 現在HV車に乗っております。キーの無い「ポチッ」でエンジンがかかりますが、タイミングが悪いと、「Pに戻して再起動させて下さい」と出てきます。コレがうっとおしい。どうも”タイムラグ”があるみたいで、ギアに入れるのが早過ぎるそうです。

 で、PC。私はネットを「グーグル・クローム」で見ています。早い。が、最近”読み込みエラー”が結構に頻発しまして、入れなおし作業を。コレ自宅もなので、もしや、とも思うのですが。”読み込みエラー”は限られたサイトなんで、プロバイダーとの相性かもしれませんし。

 そろそろ2年になるスマホ。最近とみに繋がりにくい気がしまして。電話は大丈夫、がネットが繋がりにくいのです。毎度の再起動です。

 まぁ便利になって結構ですが、家電などは「中に7年目でクラッシュする様プログラムされているんじゃないか?」なんて思ったりします。昔の家電は20年くらい使えたりしましたよね。で「叩けばなんとかなる」とか。

 現在の車、走行できなくなったら手に負えません。PC管理ですから、ディーラー営業マンが色んな機械持って走ってきますし。

 そう考えると、良いのか悪いのか。仕事で”超アナログ”かつデジタル皆無なことを行っていますと、案外「デジタルって便利なのか不便なのか?」と疑問に思うことも結構にありますが、さて。

2016年5月10日 (火)

お待たせですよ

 数年前からPMAカタログに掲載されて「あぁ何年先発売だよ!」となっておりました

Photoラルト無限RT23
ミハエル・シューマッハ
1991年 全日本F3000菅生ラウンド

 ついに発売されますね。まずはES社別注からですが。

 このモデルを何年待ったことか。キャリア唯一のF3000参戦でありますが、チーム・ルマンからスポット参戦し、いきなり2位に。当時はローラやレイナード製シャシーが非常に強く、ラルト・シャシーは大苦戦した中での2位でした。今は昔、MSCが続いた90年代半ばに、「なぜこのマシンを出さないのだ!」とコレクターは声を上げていました。多分、日本人だけでしょうが。

 さて、メルセデスもWSPCから撤退し、Jrチームのドライバーの行き先が注目されていた頃、シューマッハに目を付けたのがトム・ウォーキンショーとロス・ブラウン。既にベネトン入りは決定的だったのかもしれないですね。で、これ忘失してしまいましたが、誰か(マネージャーだったかトム・ウォーキンショーだったか忘失)に、世界でもレベルが高い”全日本F3000”に「F1に行くまで」として参戦。確かに後にF1に行く面々が揃っていましたから。また前年度のインターF3で観ていたのかもしれませんね。チームメイトはジョニー・ハーバート。元々1台体制なところに、確か持参金付き(メルセデスが出したんだっけ?)で参戦しました。

 色んな逸話が残っております。アンダーカウルの状態がハーバート用の方が良いから交換してくれ、それをハーバートが呆れ顔で「いいよ」だった、とか。他のドライバーに「どう乗ればよいのか」、またチームにも「戦略について教えて欲しい」と予選後深夜まで話し続けた、とか。有名なところでは当時のブリヂストンの浜島氏に日本しか無かった「予選用スペシャルタイヤの使い方を教えろ」等、皆が壁壁するまで聞いたとか。で2位になっちゃったから皆がビックリしたと。

 これ当時TV観戦したのを覚えています。当然ミハエル・シューマッハの名前もWSPCで知っておりましたし、マカオGPの一件もです。でもF3では「ミカ・ハッキネンが強い」と言われていた時代でしたので、F3000はどうなんだろう?と疑問符ありました。チームも良くない。先にハッキネンはF1に乗っていましたし。

51e16sin3xl 詳しくは、コレ読んでください。今回書こうと思い、探しておりましたが、どうやらミニカーの山の奥の本棚にあるようで、雪崩の危険性を感じました・・・。

