*

  • ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
  • DMM.com DMMポイントオークション
  • DMM.com CD&DVDレンタル

リンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

1/18スケール以上

2016年11月17日 (木)

これには驚いた

 まさか、こんな時代がやってくるとは。

20161116153912_00001PMA 1/18
ミニチャンプス・エクスクルーシブ モデル
フェラーリSF 16-H

なんとPMAがBBRと組んだ、しかも”ダイカスト”で。

 これ販売店から頂戴したチラシです。恐らく問屋さんから来たモノかと。コレ掲載してもいいのかな?と思いつつも色んな箇所が消されているようですので、とりあえず。

 これには本当驚きました。「フェラーリやらない」と言っていた元社長。最後は1998年 フェラーリF300の前半戦仕様かと。そして翌年からはマテルに移りました。ショックでしたね最後まで、マテルの出来は。ロードカーは良くなっていったのに。ということで18年ぶりのフェラーリとなりますか?。

 しかしですよ、数年前までは「マテルしかない」。今は「ブラーゴしかない」。「SPARKがLOOKSMARTの版権を利用して発売」。とまぁ現行F1モデルに関しては、LOOKSMARTしか手が無い現行F1モデルが、1/18だけで3社ですからねぇ。まさか、でした。後は値段と出来とで相談するだけで。

 ただ「1/18は買わない」に移行した私にとっては傍観であります。が、ここで1/43まで始めたら?、それもダイカストで・・・ならば私はPMA取りますね。

 BBRは少数生産のハンドメイド・メーカー。ここにPMAに版権を売る、と言うのは商売にも繋がりますし。恐らくは原型を元にPMAダイカスト工場にて製作するものと思われます。確証はないですが、簡易版BBRと言ってもよいのかもしれません。SPARKがLOOKSMARTの版権利用し製作発売するのを真似しましたね。

 は、良いのですが「現行ロードカー、どうしてくれるんだ!」。ブラーゴは過去モデルばかり発売しますし、1/43はトイですし。ハンドメイドしかないじゃん!。これをどうにかして欲しいですねぇ。LOOKSMART版権をSPARKは利用しないのか?。レジンでも許しますぞ。

2016年10月 7日 (金)

王様の耳はロバの耳

 少し「何のこっちゃ話」をしたく思います。

 皆様、「これは墓場まで持っていく」なんて話をお持ちでしょうか?。私はありまして。いや表現が違うな、これは。「知っている人間いるじゃん」、でもしゃべらないでしょうから。「ココだけの話」が通用しない話でありますから。そこ。相手人間が外れたら話せます・・・が、こっちのプライドもありますからね。私を”罠”にかけ”人身御供”にするしかない、アンタらが間抜けなだけですし。もう、そんな”人任せ”仕事はやめろと!。

 ねっ?「なんのこっちゃ?」になりますでしょ?。でも、おつきあいください。

 で、他者からコノ話が出ると「いや違うんだよなぁ」と思ったりしますが、言えませんもんね。まぁ結果的には「別にどうでもいいことじゃん」なんですけども、その相手がいるからこそ困るわけで。今、明石家さんまがSMAPの解散問題で叩かれているみたいですが、もっと知っていることがあるでしょうし。

 また、それで話が”つまらぬ方向”に行ったり、自分でも「何だかなぁ」と感じたらば、どうでもよくなる。何を言っているの?。コレが正解でしょうが、ちょっと今は悩んで怒り感じているんですよ。

 現状は「相手にせず」ですし無視もしています。心底「なぜ、こんな意味不明かつ理解できないことを考えられるのだ?。相手からの要求だった?。それにオレ巻き込んだの?、あなたの方がプロでしょう?」と。本音はココで「実はカクカクシカジカで、ね、私も大変な目に遭った、と。で結局俺の責任か?コレ」みたく書きたいものでもあります。が穴掘って「王様の耳はロバの耳!」ではなく「アンタの頭の中は”自分が世界で一番偉いんだ!。オレは責任取らない!”と思考崩壊しているんでしょ?」と言いたいのであります。

Comicbookclubdeadpool975x545970x545 私は今後一生付き合うことはしないと決めていますが、相手が何やら第三者を使いコッチに再度付き合うよう、動き出しまして。アホウを越えた常識知らず。頭下げても付き合わないことがわからないのでしょう。まぁ、そんな人間と付き合うのは自分の成長にも役に立ちませんね。私自身は無責任かつ、怒ると徹底的にいきますから。これ以上に立ち入るならば、です。

