*

  • ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
  • DMM.com DMMポイントオークション
  • DMM.com CD&DVDレンタル

リンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

CS難民

 ご存知の通り、今年からF1放送は「フジテレビNEXT」CS放送のみになりました。以前にも書いておりますが、アジア圏のF1放送権はFOXが入手した為に、フジテレビはやむなく放送権を買ったと思われます。

 「CS難民」と言うのはデジタル放送に変更になった時代から言われていたことですが、スカパーやWOWWOWに加入しないと、話題の格差が生まれると。私等世代は問題は少ないですが、小学生だとCSに加入している子供と加入していない子供とでは”知る””知らない”で別れてしまうそうで(デXズニーですね)。私の子供も幼い時に「パワーパフ・ガールズを知らない子がいるんだよ!」と言ってました。加入するしないで”話題”に入れるか入れないかが真っ二つに別れる・・・ある意味で”多チャンネル”時代に突入した、マニアはどうぞCSに、なんでしょう。私も加入したことで過去の邦画名作に出会えたわけですけども。

 が今の状況下では「フジテレビNEXT」は観れません。F1以外に面白くもない番組にお金を払おうとは思いません。文字情報でF1を追っていくわけですが。昔に戻って、と思えば何の苦労も無いわけですし今年もメルセデスが勝つんでしょ、ですから。

 が、ありがたいのがYOUXUBE。観れるんですよね。私は開幕戦はYOUTXBEで観ました。検索が下手だったのかもしれませんが英語版でした。つまりお金払わなくとも、タイムラグがあっても観られる訳で。 が、いずれにせよ結果が判ってから観るわけですから、途中で眠たくなりますがね。そして2日程度で消えちゃう・・・。

 「まさかF1が有料チャンネルになるとは?!」と言う声も聞きますが、欧州サッカーやプロ野球、また映画好きはCS加入するわけで、いよいよそんな時代が来たのだと思います。逆に考えれば、F1もお金さえ払えば生放送が観れる、これも時代の流れでしょう。しかし私は「CS難民」となりました。観るには別料金・・・。

 地上波で録画して観ているのは「アメトーーク」と「クレイジー・ジャーニー」だけですよ。TVも「お金払って観てね」時代に突入したかと思います。地上波では放送できない映画や番組もCSでは放送できると。CSにて放送自粛番組の放映を期待して・・・(既に一部で行われておりますが)。

 しかしアメリカでは地上波とCSが上手く選別されたのに、日本は??、と思いませんか?。民放お落ち具合は止まらないでしょうかね。

2016年3月30日 (水)

その99%を求めて・・・

 古い話で出展や書いた方を忘れてしましましたが

 「人類が作った映画並びに音楽の99%は無意味である。レコードやVTRに残すには石油の無駄である。後世に残るのは1%以下である」と書いてありまして。

 これ当時自分でも「なるほど!」と感じたわけです。確かアメリカ人だったか、忘却の彼方ですが。しかし、今の私の趣味、B級SF映画などを観ていますと、「あぁ俺は99%の中でさまよっているんだなぁ」と逆に面白くなりました。この方が”否定”する99%の映画や音楽で育ち、今も追い求めているのですから。

 映画が出来て100年以上。レコードで歌手が吹き込み販売したのも、100年超えになるそうです。が、確かに99%を追っているであろう私も、現状でも個人的にやはり「これ石油の無駄」と思われる映画やアルバムがございます。音楽は国内外問わず”アルバム・アーティスト”はいなくなりましたから、シングル勝負、は感じますね。とくに邦楽は”アイドル”(80年代の様なカリスマ・アイドルではない)系は、ほぼ消耗品になっています(洋楽も同じか?)。握手券だ何だと、手を変え品を変え。J系は”イケメン”で音楽は関係ないので売れますが。でも20年もしたら私等で言う”フォーリーブス”。ニッチもサッチどうにもブルドック!、でございましょう。その頃には当方は死んでいますわ。ある意味で「音楽性の好き嫌いが別れ、それぞれ個人の趣味になった」とも言えますが。

 しかし映画に関して現状では”100年残る”ものは、ほぼ無くなりましてね。これは間違いないかと。現状の邦画は全滅でしょう。”まずタレントありき”、こんな映画が100年通用するはずはない。監督も評価が高いのは、どちらかと言うと”偏り”が激しい作品ですし。後にタランティーノみたいな”映画狂”が出てくれば別でしょうが。

 今後は変わってくるかもしれませんが、演技は出来ないが人気があるタレントで映画作っても、です。逆に「邦画観ているんか!」といわれるかもしれませんが、観ているから言えるわけで。もうオリジナリティは感じません。邦画に限れば過去の映画をタイトル換えて焼き回ししている映画の多いこと。フィルム撮影ではないので既に”石油の無駄”とは言えませんかね。逆に後世「カルト・ムービーが散々作られた年代」と言われたりして。間違いなく後世にも「99%を追う」人間はいるでしょうから。

 私は長生きするつもりはありませんが、もし”施設”に入れられた場合を考えて、「コレ持っていく!」映画がございます。でも100本越えそうな・・・。
 
 昭和プロレスファンの友人、不慮の病気で早逝しましたが、東京スポーツに囲まれて出棺されました。そろそろ私も「棺桶にコレ入れてくれ」を考えておこうかと。

 そんな年齢に入ってきました。人生と言うのは本当に短いものだと最近とみに思います。

2016年3月29日 (火)

あぁビックリした

 ”漫才コンテスト「M―1グランプリ」の結果を予測する人工知能を、筑波大のグループが開発したと発表した。
 昨年12月に行われたコンテストの決勝で、プロの漫才師の評価によって最終決戦に進んだ3組中、2組を事前に的中させたという。人は何に面白さを感じるのかを解明する糸口となる成果だという。
 筑波大の真栄城哲也准教授らのグループは、2001~10年にコンテスト決勝に進んだ全出演者の漫才について、話の長さや客席の反応などを解析。「話すスピード」や「せりふの長さ」、「笑いが起きた間隔」など6項目を点数化し、評価する人工知能を作った。話す内容や出演者の表情、見た目などは評価の対象外とした。
 この人工知能で、昨年の決勝に残った8組の漫才を分析したところ、「ジャルジャル」「銀シャリ」「タイムマシーン3号」という3組の出演者を高く評価。実際に「ジャルジャル」「銀シャリ」が勝ち残り、最終決戦に進んだ。ただし、最終決戦で優勝した出演者は、8組以外から敗者復活戦で勝ち上がったため、分析していなかったという。 ”
読売ニュース 2016年03月05日 12時27分