 で、その後にジョーダンのテスト受けたら、速さに驚いたエディ・ジョーダンが即契約しF1デビューと。そして”政治”が働き、ベネトンに移籍すると。が、最初に目をつけたのがベネトン幹部2人と言うことと、ジョーダン側の契約書が不備だらけだったそうな。1戦だけの契約を予選後に撤回して年間契約を簡単に済ませたとか、コノ辺りも逸話だらけですなぁ。このトレード話、当時は非常に悪評が高かったことを覚えています。

 と、まぁ今まで耐久レースに興味がなく、名前すら知らない人まで、この1戦だけは驚いたと。私もですが。ジョニー・ハーバートが下位走っているチームで急に表彰台ですからね。

 ふと。恐らくはES社別注品はMBA社とのコラボでしょうから、ドライバー・フィギュアは乗るとして、PMA本体側はどうなんだろう?。B194のようなことになりはしないか、ちょっと不安でございます。一応サンプルにはドライバー乗っておりますが、さて。

 しかし、この時代の全日本F3000モデルをどこか出さないだろうか?。

 

 

2016年5月 9日 (月)

流行っている”らしい”

 最近、TOUTUBEの”ウルトラチャンネル”で流行っているらしい

Redmanレッドマン

 別名「赤い通り魔」と呼ばれ幾数年・・・。昭和「おはよう!こどもショー」の番組として、学校へ行く前の子供にインパクト与えたわけですが。その頃はヒーローだったのになぁ(笑)。

 「赤い通り魔」の由縁は、怪獣が散歩しているところに急にレッドマンが襲い掛かることから付いたあだ名。「レッド・ファイト!」これ言ったらば怪獣たちにとっての悲劇が始まります(笑)。もちろん円谷プロは「赤い通り魔」、承認しておりません。

 一昨年でしたか、CS放送され私も全話録りました。再放送も無くソフトにも恵まれていないヒーローですが、見ていると「本当にヒーローかよ(爆笑)」です。ただ当時の記憶が蘇り「あの頃、ソフビ人形あったよなぁ」なんて。子供時代ですから、怪獣が現れた、よし戦うぞ!感覚だったかと。







 あぁカネゴンまでも!(笑)。カネゴンもウーも何の悪さもしていません!。バンダイさん、是非レッドマンのフィギュアを!。

 その後に「ゴッドマン」「グリーンマン」「牛若小太郎」と続きますが、これは東宝の作品でして。でも根っこには”歴史に残したい”「ウルトラファイト」や「ミラーファイト」なんですがねぇ。昔バンダイが「ウルトラファイト版バルタン」のソフビ人形出した際は爆笑しました。

 ちなみに「ブンブンバンバン」ってご存知ですか?。「探偵ナイトスクープ」に「ブンブンバンバンを探してほしい」依頼を何度も送っておりますが、結局は”ない”のでしょうねぇ。「地下鉄のドジ」ご存知の方は御一報を!!。


 あらぁ「ウルトラチャンネル」は”期間限定配信”なんですね。皆様YOUTUBEへ。

2016年5月 8日 (日)

断腸の思い、か?

 現在、某社にて某社発注のF1別注品がセールになっています。販売価格の1/3程度!。自分で作らせて自分でセールするのは”断腸の思い”でしょうね。

 高くなってしまう別注品。とくにPMAで、しかも人気ドライバーです。1/3価格と言うことは数が残ったか、逆に少なくなったから一掃、とも考えられます。まだ他店店頭でも並んでおりますが。

 私も「こんな商品はどうだろう?」「これならば売れるんじゃないか?」と考え、かくかくしかじか説明し、”仕入れ”することがあります。また工場と話をして「こんな新商品はどうだ?」と。が、当たるときもあれば外れることもある。これは誰もが同じです。

 結局、売れない商品を「どうするか?」と。不良在庫は置きたくない。即セール価格です。が、このモノを「買わない時代」、安くても売れない場合の方が多いかと思います。「どうしたら買ってもらえるか?」ではなく「いかにして”人気商品”に仕立てて、数を売るか?」に変わってきているように思います。「商品豊富ですね」とお客様に言われます。が、売れなければ意味が無いわけですから。