 ただ救いは”仕事で”も本業ではないことです。

 これもはや内緒話を「言っている」のも同然か?。でも世の中にはあるんです、こんな”やっかい”かつ”アホウを超越した問題”も。

 さて新商品でございますが、珍しいモノが日本GP鈴鹿にて販売開始されるそうで。

Imgrc0089344082GREENLIGHT
KV レーシング・テクノロジー
佐藤琢磨
2010 サンパウロ

 佐藤琢磨のインディカー初参戦モデルです。忘れちゃったかもしれませんが。ロータスカラーになるのは2戦目のセントピーターズバーグからでした。もうロータスも無くなり忘れてしまっちゃったかもしれませんが。
Imgrc0089344090
 GREENLIGHT
KV レーシング・テクノロジー
佐藤琢磨
2010 アラバマ


購入した方から実物見せてもらいました。GREENLIGHTの1/43ですので製作はixoと思われます。うむixoタッチの出来でありました。当初購入考えましたが、スルーしました。若干、コクピット前のディフォルメが平坦に思えました。もう少し”張って”も良かったような気がします。アラバマ?何かありましたかね?。「この年の最高P.P.」だから?。アラバマ初開催だから?。

 でもね、コレ私は先に教えられて発売知っていたんです。が「鈴鹿F1が始まるまで内緒」と言われて。でもその前に、コレ既に発売しているお店あるじゃん、FOさんが既に!!、それも1週間も前に。

 ならば、今わたしが書いたことに文句言うのか?。WEB探したらわかるじゃん。↑同様に”自分勝手”でしかない。まず自分等で調べないと。騙された私も悪いですけれども。ただし、もしコレに関しクレーム来ましたら↑ではないですが、全て暴露します、と言いたいところですが”脅迫”にもなりかねませんから。金曜日に書いたのも「鈴鹿開始」日ですしね。もう後は何が出るか予想が皆さん付くでしょう。

 いや、もうごめんなさい。書くのをためらったのですが、最後ですから言いたいこと書かせて頂きました。最近本当に思うのですが、どの業界でも人間の考えの”格差”を感じるんです。私は、たまに「お前、失礼過ぎはしないか?」と感じることが非常にあります。よく社会で通用するな、とも。まぁどうでもいいこと。

 戻りまして、GREENLIGHT 1/18は自社で作るんでしょうが、今季モデルは少なくとも昨年よりかは、がんばったかな?と。

196640GREENLIGHT 1/18チーム・ペンスキー
ウィル・パワー
2016シーズン

 最終戦、惜しくもトラブルでチャンピオンに届かなかったパワーであります。でも現在のインディカー・シリーズの中では、私個人的に最強の一人と感じています。オーバルも強くなってきましたから。

 で、どうも佐藤琢磨1/18も出るそうですが、これは海外アナウンスが無いので、日本だけでしょうかね?。

 今回は”怒り”ばかり、かつ、つまらぬ話でごめんなさい。

 とまぁ、弊バカ ブログは影で、こんなことと戦っていたわけでございます。これもまた私の考えの薄さと頭の悪さ、これから来ているのは承知でありますが。

 でも、もうどうでもいいこと。今頃「スーサイド・スクワッド」観に行ってるわ!。
 

2016年9月 9日 (金)

あまりカッコいい話では無いですね

 マテルが”映画”登場劇中車に移行して何年経ちましたっけ?。

 そのマテルから少し情けないお話が。

1/18 アストンマーチン DB5 ボンドカー "007 ゴールドフィンガー"(ギミック付)  \30,000 
1/18 BACK TO THE FUTURE タイムマシーン(デロリアン) スペシャルエディション 58,000 
1/18 ナイト 2000 K.I.T.T. (ナイトライダー)スペシャルエディション  \49,000
 全部キャンセルなんですって。理由は「クオリティ基準を満たした生産維持が困難と判断された為」だそうで、コレってカッコ悪いですよね。「上手く作れない」と言っているのも同じかと。とくにデロリアンやK.I.T.Tは人気車種ですし。

 フェラーリの頃はMRが原型に携わっていたそうですが(多分)、別れてしまったんでしょうかね。1/18マテルは後半本当に出来が良かっただけに残念でもあります。

 今後は”ヘリテージ・シリーズ”安価版がメインになっていくんでしょうか。少し寂しいですが。

2016年7月 6日 (水)

「16週目の奇跡」 上手い!