 何も考えずにふと目にした記事。

Img_2794「えっついに”M1号”の開発に成功した?!」と読んじゃいまして。

「私はカモメ・・・」

よくよく読むと、です。

 M1号、一昨年末でしたか「笑ってはいけない 地球防衛軍」にて「浜田に似ている」と笑いを誘っておりましたが、あの世代ならば「M1号」の存在知っていてもおかしくないのに?、と。正直私には笑えませんでした。メジャー級でしょうに?と。

 さて、その人工知能。グーグルが開発した人工知能は「囲碁」にて人間を負かせましたが、さすがにTV局が考えていた”シナリオ”までは解読できなかった様ですね。えっ違うの?。会話型人工知能は”いたずら”するとドンドンと会話がエスカレートするようですし。

 びっくりついでに

Mp44PMA アイルトン・セナ・コレクション

 1/43も台紙変更してきましたね。
製品番号は同じですから、ねぇ・・・何をかいわんや。予想していた方も多いこと。

2016年3月28日 (月)

終わった!終わった!!

 やっとイベント出店が終わりました!。

 主催者が変わり、業者や来場者にとっては「まぁみなさん、聞いて下さい!」

もう2日間、同業者と”ぼやきっぱなし”。本当に酷かったです。
主催者が来場数の予想や休憩場所を確保していないので 、それこそ右往左往。何年も参加していますが、こんな光景は初めて、何せトイレの前で食事しているんですから!。

 まぁイベントは滞りなく終わりましたし、開催場所の事務員さん達も「主催者側に申し入れする」とのことですが。


Photo_2 期間中、同業者とともに、ずっと

 人生幸朗 状態でした!。


 あぁやっと落ち着きました。徐々に復活していきます。

 私信:O先生、おかげさまで膝もちました!。遅くに本当にありがとうございました。往復はずっと大瀧詠一聴いておりました。その際の話はまた後日に!。


2016年3月24日 (木)

Amazonがアマゾン作っちゃったの??。

 値札やら商品説明のPOP作っております。「何か良い画像は無いか?」とweb検索しておりましたら、ビックリ!

Amazon_rider141024x683仮面ライダー・アマゾンズ

 の製作発表案内にたどり着きました

「なんで、そこにたどり着く?」は置いときまして。

 私は何度も書いておりますとおり「仮面ライダー アマゾン」だけは今でも好きでたまりません。今でも絵が書けない位の異形さ。、あのスプラッター描写はすごいかと。しかも迷彩柄ですからね。”大人の都合”で昭和ライダー・シリーズで唯一他ライダーが助けに来なかった。

 で、コレ4月1日から「Amazon プライム・ビデオ」にて、日本製作第一弾として配信されるそうで。早速予告編を観ました。現行のライダー・シリーズとは別世界で描かれるようで、あのスプラッター描写や”噛みつき”も健在。なにやら”アマゾン狩”てな言葉も聞かれましたが。写真の左がアルファ、右がオメガだそうで。アルファの迷彩模様は「戦いで負った傷」とのことです。知らなんだなぁ・・・。

 さて、作品。”現行仮面ライダーとは違う一線を置いた作品”とのことですが、お願いですから「昔の夢」を壊さないで欲しい。一応観ますけども・・・。本音言えばR15指定くらいのアクション作品にしてもらいたいかと、それがアマゾンの魅力でもありましたから。

 でもアルファの方のフィギュアは欲しいかな?。

 さて、お仕事お仕事・・・。

2016年3月23日 (水)

なんか頑張っていますね

 仕事と出店準備に追われ、「脳が溶け出しているんじゃないか?」と感じる毎日、何せストレス性言語障害、と言うか言葉が出ない。コレは今や慣れっこですが。もはや休みも就業時間も全ておかしくなっている状態で、帰宅午前様が続いております。出店前に倒れるんじゃないか?。

 少し骨休みで更新でございます。

 さて、2016 PMA F1モデルは「マノー」以外全て製品化するようで。またアナウンスも早かったですね。志向を昔の様に”F1”に移した様に思いました。ただなぜに「メルセデスとマクラーレンはダイカスト製なの?」と言う疑問があります。HQレジンでGP違いを作ってくるのでしょうが。当然、ここにSPARKもアナウンスしてくるのでしょうが。

 寂しいことに「値段が高くなりバカバカしくなった」とコレクター仲間がまた一人辞めていきました。残念ながら残ったコレクター仲間は「オールドF1 ファン」だけに。まぁそれはそれで面白いです。私も現行モデルに興味を失っておりますので。最近お互いCP-MODELSに目が行っております。かなりの重症かと思われます。

 しかしPMAもF1に関しては頑張っていますね。オールドF1もやっと発売され始めましたし、現行モデルもジャンジャン、ただしこれには賛否両論ありますね、やはり。ベッテル・ドカン!の後にはメルセデス・ドカン!ですから。これを「選択肢が増えた」と言う方もありますが、”後出しジャンケン”みたいなもので「なんだよ!」なんて。「マクラーレンM19の金型使いまわしすぎだよ」とは”オールドF1 ファン”。確かに名車ではありますしドライバーも度々換わっているとは言え4台はいらんよなぁ(イタリアの”廉価版”にまわりそうな予感)。

 また2014年US.GPのメルセデス・ハミルトン台紙は良かったですね。あぁ言う風な台紙でGP違いを出すならば。あぁそれは別注品の役目かな?。

 と言うことでまた仕事に復帰いたします。本格復帰はもう少し先かなぁ?。

Nigiwaishouten_212198321

 

 

2016年3月15日 (火)

遺書として

 今回、真面目に”休暇”取らさせて頂きます。3月末、あるいは4月前半には復活いたします。少しお休み頂くと言うことで。

 仕事で出店がある、これは一番の理由であります。が、先般よりののゴチャゴチャ騒動に少し頭を冷やそうかと。また仕事優先ですよね。

 現状、私の脳みそは”どっか行っちゃった!”でありまして、仕事以外は考えたくないのでございます。ということでお休みです。決して”圧力”ではありませんから、そこは変な気にならないでくださいね。ある意味一度リセットしたいということで「遺書」でございます。

 「あんたどれだけトラブル起こすの?」なんて聞こえてきそうですが、一度出版社様相手に大きな失敗をしまし謝罪いたしました。が、他は・・・やめておきましょう・・・、こうやって書くからトラブルが起こるのかな?。まぁ「お前が悪い」を甘んじて受け止めます。また私は「本当に悪い申し訳ない」の場合は心底からお詫びいたします。
 

 では、また!!!。

 ついに私も「CS難民」になりました。F1放送が観れない・・・。BSまで撤退するとは。正直「いずれ」と思っていましたが。残念。

2016年3月14日 (月)

カリスマ?カストリ?