 せっかく”良かれ”と考えても”売れなければ不良在庫”。もう私が提案し失敗し、タダ同然の価格を付けられた商品を見る度に私も”断腸の思い”になります。それで売れて行ってくれたならばマシですが。

 映画でも(個人的にはダメだろうなぁ、と思っていましたが)「スターウォーズ フォースの覚醒」のフィギュアやグッズのセールが始まっております。結局売れたのは「エピソードⅣからⅥのキャラ」だったそうで、となると私等世代が買っているんだなぁ、とも。大体、トイザXスでも子供が欲しい!と言うと、お父さんは「ダースベイダーにしな」となっていますし。やはり超えられないんでしょうね。

 いずれにせよ小売業は本当に難しい時代になりました。

2016年5月 6日 (金)

G.W.も終わり

 G.Wも終わり、皆様も”五月病”みたく出勤されているかと思います。私は組合行事で動いておりましたが、まぁ今更ですが「G.W.の観光地でやるんじゃない!」です。「ホテル取れていないから」例年のこと。「こんな時期に取れるわけが無い」、まぁ大変でございました。で、本業に戻っておりますので頭の中グチャグチャです。

 さてレッドブルが、”ロシアン・トーピード” クビアトをトロロッソ フェルスタッペンとトレード話が実現しました。端からフェルスタッペンをレッドブルに、の希望が先般のロシアGP結果にて実現したわけですな。しかしその前に表彰台に上がっているんですが。チームは「クビアトにとっても良い話だ」と勝手なこと言ってますなぁ。逆にフェルスタッペンのプレッシャーはかなりのモノかと思いますが?。逆にベッテルに当たりにいったりして、なんだ”スカンジナビアン・トーピードかよ”なんて。

 で、毎度思うのです。「PMAもSPARKも”やった!発売商品増えた!”」と。クビアトも表彰台中国GP発売できますしね。まぁそこまでやらないといけないのか?、と思うのですが、両社ともイケイケですもんね。

 先日当地の大手ホビー店に行って来ましたが、シルバーとブルーのモデルがズラリと積んでありました。両社で争うのも良いけれども、ここまで在庫品で残っちゃうと・・・毎度思いますがね。PMA、今季もメルセデスの優勝モデルを出し続けるのか?。ニコニコニコだらけ?。21台発売するのか?、否42台??。

 しかし、クビアト。本当にトロロッソに行くのかなぁ。悪くは無いマシンですから活躍は表彰台は遠いけれども、です。ここは「バカにするな!」と下りるとか、は無いか。しかし2戦に渡りレース壊したのもクビアトですがね、とティフォシは怒るのでありますが。ベッテルがいなくなるとレースが、ねぇ。「なんとかしてくれるか?」と思わせるのがベッテルでもありますし。

 

2016年5月 3日 (火)

結構に重たい映画でした

 さて行ってきました

Civilwarposter3_2キャプテン アメリカ
 シビル・ウォー

 う~ん、やはりマーベル・ユニバースはスゴイ。
ネタバレさせない様に、少しストーtりーを。

 アベンジャーズとしてテロリストたち相手に活躍するキャプテン・アメリカ達。アフリカの小国(ワカンダ)で起こったテロを鎮圧するのですが、スカーレット・ウィッチの暴走で市民に多大な被害を与えます(キャプテンを守ろうとした行為とはいえ)。それに抗議した国々が「アベンジャーズを国連の指揮下に入れるべき」と言う”ソコヴィア協定書”を作成し、皆に問います。トニー・スタークはソコヴィア崩壊(アベンジャーズ AOU)にて息子を亡くした母から”怨み節”を聞かされ「自分らが行っていることは市民を守るのではなく生活を破壊している。本来の敵は宇宙からくるヤツラ」と感じ、その協定書にサインをし、皆にも求めます。が「良いか悪いかを国連に判断させるのは危険だ」とキャプテン・アメリカ他はサインをしません。