 さて、「この年のレースは面白くなかったなぁ」と言う年は少なからずあるかと思います。ここ数年はイマイチでしょうか。今年はスペインGPでのマックス・フェルスタッペンの初優勝が白眉でしょうが、私はオーストリアGPでのヴェアレーン(すいません、DTM時代からコッチが呼びやすいもので)の入賞も「やったね!」と思います。

 さて、その”面白くなかった”シーズンの中で反論を喰らいそうな年が私にはありまして、それが1988年(あぁ怒られそうだ!)。もちろんセナ・プロ対決に沸いた年ですので、レース自体は面白かったと思います。また御大エンツォが亡くなった直後のイタリアGPでのフェラーリ1-2、も忘れられません。日本に「アイルトン・セナ」の名前が刻まれた年ですが・・・。

 なぜ私には面白くなかったのかは理由があります。セナ・プロ対決はともかくも、セナは良いマシンに乗ったらばチャンピオン取れると思っていましたし、翌年エンジンがNA化される為に上位チーム含め、ターボ勢は前年度のアップデート・マシンで参戦したからで、それではマクラーレンに追いつきませんわね。救いはセナ・プロが唯一”きちんとした”レースをしてくれたことだったと思います。翌年からは見てられない。

 この年の一番のレースはセナがチャンピオン決めた日本GPでしょう。これは有名な話ですので割愛します。が日本GPで私が一番興奮したのが

Img_2994ミニカー・ガレージ ロム/SPARK
マーチ881
イヴァン・カペリ
1988 日本GP

 エイドリアン・ニューエイF1初作品。非力なジャド・エンジンながら、シリーズ通して活躍します。表彰台も経験。当時”マクラーレンに次ぐマシン”とも言われておりました。

 が、日本GPは忘れられません。セナがスタート失敗しプロストがトップを快走。それを追うのがカペリ。そして16週目にストレートでスピードが一瞬落ちたプロストを、ライン手前で抜き去る!。当時はNAエンジンがターボ車を抜くなんてありえないと言われていました。もう私は「おおぉ!」。残念ながらターボパワーの前に1コーナーでプロストに抜かれちゃいます。が、ラインを先に超えたのがカペリでしたので、記録にもトップです。この年唯一NAエンジンがトップ走ったGPでもあります。と言うか、それ以前はいつだっけ?。もしかして83年のデトロイトGPのアルボレート以来ではないか?。ちなみに結果はリタイヤでした、残念。当時鈴鹿に観戦に行っておりましたが、シケイン近くで観戦していたので、自分の目で見られなかったのが残念。ただシケインでプロストに追いついたのはわかりましたが。まさか、です。

 「16周目の奇跡」は当時の書籍からの引用の様ですが、上手い事言うな!と。ちなみにカーナンバーも「16」なんですよねぇ。パッケージングも期待していたのですが、残念ながら普通になっちゃって。実車写真に「16周目の奇跡!」と文字が躍って欲しかったところですが、コストの関係でしょうかねぇ。これは自分で作れそうですが。

 一瞬ですが楽しませてくれたマシンと言うことと、非常に美しいマシンでもありますので予約購入しました。だからPMAさんよ・・・もういいですね(汗+苦笑)。

 レイトンハウス・・・バブルの象徴だった会社でしたね。もう一回バブル来ませんかね?日本も。とち狂った時代でしたが、ちゃんと給料はでていましたもんね。

 でも本当、訳わからんGP仕様発売するよりも、記憶に残るレース モデルがやはり良いのであります。

2016年6月19日 (日)

23時間57分後の悲劇

ルマンが終りました。

また女神は微笑まず。私自身もまだ結果を受け入れられていませんので、また。

コレもレースなんでしょうが、が、です。

2016年4月20日 (水)

期待していなかったけれども

 再販決定で待っておりました

Img_2854GREENLIGHT 1/18
フォード・マスタング コブラⅡ

”チャーリーズ・エンジェル”
 ジル・モンロー


 届きました。モデル自体はGREENLIGHTタッチですが、最近のモデルの中では若干落ちるかと。白の塗装も良くない。ただし内装はかなり凝っています。追加塗装等は不要かと。またウインドウの樹脂が悪くなりました。透明感が乏しい。これもコストダウンの一環でしょうか?。

 は、ともかく。劇中車ファンでもあり、お目当ては当然、ジル・モンロー。これが無かったらスルー。

Img_2855「デビ夫人かよ!」

 さすがに女性フィギュアに手を入れたことは無いので、マックウィーンのようにはいかない。
 タミヤのウエザリングマスターでごまかそうか。

 まぁ期待していなかったとは言え、ですわなぁ・・・。

2016年4月 6日 (水)