 また仕事の話で恐縮です。昨日組合理事と話しておりました。今いる協同組合も高齢化が始まり、また若手が来ない。資金繰りも上手く行っていない、困ったなぁ的な話が違う話になりまして。そして夜には友人に会い、そんな話から”今の日本の会社と言うのは”みたいな話になりまして。

 「今の時代はこうなんだ」と私個人も改めて考えさせられました。本来は書く必要もないのでしょうが、先行きが不安になりまして。お付き合い下さい。ネタも無いし。

 弊業界に昔から「おれはカリスマ社長だ!」と言うメーカー社長がいました。が、私等は組合での行動や発言で「ありゃぁ”カストリ社長だな」と。カストリの意味ご存知ない方はお調べいただいて。自分で「カリスマだ」と言っているだけで。

 10年ほど前に会長職になられ、「あぁこれで組合も静かになる」と思った矢先、今年に入り「社長兼任になりました」と案内が。組合員からは「一体どういうこと?。70過ぎた人がなぜ社長に復活したのか?」と。が、弊店はそのメーカーとのお付き合いがありません。と言うのも以前に”商売上の裏切り行為”があったそうで。詳しくは知りませんが今でも「このメーカーとの付き合いはNGである」となっております。やはりカリスマでは無さそう。

 が、昨年末、個人的に前社長から連絡があり「内密に」と言うことで。が、知っている人は知っている、と言うのが「内密に」ですね(笑)。

 要するに”社長”に選ばれた方。業績が落ちている中で、社内で会議し新しい商品を開発しようと。これは当然かと思います。が、そこに”会長”が出てきてグチャグチャにする。せっかくアイデア出した社員もガッカリ。社長や重役が助けてやればいいものを、会長の目でスルー。会長に叱られ「俺の目の黒いうちは」なんて言われたら、若い人たちは辞めていきます。業績も上がるはずもなく。「頭が悪いんだから利益を削れ!」と。製品の価値を落とすのではなく、人件費削減まで行ったそうです。

 そんなことが続いたそうで、前社長が愚痴がてら連絡してきたと。「私も会社を去ります」と。「そりゃぁ辞めたくもなるでしょうね?」と。聞きますに、まず「娘婿が専務になり後の社長になる、と言う話はご存知かと。しかし、その娘婿が会社に数千万の損害を出しまして、そして逃げるように他社に移ったのがそもそもの発端です」と。「いや娘婿さんとは組合で私も懇意にさせて頂いておりましたが、少なくとも会長よりはマシな考えを持った方ですよね。それがどうしてこうなったんですか?」

 「仰る通りです。会長は子会社でがんばれ、勉強しろと店舗を出しました。それは直営店でもあり私等も良いことだと思っていました。私もバトンタッチまでは、と考えていました。が、詳細は判りませんが本社に対し背信行為があり、かなりの負債を作ったそうです。これは会長自らが関わったことで、私等には説明が無いんです」と。この娘婿さんは組合で「これからどうしたら良いか?、どう業界を良くしていくか?」等々、真面目に考えていた方でした。で他会社に引っ張られましたが、なぜか3か月もしない内に解雇されまして。やはり”お金”の問題でしょうか、今は行方知れずです。「ちなみに奥さんは帰ってきましたが」・・・なんだかなぁ。

 これは「なんで?」と言う気持ちが私含め業界内に。少なくとも会長「俺がカリスマだ!」に比べても、腰が低く「本当に申し訳ないですが、まぁ”カッコつけ”と言うことで勘弁してください」なんて言ってましたから。

 元社長も今は他メーカーの営業マンです。先般、会社変わるにあたって連絡を頂きました。「私は”カリスマの意見を聞け”と言われ続け何も出来なかったことが残念でなりません。拾って頂いた会社でがんばります」と。こんなことを言わせる会社って一体?。

 自称カリスマ社長も以前は組合でもめると「今から弁護士呼ぶから待っていろ」なんて。これは前述したとおりです。しかし、70をとうに過ぎた方が社長として復帰する、どうなんでしょうか。まぁコチラは仕事上の付き合いはありませんから関係ないか。

 客観的に見ればこの方は”公的機関”に関し”顔が効く”ことが武器だったようです。昭和ですね。が、もうそんな時代ではなくなりました。入札や書類だけの関係でしかない時代。逆に「オイ、俺だよ!」が通じなくなったのかと思います。そこに自分の”娘婿”の失敗と業績不振が続き、こうなったのかなぁとも。しかし「俺はカリスマだ」と言う自負は残っているようです。

 逆に弊店で長年「このメーカーの営業マンは呼ぶな、断れ」と言われ続けたメーカーさんがあります。ここも前社長がワンマン。「地区ではカリスマ社長と呼ばれている」口癖でした(笑)。営業マンが「うちの商品を扱わないなんて、これモグリといわれますよ」。実際に私も経験しました。営業マンの態度がこうですし魅力のある製品がないのに、ですよね。
 ところが、社長が会長職になったらば、方向転換。営業マンは本当に勉強していますし、コチラの要求に対し100%ではありませんが90%の回答をしてきます。販売面でも「これをこうしたらいかがでしょう?」と。ビックリしました。弊店員も皆、「社長がいいんだろうね」と。キッチリ勉強しているのが判ります。居心地も良さそう。

 でも、他業種でもそうでしょうが「ワンマン」”オレが法律だ!”。多い気もしますね。だからこそやっていける会社と逆にダメになっていく会社と。

 夕刻食事しながら友人と話していますとお互いに「変な会社」話は止まりません。ただ「時代が悪くなった」こと、昔のような「義理人情はない」、これは共通の話でした。そして結論は「時代の寵児、といわれた人間はどこへ行ったの(笑)」です。