 さて協定の成立日に国連事務所で爆破事件が起き、そのアフリカ小国ワカンダ国王含め犠牲者が出ます。写真に写った犯人は”ウインター・ソルジャー”、しかし彼は既にヒドラの洗脳が解け秘密裏に他国で普通の生活を送っている。友人でもあるキャプテンは犯人は他にいる!、と完全にチームは二分化します。犯行を否定しながらも捕まったウインター・ソルジャーは”精神分析医”なる人間により再洗脳され暴れだします。キャプテン アメリカは”再洗脳され”暴れるウインター・ソルジャーを正気に戻し、その犯人を見つけ出し後を追う。その情報を信じないトニー・スターク達は「市民生活を脅かす敵とみなす」と言う判断で後を追う。そしてベルリン空港で、ついに火花が・・・・。

 その後はネタバレありますので割愛します。前作のような「アメコミ」台詞をテンポよく話せば、ではなく結構に台詞が重い。そして、この戦いに参加したヒーローたちは最後に皆が「心に重い傷を負う」ことになります。

 この後に「ソー」の続編があり、「アベンジャーズ3」に繋がっていくのですが、これどうするのか?。アメコミのヒーロー、原作では読んでいる側が嫌になる位に”悩みます”。これがこの映画に出ましたかね。完全に二分化されたアベンジャーズですが、今回はシールドやヒドラの存在は皆無、ペンタゴンがメインでした。そこがキモになって行くかもしれません。

 結構な重い内容でしたが非常に楽しめました。ただ若干、原作を知らないと「なんで?」と言うシーンもありまして、帰りに友人が「なんであの時にXXX」と聞かれました。オマージュとして、と言う奴。ただ初見の方でも楽しめると思います。

 「バットマンVSスーパーマン」と同じようなシチュエーションです。こっちも「スーパーマンが戦えば市民に被害が出る」とバットマン。しかしそのスーパーマンと戦うバットマンは、色んなモノ壊しスーパーマンを抑え込もうと矛盾露呈でした。しかしシビル・ウォーでは「市民に被害が出ない様に」とトニー・スタークが空港を閉鎖させます。キチンと辻褄を合わせております。

 また相変わらずヒーローがたくさん出てくるにも関わらず、すべてのキャラを立てているのはスゴイことかと(今回は不要ジャン?、もいますが)。ただ”仲間割れ”と言うこともあえりますが、相手に葛藤を感じながら複雑な心理を持ちながら話が進んでいくので「重い」「暗い」であります。何せブラック・ウィドウがホーク・アイとの戦闘の際に「適当に合わせよう」と言う台詞があります(その後に”真面目にやれよぉ~”とやって来る人が笑いを取ります)。

 明るいのはスパイダーマンだけです。一服の清涼剤と言うのでしょうか。もうしゃべりながら派手な戦いしますから(「デッドプールか!)。と言うか、こんなスパイダーマンが観たかった!。

 難点は、最近の映画に多いのですが、最初にド派手なアクション。いったん休憩し、ド派手なアクション、休憩。これが繰り返されます。どこがクライマックスなの?になってしまいがちです。この映画はさすがに地味ながらも最後のアクション・シーンでキッチリ終わってくれましたが、映画によっては「最初のアクションの方がいいじゃん」なんてこともありますね。

 まぁとにかく原作を越え、かつドンドンとコチラの予想を裏切ってくれ、最後に観客が「ありゃぁ!、これはアカンは!?」と気分が重くなる。非常に”重い”映画でありました。結構にコチラ側に突き付けてきますし。早くソフト化してほしい!。

 気の早い(?)観客はエンド・ロール流れたら動き出します。マーベル映画を知らないのでしょうか、毎度エンド・ロール途中で「次作に繋がる」映像が流れるのに。今回も同様ですが、さらにエンドロールが終わった後に・・・。だから最後まで席は離れてはいけないのに(苦笑)。「へぇそうかぁ!」です。

 しかし公開3日目でパンフレットやグッズがSOLD OUTになりますかね?。お土産なし、じゃん!。

 ちなみに予告編「シン・ゴジラ」「スターウォーズ ローグ1」がありました。前者は「特撮いいんじゃないかな?」と。人間目線のゴジラは良さげ。後はドラマが締まれば。後者は「ドニー・イェンの姿が一瞬だけか!」と言いつつ「フォースの覚醒より面白いかも?」と感じました。
 