待望の・・・

 静岡ホビーショーで、特撮ファン待望の劇中車が発表されるそうです。残念ながら(?)1/18からのようです。

 あまり詳しいこと書くと、また叱られますので「今年50周年迎える特撮TV」、としておきます。

60corvairなつかしき
シボレー・コルヴェア

 さて、これは過去にトイやプルバック・カーは発売されていましたが、本格的なモデルは初ではないか?と思います。

 さて早く1/43発売してもらってポインターの横に置きたいのでございますが、いつになるのかなぁ。

2016年2月 3日 (水)

買えなかった!しかし

 以前に書きました

177731GREENLIGHT 1/18
フォード・マスタング コブラⅡ
”チャーリズ・エンジェル”
ジル・モンロー

 フィギュア付き、これが最近国内発売されたようですが、完売とか!。確かに見付からない。と探しておるのですが、どうやら3月に追加が国内に入って来るようです。早速頼みました。が、アメトイ店です。PMA F1よりも安い。確かに出来は他社に比べれば落ちますが、雰囲気重視ならば否、ジルつきですからね。そう考えるとPMAの価格高騰は改めて「なんで?」と思うわけですが。

 不思議なんですよね、こういった商品、映画劇中車って専門店での取り扱いが少ない。結局アメトイ店頼み。不思議です。今はGREENLIGHTはLG55と言う会社が代理店になっているみたいです。

 が、ですね。ジル・モンロー役ファラ・フォーセット・メジャーズに似ていなさそうで。このモデルはジル・モンローありきなんで。海外ショップの画像も上手く見えないようにしてあります(?)。また「ブリッド」同様に、でしょう。

 しかし今考えますに、この車はパワーがあり過ぎてまっすぐ走らせるのが困難だったとあります。重ステ、重アクセルで女性に運転できるかよ?、なんて。

 しかし、それがドラマでありますよね、あまり目くじら立てていると頭おかしくなります。替え玉のスタントは男性で、近影は普通のマスタングだったらしいですが、実際に走らせるのではなく、クレーン車が引っ張っていたらしいですが、ありえそうでホンマかいな?です。

2015年12月22日 (火)

あれまぁ?

 ixoから「アイルトン・セナ コレクション」発売アナウンスから数年経ちました。

 で出てきましたね、が??

Senr180021/18 プレミアムX
マクラーレンMP4/4
アイルトン セナ

1988 日本GP

 プレミアムXはixoのブランド・グループとは言え、何でですかね?。そういえばプレミアムX
名義で発売されたニッサンGT-R LMは本戦発売しないんでしょうかね?。

 さて画像しか見ておりませんが、エンジン再現、マXボロ隠しデカールと、まぁ見られる方ではないか、と思います。と言うかもうこちらは「飽きて」いるのですが。このお値段、¥35,000程度ですか、余程のファンでは無い限り、ねぇ。それより気になるオートアートなんですけども。

 1/43もカタログに掲載されていますが、マクラーレンなんかONYXの金型使ったりして(こら)。いずれにせよスルーだなぁ。

 しかしPMAもカタログED2にて、セナ・コレクションの再販を掲載していますし、もう両社とも全く方向性が見えないですねぇ。

 それでも売れる「アイルトン セナ」と言うのもスゴイですけれども。

 明日は「スターウォーズ フォースの覚醒」話をば。今日見てきます。ネタバレさせませんので。

2015年10月31日 (土)

感覚が麻痺

 ミニカー価格の高騰は止まりませんね。今は亜鉛の価格高騰が続いているんだそうで、亜鉛合金のダイカストにも、その辺りが影響しているようです。

 は、さておき。先日某ショップからの案内に「X社製 1/18XXXX(車名)が入荷します。非常にお求め安い価格になっておりますから是非!」とありました。1万円超えています。ふと「あぁ値打ちだなぁ」と思ってしまったのですが、よく考えてみると以前ならば4,000円程度だったメーカーです。出来も今の眼からすれば知れています。それを販売側も購入側も「あぁ値打ちだ」と考えるのは、やはり”麻痺”してきているのであろうと思いまして・・・。まぁ仕方が無いのかなぁ?。

Braagoブラーゴ
フェラーリSF15-T
セバスチャン・ベッテル

 あぁSPARKがLOOKSMARTと組んでくれてよかった!。こちらは¥1,500ですが。でも今思うとマテルも似たような出来だったような?。これはいらないかなぁ。

 LOOKSMART RACINGの同車も高いなぁ、と思うのですが、BBRやタメオの半額と思えば、まぁ仕方ないかなぁ・・・。出来の良さは全く違いますが。

 円安の影響も大きいですが、まだまだ値上げが続きそうな世の中ですねぇ。

 

より以前の記事一覧

***

**

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30