 最後に、先に「カリスマではなくカストリ」と言いました。私は他人から慕われ言われるのが”カリスマ”であり、自ら「俺はカリスマだ」と言うのは単なる虚栄にしか見えません。カストリさんで十分でしょう。
 先般、ある会社との取引を全面的に中止することになりました。長年取引してきたのに「だますかね?」と言うことです。もう義理人情で済まされません。仕事上で一度や二度の失敗は許されても、やはり「だます」、これは”消費者をだます”ことに繋がります。それを先導したのが社長。代が変わり、やはり「カリスマぶっている」とは業界内での噂でした。「どうせわからないだろう」と思っていたのでしょうが、それを見極めるのも小売業の力であります。それが判らないのでしょうね。しかし「だます」ことでしか生き残れないのが日本経済かもしれません。

 カリスマ試験紙、なんてありましたね。あっリトマス試験紙だったか?。

2016年3月13日 (日)

まさかのソフト化、しかし・・・

 高倉健、主演作は色々ありますが、ある世代にとっての”主演作”として認識されている映画がございます。

O0228032413422125232山口組三代目
 1973年公開

 この映画は名前のごとく、山口組三代目田岡組長の伝記を元に作られた映画です。当時東映社長であった岡田茂が「日本でゴッドファーザー映画が出来ないか?」と考え、田岡氏に直談判し作られ大ヒット。

 翌年「三代目襲名」が作られます。

 が、当時から「山口組に資金が回っているのではないか?」と警察の手が入った、と言ういわくつきの映画で、3部作製作されるはずが2作にて終わります。

 「仁義なき戦い」が大ヒットします。同じく東映製作です。今に至るまで”傑作”と言われる映画。この同じ年に公開された”暴力団抗争映画”、実は元は同じ。「仁義なき~」は元々、飯干晃一が田岡組長をモデルに作った実録小説ですが、これが田岡組長にとっては「気に喰わん」だったそうで。同じ内容の映画が違う脚本と主演で作られた、という珍しい作品でもあります。

 が、さすがに前者は名前をそのまま使用したり、「資金が回ったのでは」と言うことから長年「ソフト化は無理だろう」と言われてきました。が、高倉健ファンにとっては「「これこそ健さんだ」と言う意見もあるそうで。

 それが今年、ついにソフト化され発売されました。恐らく高倉健が亡くなって迷惑をかけないこともあったのでしょう。コンビニ本は相変わらず作品を「封印作品」云々でお金儲けしています。が、ついに解禁に(ついでに。「混血児リカ」も既にCS放送されています。いかに調査不足かが判りますが)。

 が、これタイミングが悪すぎましたね。山口組分裂騒動が報道されている中でのソフト化。このまま知らん顔していてほしいですが、タイミングがタイミングだけに心配です。今のうちに見ておきましょう。また名作「仁義なき戦い」と比較するのも面白いかと。レンタルにもなっております。しかし過去の作品にR18指定とソフト化するには、やはり配慮があるように思えます。

 ただねぇ、共演の器用な菅原文太に目が行っちゃうんですよねぇ。

 
 

2016年3月12日 (土)

琴線に触れる1台

 時代は1978年、前年度日本GPを走った”コジマKE009”。78年から”カウーゼン・チーム”と共同でF1に参戦計画が持ち上がります。マシン開発はカウーゼンが、ドライバーは日本のF2で走ったケケ・ロズベルグが・・・が資金難他で頓挫します。

 そしてカウーゼンが自らチームを立ち上げ、79年から参戦したマシンが

Wk1CP-MODELS
カウーゼンWK1
パトリック・ネーヴ
ポールリカール・テスト

 どうです、この可愛いカラーリングは!。が競争力の無い為に改良されます。ドライバーもジャンフランコ・ブランカテリに交代、と言っても資金は尽き、メルツァリオ・チームと合併吸収されます。私等には「カウーゼン=コジマ」があり、その後は珍車になったWK1として記憶されております。後にメルツァリオも撤退。

 しかし相変わらずのCP-MODELS、上手いところに目をつけるものです。出来は悪いですが。

 

2016年3月11日 (金)

大”裁判”時代、しかし

 皆様も仕事にて”書類作成”されることが多々あるとおもいます。内部はともかくも外部、顧客に対して”見積書””請求書”。これらは営業マンは毎日のように書いているかと思います。中には公的機関にて「webからダウンロードした様式使用」と言うのもありますね。私いつも思うのですが、PC出来る方は簡単で結構ですが、中にはPC出来ない、と言う方もあると思います。大会社であれば別でしょうが、個人経営自営業で高齢者であれば。「聞けば教えますよ」と言うそうですが、実際は「出来ないし、PCがないから」とあきらめる方も多い様で。もう少し公的機関も融通が利かないものか、なんて感じます。

 たまに「詫び状」ななんてのも書く場合がありますね。納期遅れや不良品混入に関して。これはweb上で書式が公開されていますから、それを使えば良いのですが、支払の遅延に対する請求で簡易裁判所に出す書類となると、これが「一行に○文字まで」とか様式が完全に決まっておりまして。また当方を”甲”とし相手を”乙”とする、など結構に面倒くさい。もう少し簡単にならないのか、です。私は今まで再々書いておりますが、高校同級生が弁護士ですので、様式サンプルを貰っていますし、アドバイスもしてくれるので本当に助かっております。

 さて、先日の話ですが、郡部にて同業者が学校納品に関しトラブルがあったようで、学校より弊店に「以降は御社にて発注をお願いすることになりました」と。まぁコチラには”渡りに船”でしたが、前の業者は怒り心頭です。何があったのか判りませんが、直接コチラに連絡すれば良いものを、他ユーザーで「あそこが勝手に盗りやがった」等と言うからたまらない。「それも”お金”積んだらしい」とか全くウソの情報を流しておりまして、困っておりました。非組合員ですから面識もないですし。

 「まぁ判る人は判るよ」と言うのが私の見解ですが、担当者は「仕事がやりにくくてしょうがない。何とかならんか?」と。が、言った言わん、の問題ですから抗議は出来ない。まさか法的手段取り、ユーザーに「証言お願いします」とは言えないですからね。ただ救いなのが”武家の商法”と言うのでしょうか、その店舗社長は先輩後輩を利用して、販売側が勝手に商品をチョイスし高額品を納めている、これが”後輩”には負担になる。学校関係は予算が決まっていますので、それに合わせて工面するのが常ですが、「差額はお前が払え」と平気で言うらしいのです(週末にフラリといらっしゃった教員の方に聞きました)。つまり何を言おうとも「またか」で、かつ「本音は付き合いたくない」と言うことらしいのです。