2016年5月 2日 (月)

デジタルvsアナログ

 さて、今晩「シビルウォー」行って来ます。「どうせCGばかりでしょ?」と言う方多いのですが、最近の映画ってCGを極力使わない、どうしても必要な箇所だけ。に変わっています。要するに”人件費が高い””時間がかかる”と。今は大抵のアクションはブルーバックの前で演じ、バックに背景を合成する、昔に戻っています。「スターウォーズ フォースの覚醒」などは、フィルム撮影で実物大セットを作って撮影されています。製作映像の方が面白かったりしますが。

 さて、ここしばらく、HDDレコーダーの調子が悪い。BDは読み込むのにDVDは読み込まない。普通は逆なのに。「どうにかならんのか?」と”昭和”パワーにて側面を叩くと、読み込んだりする。こんなことしていたら、手がパンパンに。その内BDも読み込めなくなるでしょうが、昔のレコーダーで同様のことが起こった際に修理代金が3万円ほどかかりましたので、「なんとか方法は無いか?」と。で「外付けのリーダーは使用できないか?」。と家電店へ聞きに行きました。

 結論は「無理」とのこと。要するに「メーカー側は”それ”させないようにしているんでしょう」とのことで。外付けハードディスクは使えるのになんだよ!です。「家電は7年」とはよく言ったものです。「修理費+で新品買えますよねぇ」と。そりゃぁ4万円台で、2チューナーやタブレットで外でも録画番組が観られる、そして1Tあります。故障したレコーダーは6万円位したはず。そして500GBですからねぇ・・・。

 GW期間は値引率も高い。一応取り置きしてもらい”家族会議”です。今、私が自由になる「お金」ではない。受験で塾もありGWは(私は仕事ですが)何もしない。さて、と。

 しばらく「デジタルVSアナログ」の戦いが続きそうです・・・。

 さてGW。私は毎年恒例の組合行事で出張です。皆様お楽しみ下さい。GW開けにお会いいたします。

2016年5月 1日 (日)

行ってくるぞ!、シビル・ウォー

 さてGWの中休みでございますが、明日夕刻、期待の映画

Civil_warキャプテン アメリカ
 シビルウォー

 観に行ってきます!。
やっと時間がとれまして、友人に取って貰いました。

 いまだにシステムがわかりません(汗)。

 単品映画にも関わらず、マーベル・スター勢ぞろい。そして噂どおりに”スパイダーマン”登場と。単品映画でコケ続けたスパイダーマン。放映権独占だったソニー・エンタープライズが”提携”と言う形でマーベル・ユニバースに返したようです。キーマンでもありましょう。ちなみに20世紀フォックスはリブート「ファンタスティック4」の歴史的大失敗を受け、放映権をマーベルに戻したそうです。となるとアメコミから世界が変わったマーベル・ユニバース・ムービーに、原作通り、ヒーロー大集結になると。

 先日は「バットマンVSスーパーマン」で、ドンドンと落ちていくエレベーターの如くに矛盾と破綻ばかりで、ガッカリでしたが、これが今年春の一番の楽しみでもありましたので、ジックリ堪能してまいります。

 しかし、日本もこれだけヒーローがいながら、こういう映画が作れないんですよねぇ。お金ないもんなぁ。でも誰か良い脚本書きませんかね?、いずれ製作できるように。仮面ライダーとキカイダー戦わせたり、昭和だったら出来たでしょうね。
 「シン・ゴジラ」よりも「大怪獣ガッパVS宇宙怪獣ギララ」が観たいなぁ。よく特撮映画や怪獣映画に”思想”を求める人がいますが、「映画は娯楽」と考えている私にはどうでもよいのであります。

 ダイアモンドアイVSレインボーマン、もう熱い。「死ね死ね団」の陰謀で敵対する二人、その間を取り持つコンドールマンなんてどうだ?(もういいって)。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

***

**

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31