 まぁ何をか言わん、です。このフラリといらっしゃった教員の方も「本当困っているんです。急に来て”これ買え”なんです。なので今後電話して”来ない日”をお教えしますから来てもらえませんか?。先輩ではありますが、事実関係があれば”学校の方針にて”と言えますから」と。ありがたい話です。今や「先輩後輩」等は無縁な時代ですし、それに”お金”を絡めることはバカでしかありません。逆に「先輩だからサービスしておくよ」が本当の商売じゃないか?とも思います。

 その業者、先日担当者とユーザーで鉢合わせしたそうです。そして「お前、金積んで取りやがったな、裁判してやるから覚悟しろ!」・・・職員室前で。首根っこつかんでやりますかね?。担当者から私に「どうしよう?」と。が「これはユーザー側がチョイスした話であり、裁判にもならない。金銭の授与も無いから心配ないよ」と。前にも書いておりますが、適当に”脅かすような”文面を送りつけてくるのが当業界です(否、他業種も同様?)。ただ正式文書でなければ無視して良いわけです。適当な話が来たら「脅迫ですか?」と言えば相手も引っ込みます。

 「でも万一があるから動いてくれない?」と。と言うことで「御社と弊店の問題ではない旨」の正式書面をwebで探しておりましたが、良いものがヒットしない。

 と言うことで友人に相談。「かくかくしかじかだから書類を一応準備したいんだけど、離縁状の書き方がないんだよね。何かサンプルないかなぁ?」と。友人「離縁状って、お前親族と別れるわけ??」と。「違うよ、”アンタとは関係ない仕事上の問題”話だよ!」。「お前アホウか。離縁状は親族関係、しかも余程でなければ法的に無効なのに。この場合は”名誉棄損になりますよ”で良いんだって」。

 うわっ恥ずかしい。そうですよね、離縁状ではない。大恥かきました。友人「先方が弁護士と相談しても”裁判するに値しない”と言われるから、そんなもの来ないよ」と。今のところ来ていません。

  そして担当者の苦悩は続きます。ユーザーより「これは以前と同じ金額で収めろ」「この文字の色が違う」「こちらの指定するメーカーを使ってくれ」等々、面倒くさいことばかり。私「これ利益ないじゃん」。担当「そう、だから逆に”もう前の会社に頼んで下さい!”と言ったよ。だけど”せっかく頼んだのに何だお前は!”と叱られた」。「何で?。先方の言う値段は数%しか利益ないけど、メーカーは”卸は同じ価格”と言っているぞ」「うちら、そのメーカーと関係薄いからじゃないの?」。メーカーに確認したらば「昨年4月と10月に値上げしています」。早く言えや!。

 しかし、それが通用しないのもまた・・・。「”俺の客を盗りやがって!”店にお返ししようよ」。そんな一週間でありました。というか、その顧客、前社に30万近くの未払い金があるとなると聞きまして、コレこちらも”支払大丈夫か?”となります。まぁ”脅し”かもしれないですが。

 皆様もお仕事されている訳ですが、今後「裁判にする」と言う会社や個人は増えていくかと思います。私は実際に土地の所有権問題にて裁判に出ことがあります。もう時間ばかり取られて面倒くさいしお金は飛ぶ。「裁判に」なんて言う人のほとんどは実際に裁判をしたことがないから言えるわけです。余程の不利な証拠や明らかな違法がなければ心配する必要はありません。つまり普通にしていれば訴えられる理由は無いと。

 今はヤXザ級の弁護士事務所もあります。そんな所に駆け込んだならば、逆に賠償金以上の成功報酬を盗られます。逆に”非は無い”と思われても、先に謝った方が早い場合もあります。それでも金銭要求されたらば、そこから動けばよいわけです。

 大企業は専属弁護士が付いていますが、中小企業や個人業主は専属弁護士を付ける費用がないのが現状です。仕事上あるいは会社上問題は無いかと思われた場合、「裁判だ」と言われたならば”言い訳”等せずに、無料相談所をご利用ください、とは友人弁護士の話でした。

 今は企業に対し「声をあげた少数の人間の勝ち」になっています。企業がお金払って解決、と言うのは、昔からの慣習だ!ごまかしだ、と言う方もありますが、裁判費用考えたら安い物なんだそうで。「お金で解決できる問題じゃない!」と言うならば、金額を増すとオシマイ。そんな話を多々聞きます。さすがに対政府では動きませんが(否、政府は考える部分はあるだろう)、一般企業に関するクレームはそんなことらしいです。貧しいねぇ、と識者なる人に言われるところです。

 まぁ本当に「嫌な日本」になったのは間違いない、コレは私含め、どこか心に置いていけないといけませんね。私も個人的に「裁判だ」と言われたことがありますが、無視したことがあります。何を持って裁判になるのだ?、訴訟内容は何か?。それ考えたらば、です。当然、訴状は来ませんでした。

 件に関し、まず先方が裁判に持ち込める理由があるのかどうか考える、これ考えることには損はありません。あわてないこと。「裁判」と言われた際にビビらずに、まずこちらの非が何か、相手はどうなのか、これ考えることをオススメします。自分に法的に非がないと思われ、かつしつこく「裁判する!」と電話やメール等来るならば「それは脅迫ですか」と。で録音あるいは書面を残しておくこと(友人のアドバイスですが)。「裁判に持ち込む」と言うのは、日本では現状かなりの時間と費用をかけないと出来ません(これは”民事”であり”刑事事件”ではございませんので、勘違いなされませんよう)。

 弁護士試験受けようかなぁ(こら)。

2016年3月10日 (木)

TSMの挑戦

 皆様も大手ホビーショップに行かれると目にするであろう

Img_2769完成品航空機

「紫電・改」

 でございますが、恐らく門外漢の方は「これ売れるの?」だと。逆もまた同じです。

 が、これら完成品はコレクターも多く参加しているメーカーさんも非常に多い。ヘルパ・ウイング、ドラゴン、コーギー他。トイぽい物も多いですが、全日空商事などは民間機発売したりしております。部隊違いや兵装違い、スペック違い等、各スケール山の様にありますね。たまに欲しくなることがあります。空母甲板などアクセサリーは豊富ですし。国内ではKB社が昔から代理店として注力している分野です(ミニカーの倍くらいありそうですよ)。

 そこにTSMが参戦することになったそうです。第一弾は映画「トップガン」再現とのこと。劇中F14トムキャットをメインにアクセサリーも発売されるそうです。

 さて、今は無き当地のホビーショップ。昔店長さんから「ミニカーのクレームなんかマシ。飛行機コレクター(とくに民間機)の目の厳しさは半端じゃないよ」と。軍用機ではありますが、そんなコレクターさんの目を引き付けられるか注目です。

 映画好き、としては欲しかったりしますが。しかし勘ぐりますに、これだけ値段が高騰しミニカー・コレクターも減っている現状。そちらの方面は値段がそんなには高くない(千差万別ですけども)。シフトして行くのも今の時代は正解かもしれないですね。





2016年3月 9日 (水)

また発見

 また映画の話で恐縮です。長年観たいと思っていた映画の話、これまた恐縮です。

Img_0_2「鯨神」
 1962年大映公開

 簡単にストーリーを言えば”和風 白鯨”であります。
原作は官能小説で有名な、宇能鴻一郎でありますが、そんなシーンは皆無です。ちなみにこの作品で芥川賞取っています。

 特撮は後に”ウルトラ・シリーズ”を担当する的場徹。音楽は伊福部昭、主演は、勝新太郎と本郷功次郎。

 残念ながら長らくソフト化から外れでおりました。が「隔週大映特撮映画コレクション」にラインナップされ、待ちに待ちました。ら、いつの間にかラインナップから消えてしまい、これは通常発売品を探すしかないと。レンタルにはならないであろう作品ですし。

 が、世の中は面白いものです。「隔週~」の値段よりも某サイトでは通常発売品の方が安いではありませんか。と言うことで購入し、ワクワクしながら鑑賞しました。

 お世辞抜きに特撮は良いと思います(ホリゾントの距離に問題感じますが)。ストーリーも判りやすい。が、志村喬や江波杏子、藤村志保と言った名俳優を使えきれていないのが残念で。主演二人の勝新太郎と本郷功次郎も存在感が薄い。かと言って”鯨神”がメイン、とも言えない。ラストで・・・はやめておきます。

 ただストーリーは面白い、しかし途中でラストが”判ってしまう”、これが残念です。が、特撮好きには1/1のセミクジラ(鯨神)にグッとくるものがございます。

2016年3月 8日 (火)

風邪に御注意

 風邪、インフルエンザが流行っておりますが、そうではなく。

Img_2759ES/PMA
ロータス99T
中嶋悟
1987日本GP

 御存じのとおり、タバコ・スポンサーの無い、真っ黄色なモデルでした。これを購入した知り合いから「デカール貼ってね」、ここまでは良かった。サード・パーティーからは発売されるデカールを使えば良いこと。しかし氏は大昔のTAMEOのデカールを持ってきたんです。

 「風邪ひいているかもしれないよ」、つまりデカールの経年劣化でバラバラになる可能性がありますよ、と。またこのモデルも発売から年数が経っており、当時作られたであろうPMAのデカールも文字が潰れている。まだTAMAEOの方がマシ、と言うことでチャレンジ。使えるものは全て使おうと。

 上手く行った、と思った翌日に、剥がれが始まりました。そして乾燥にてデカールにひび割れが。マークソフターで何とか割れをごまかし、木工用ボンドを水に溶いて塗布しました。

 が、今度は一部ロゴがマークソフターに浸食されたか、バラバラに。手の施しようがない。やむなく手書きにて再現しました。が、これで氏は許してくれるのか??。不安であります。

 失敗する可能性は高そうだよ、とは言ってありますが・・・。SPARKの隠しデカールを何年も置いたりすると同様のことが起こります。カルトグラフの様な高級デカールならばまだしも、です。

 デカールと釣った魚は早いうちに使え、でございます。弁償かな、こりゃぁ?。と言うわけで考え中です。

 

 
 と言うわけで、よろしくお願いいたします。

2016年3月 5日 (土)

何でやねん(笑)、でも「お好き」です

 また映画話でして・・・

Jetjagger_2「ゴジラ対メガロ」
1973年公開
当時のちびっ子すら「バカにすな!」と怒った

ジェットジャガー

 真ん中にいる方です。ロボット・アニメがブームで登場したそうですが、途中で”巨大化”する!。いつもは等身大ロボットなのに、きっかけも何かが起こるわけでもなく、メガロが登場したら”正義の心”で巨大化する!。そりゃ「子供だましは子供は見破る」でございます。と言うわけで公開当時から日本では”不人気怪獣”として有名でした。そしてマイナー・キャラに。皆が忘れ去る・・・。

 が、ですね、これがアメリカで公開された時から”大人気”キャラ。なんでまた?。その”意味無く巨大化する”のがウケたのか、デザインなのかはわかりません。なにせ「GODZILLA 2014」の製作が決まった際に「ジェットジャガーが登場する!」と言う与太話が出たくらい。何?このジェットジャガー愛は??。ケーブルTVで何度も何度も放送されていたそうですけども。

Jjsbダイアモンドセレクト
ジェットジャガー 貯金箱


 アメリカのマニア向けメーカーがこんな貯金箱発売しちゃった!。

 日本で誰が買うんじゃ?と思ったら、即完売しておりました(笑)。

 他にも無版権のTシャツなんてのも発売されて。

 でも日本でも10年ほど前からでしょうか、「バカにすな!」と真面目なちびっ子たちが目覚めた。「いや結構いいじゃん!」なんて。「意味無く巨大化するところがいいんだよな」などとマニアックな話に。

 2007年に公開された「ゴジラ ファイナルウォーズ」。今のところ国産ゴジラの最後の作品で過去のマイナー・メジャー問わずゴジラ映画のキャラが出てくるのですが、この映画の評価に必ず「ジェットジャガーを出さなかったところが汚点」と。こういう評論が多いこと!。これが日本での”ジェットジャガー愛”に火を付けたのか、まさかのバンダイからソフビ発売に。またメーカー忘れましたが国内でもリアルなソフビ人形が発売され、これが予約完売!。確か1万円は超えていたかと思います(エクスプラスだったか?)。

 7月公開される「シン ゴジラ」。キャッチコピーは「日本VSゴジラ」。果たしてコレにジェットジャガーは出てくるのか?(ない、と断言。監督に”愛”を感じない)。

 私は映画は娯楽、怪獣映画は娯楽の頂点(に近い)と思っていますので、いまだに「キングコング対ゴジラ」が最高傑作だと思っております。コメディタッチかつ特撮の見たいところは見せてくれる。俳優人も真面目な演技。コレを超える怪獣映画は無いと思っております。もう超えるには「ジェットジャガー」の存在は必要だと思うんですよねぇ。

 おっと、つい”熱く”語ってしまいました(汗)。

 




2016年3月 4日 (金)

駄馬がやってくる!

 ブルムによる、勝手に付けました「ジル・ビルヌーブ・コレクション」の最新作、到着案内があり今日取りに行きます。

T5ブルム
フェラーリ312T5
ジル・ビルヌーブ
ブラジルGP 1980

 私はブルムの”ジル・シリーズ”(126シリーズが正解か?)好きなんです。タイヤの成形も良くなりまして、既に発売されているマテルやPMA品よりも好きなんです。ディフォルメが上手いのでしょう、カッコよく見えます。

 312Tシリーズの最後のマシン。前年度はジョディ・シェクターがチャンピオンに。しかしベンチュリカーがメインになった時代、水平対向12気筒エンジンかつ進化型では全く通用せず。前年チャンピオンのシェクターすら予選落ちを経験し、引退と言う”駄馬”中の”駄馬”です。で、結局ターボ・エンジンに活路を見出すことに。

 マテルが早々に発売しましたが、これがデザイン破綻していまして。これは期待です。しかしブルム、なんでこんな高額になったんでしょうか。代理店には申し訳ないですが、欧州は販売価格が¥6,000円程度。円安だから、と言ってもおかしいですよねぇ。某店舗が代理店になった、と聞きましたが、その店舗は今は案内出していません。何があったのか?。

 は、ともかく、ジルを愛するブルム。次は312T3そして312T2でしょうか。マテルからはフェラーリ加入最初のマシンは発売されましたが、日本GPはなし。正直312T5では伸ばし様がないですから、来年以降期待しちゃいます。

 余談:海外では312T4のアメリカGPが販売されています。モナコGP同様にリアカウルと一体にしテストしたマシン。決勝は通常のウイングで走りますが、これスルーと言うのも解せない話であります。

2016年3月 3日 (木)

待望!

 待ちに待った待望のモデルが到着いたしました

Img_2744KB/プレミアムX
マキF101
速見 翔 テストカー1974

速見 翔は本名「新井鐘哲」氏でございます。アニメの主人公か!てな名前。

 日本初の”コンストラクター・チーム”として、”日本F1のマイルストーン”として貴重に感じておりました。で、様々なショップに「別注してくれ!」と散々断られきました。いや冗談ではなく本当の話で。

 同マシン、以前にも書いております。マナと言う国内コンストラクターが、いわゆる”マルチ商法”の会社から資金援助をもらい、F1に参戦すると。

 が、当時は今ほど情報がない時代。取りあえず製作し、”マルチ商法”から資金が出ているのはまずいだろうと、英国で発表しテストしたらば全くF1とは縁遠いものだったと。発表段階ですでに資金がない。”マルチ商法”会社のやりそうなこと。が、とにかくテストだ、と走らせてみた所、これが全く歯が立たない。そして改造を加え、Bスペックが完成しますが結局予選通過できず、と。

 悲惨と言えば悲惨な状況。資金は日本から来ない、これ以上どうしたら良いかわからないまま、現地で試行錯誤されます。翌年は”シチズン”がスポンサードしてくれますが、もはや限界。76年 F1 イン ジャパンにて解散。が、そのメイン メンバーがコジマ・エンジアリングに参加し・・・。

51rf8fdpdml_sx385_bo1204203200_

 唯一でありましょう、マキの詳細な特集を組んだ

 レーシング・オン467号

 これに貴重なインタビューやマキからコジマに至る経緯も詳細に掲載してあります。大袈裟ではなくバイブルになっております。何度読んでも面白い。

 やはり”プロ”と”素人”での情報収取能力は違いますねぇ。お恥ずかしい話「マキって一体なんだったんだ?」と自身で調べたことがあります。が、ほとんど実態が判らずじまい。当時の書籍も探しましたが「謎のコンストラクター」的な扱い。しまいには”F101公開オークション”なんてありまして(同書にも掲載がありました)。これが発売されて「なるほど」ばかりでした。1台は日本に現存しているのは知っておりました、が、その後は・・・長野県のカーショップに存在し、それが広島(新井鐘哲氏の故郷でもありますが)でレストアされ、グッドウッド・フェスティバルに参加したのも御存じの方も多いかと思います。
 さて、モデルです。本当にシンプル。「えっ手抜き?」かと思ったのですが、写真と比較すると同様です。

Img_2747 ただ残念なのが、モデルは広島でㇾストアされたモデルを再現しているので、実際にテストしたマシンとは”日の丸”の位置とかが違うんです。

 同時に発売されたプレゼンテーション・カーは英国ホテルで発表されたモノと変わりがないのですが。KBさんも気づいてほしかったと思います。
 当時のF1はティレルに代表されるような、スポーツカー・ノーズとロータスのウェッジ・タイプに分かれていました。結局ロータスのアプローチが正解と動いていた際に、前輪が隠れるほどのスポーツカーノーズ、そして空気抵抗の大きそうなエア・インテーク。そして”空気層の圧力の違いでエアが入るであろう”と考えられた、サイドポンツーンと平行なラジエター。全て失敗に終わります。74年のチャンピオンマシンはマクラーレンM23、E.フィッテパルディですから、それだけでもアプローチは失敗だったと。

 笑える話ではありません。今みたく海外情報が簡単に手に入る状況じゃない訳で、実際に現地行って「これはアカン」と。しかし、よくぞ情熱だけでF1に参戦したものだと思いますし拍手を送りたいです。一度も予選通過していないんですけども。

 当時シルバーストーンでテストしたそうですが、他チームから教えを請うたり、アドバイスされたりしたそうです。古き良き時代です。

 マキからコジマに移行する話は↑に詳細に。ちょっと発売が古い書籍ではありますが、日本のコンストラクターも頑張ってみましたと、読まれることを、お勧めしたいです。

 うん?なんと「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」でピーター・ガンレイが乗った仕様も発売ですか。こうなりゃぁBスペックまで行く”過程”モデルも欲しいぞ。現地の人間が試行錯誤したマシンも。フロント・ウイングが中央から割れちゃうマシンとか(それじゃぁブルムだ!)。ホンダだけが日本代表ではない、何だか個人的に理解してほしいなぁ、なんて。売れ行きは芳しくないみたいで、本当に残念!。

2016年3月 2日 (水)

漠然たる”アメ車”願望

 ”アメ車”・・・「排気量にサスペンションが付いて行けないから、発進時まっすぐ走らないんだよね」「何、あのデザイン。頭おかしくないか」、そんなイメージを抱かされる”アメリカ車”(「お前だけだよ!」かも)。とにかくデカイ車、ジャイアント馬場じゃないと日本人には合わないサイズ。

  当然、今は違います、と言うかデザインに関しては”古き良き時代”のオマージュでもありますけども。潰れないのは政府のお蔭。

 が、ですね。これが映画やドラマの世界になると、ガラリとカッコよく見えてしまいます。好きな映画「ブリット」のマスタングGTだったり「ブルースブラザーズ」ダッヂ・モナコ 高速パトカーだったり「刑事スタスキー&ハッチ」しかり。実際に乗ってみると恐らくは”ホットロッド”。じゃじゃ馬慣らしだったりするのですが。「昔からニューヨーカーはほとんどアメ車に乗らない」なんて言われまして。ようは”役にたたん”と。

Img_2736GREENLIGHT
ポンティアック・ファイヤーバード・トランザム 1979
”キル・ビル”

 今考えますと、よくもまぁ恥ずかしげもなく、ボンネットに鳥の絵を描いたものだ、と思いますが。「ロックフォードの事件メモ」もトランザムでした。キル・ビルでは主人公”ブライド”の愛車でした。その前に”プッシーキャット”ワゴンを奪いますが。

 私は当然”イタ車”が欲しい、否フェラーリが・・・と言う非現実な部分は置いておきまして。現状は会社リースによる国産車が愛車です。もし自分の車を、と考えるとポルシェを考えますが、でもこれまた夢かな?。現状のコレクション・メインでは維持費も出ない・・・。

 ならば「古いアメ車買ったろうか!」とたまに思うのですが、やはり魅力は”映画内”だけな気がします。これ面白いのが「欧州車には金かけたい」と言う愛好家が国内には多い。アメ車はいても超マニアの世界ですもんね。でも昔のマスタングGTとかを自由自在に操って・・・面白くないですかね?。でも買わないだろうなぁ、やはり。

 日本だけなんですよね、キッチリ作っていたのは。英国から自動車メーカーが消えたのもそんな理由です。ドイツ車は日本でも人気があります。以前にも書いていますが「ドイツ人は不器用が多い。だからキチンとしたモノが無いと使えない」なんて言われます。これは車だけでなく道具にもいえますね。だから高い。

 まぁアレコレ考えるのは面白いものですが、働いているうちはどうしようも出来ないなぁ。

 
 
 

2016年3月 1日 (火)

そして1975年の終焉

 そして1975年も私等世代に影響を与えるのです・・・。

・「仮面ライダー ストロンガー」放送終了にて仮面ライダー・シリーズ終了
・逆に「秘密戦隊ゴレンジャー」放送開始。今に繋がる戦隊モノ
・「メカゴジラの逆襲」をもって、ゴジラ・シリーズ終了
・「ウルトラマン レオ」にて、ウルトラマン・シリーズ終了

 と言うように、今まで”少年”をTVに釘づけさせたシリーズが、偶然なのかどうか、一旦終了します。まるで「お前ら、そろそろ大人になれよ」みたく。ゴジラ、ウルトラマン、仮面ライダーが終わったならば、少年は”脱皮”しなきゃいけない・・・が脱皮できなかったのは、アニメ・ファンでした。

 でかかったのが「宇宙戦艦ヤマト」でしょうね。74年にTV放送され、かつ裏番組の「アルプスの少女ハイジ」と言う強力アニメ番組に負けたのですが、再放送にてファンが増え、当時TVマンガと言われた番組を”アニメ”と称し、後に”オタク”と言う言葉が作られた作品でした。ちなみに私は当時「猿の軍団」観ていました。

 「東宝チャンピオン祭り」も終了、「東映まんがまつり」も終了し、「あぁもう大人にならないと」と思っていた私に希望を与えたのが金曜8時の「ワールド・プロレスリング」でした。

 76年には完全に”アニメ”の時代に。そしてガンダムと言う最強オタク文化が生まれると。特撮は「バトルホーク」「メガロマン」等作られますが、もう時代ではない。「バトルホーク」の”深田ミミ”、東映の”温泉芸者”シリーズ等で”脱いだ女優”と言うことも判っていましたし。後に娘さんもAV女優で活躍した、と知りましたが。ゴレンジャーもそうですが当時は”東映ポルノ”路線の女優さんが、たくさん使われていました。東映作品ではありませんが「電撃ストラダ5」の山科ゆりも、にっかつロマン・ポルノからです(と言うことは”お父さんも巻き込め!”だったのか)。と言うよりも、やはり当時はポルノも特撮も”下”に見られていたのかもしれませんね。俳優を安く使える(宍戸錠で製作費が尽きた、なんて)。

 昭和40年代に作ったメジャー級特撮モノが、この年をもってオシマイと言う、ある意味でターニング・ポイントになった年でした。もうどこも金がかかる特撮には興味が無かったのでしょう。

 まぁ私にとっては前述したとおり、”いじめられっこ”から”いじめっこ”に転換した年でもありますが。

 ちなみに1975年は”沖縄海洋博”が開かれた年。初めて飛行機に乗ったのもこの年でした。まだ返還されて間もない沖縄にアメリカの臭いを感じた覚えです。

 F1はニキ・ラウダがフェラーリに64年以来のチャンピオンをもたらし、暗黒時代から脱却した年でした。名車312Tですね。

 プロ野球ファンにとっては、広島東洋カープの初優勝と長嶋巨人軍の初の最下位が記憶にあるかと思います。

 しかし、気づかないまま、何もしないまま”年を重ねた”気がしてなりません。「もう仕事も将来が先が見えない」と嘆いているよりも、知らぬ間に年を重ねる。これを”知った”方が幸せな気がしてきています。恐らくは「あぁだこうだ」と考えている間に死ぬのでしょうね。これもまた良し。明日のことよりも今日のこと・・・。

 そういう意味で、私等世代は、今の小学生中学生よりも”幸せ”な時代を過ごさせてもらったのかもしれませんよね?。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

***

**

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31