*

  • ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
  • DMM.com DMMポイントオークション
  • DMM.com CD&DVDレンタル

リンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

F1

2016年12月29日 (木)

終わり間近になりました

 今までモータースポーツに関して”思い出”を多数書いてきました。そこに色んな思いが詰まっていたのであります。徹底したのが家族のことは、なるべく伏せると。実は家族は私がブログ書いていることすら知りません。それほど徹底的な秘密主義で書いてきました。見つかれば「アンタ、アホウか?、早くやめろ!!」と言われるだけですから。

 が、最後間近であります。ここは”本当に今も心に残るレース”を書きたいと思います。

 嫁さんが第一子を妊娠し、予定日を越えて家にいました。「大丈夫なんかなぁ」、初産でありますから当然でしょう。が、男は判んないんですよね。何していいのか判らない。ただ「お医者さんの話に従おうよ」と。

 それが1994年でありました。セナが亡くなり、シューマッハかヒルか?の時代でした。そして迎えたドイツGP。記憶が定かではないのですが、生放送だったのか録画だったのか、深夜に珍しく嫁さんも一緒に観ておりました。そこで優勝したのが

Sl500ONYX
フェラーリ412T1B
ゲルハルト・ベルガー

 でございました。当時はPMAも出していましたが、412T1のみの発売で”イラッ”としましたね。

 さておき。フェラーリが優勝したのが1990年以来。私はティフォシでありますが、コレにはビックリしまして。一緒に観ていた嫁さんに「やっとフェラーリが優勝したぞ!、これ何年ぶりだ?」と言った覚えがあります。

 ベルガーいわく「トップの自分を追うミハエルは若い。コーナーでギリギリを攻めている。つまりタイヤあるいはエンジンに負担がかかるだろう」、これが大当たりでミハエルはエンジンがやられてリタイヤでした。あのままならば間違いなく抜かれていたでしょう。

 で、喜んで寝るわけですが、深夜に急に嫁さんが私を起こし「破水した、病院に電話して!」と。で、私は病院に搬送するのですが、近くとは言え眠気で記憶が薄い。そして午後に生まれます。

 「あぁ俺は父になったのか、不安いっぱいだな」と病院に子供を見に行きました。久々にフェラーリの優勝、そして生まれた子供。「名前はベルガーになるよう付けようか?」。「アンタはバカか!」で違う名前になるのですが。そんな上の子が今年就職なんですから・・・・。もう、こんなブログやっている歳ではない、お分かりと思われます。

 てな理由で、私にとって”記憶に残る”レースであります。

 
  

 このGPではルノーが2-3に入ると言う、当時は他GPでは起こりようが無いことが起こりました。そして有名になったのがヨス・フェルスタッペンのピットでの火災でありましょう。その後当然ですが色々な改革案がでます。この年は色んなことが起こりすぎたF1でした。

 


 コレは怖い。重傷者がいなかっただけ良かったかと。しかし94年に走っていたドライバーの息子が今頑張っていることに、さすがに”凄み”感じます。

 音楽も映画もスルー?。合わない内容ですよね。でもラスト近いので、ゴリ押し行きましょうか。

 私は個人的に「3大ライヴ アルバム」と言うのがありまして、まずは前に書きました「オーティス・レディング /LIVE IN EUROPE」。

Photo サム・クック
ハーレム・スクエア・クラブ1963


 これ、音源が80年代に見つかりまして。その前はソウルやR&Bコレクターや国内の評論家からも「なぜサム・クックが良かったのか?」と言う議論がありました。生前は「AT THE COPA」と言うライヴ・アルバムがありました。これが、まぁゆったりとした感じで、まるで「アンディ・ウイリアムスか!」的に歌われる。

 が、この音源が見つかりレコード化され、そして聴いてビックリ!と。「AT THE COPA」は白人を中心にした高級クラブでのライヴ、しかし「ハーレム・スクエア」の観客のほとんどは黒人であった、と。私もこれ買った際にビックリしました。「だからサム・クックは認められていたんだ」と。日本では何せ「ミスター ”ノーソウル” マン」とまで書かれていましたから。オーティス・レディングが”自分の師”としていたのも今は判る気がします。

 もう一つ、これがもう良くて良くて。すっかりレゲエにはまったのが

2ボブ・マーリー
 ライヴ!


 ボブ・マーリーやレゲエを紹介したのは、エリック・クラプトンでした。
「I SHOT THE SHERIFF」でありました。そこから、ジミー・クリフ達が欧米で人気を博すのであります。

 当時、ちょっと”気どった”友人が持っていたのですが、私は最初に聴いた際に、このアルバムの「NO WOMAN NO CRY」にやられましたね。それからはファンになりました。
 
  

 アルバムのテンポよりも、ゆっくりとした感じで。ボブ・マーリーは当時のジャマイカ政府への批判を歌にしていました。政治的であったわけであります。だから今でもジャマイカでは神格化されている、と。  

 映画ですか?昨日「ローグ・ワン」観に行きました。が結構な戦争映画で楽しかった、にて。ただしスター・ウォーズを知らない方には判らない部分もあるでしょう。今の映画では仕方がないですね。ネタバレもありますから書きませんが「フォースの覚醒」よりも面白い!。でも全然盛り上がらない(苦笑)。


 と言うわけで映画ではないのですが、買ってみたら「面白い!」と思ったソフトを。実は「レンタルになるだろう」と思っていたのですが、私の近所では出ませんでしたので。


Photo F1 グレート・ドライバー/グレイテスト・レース

 原題は”HOW IT WAS”、いかにして勝負したのか?、の意味でありましょうが、邦題が下手くそすぎて、これでは売れないでしょう(怒)。センスなし。何で、つまらない邦題つけようとするのでしょう、日本は。そのままでいいでしょうに。

 が、内容は非常に濃く面白かったのです。ネタバレはいけませんのでスルーしますが、名ドライバー達の語る”1戦”。「あぁチームが数戦前から気を付けていたんだ」とか、「心理戦とはこういうことか」。「ドライバーの”眼”はスゴイ」等々。過去のレースでありますが、非常に面白く「そうだったのか!」でした。総集編には無い、ドライバー個人の思い出と、「いかにして勝利(表彰台)を狙うか」を、本当に目の前にあるような気がして参ります。

 残念ながら、ミハエル・シューマッハがいないのが残念です。もしリハビリも上手く行き、通常生活に戻れるならば、過去の話が聞きたい。そうも思わすソフトでありました。

2016年12月28日 (水)

今年の私のベスト モデル

ご存知の通り

0000850889WHAM!
であった、ジョージ・マイケルが亡くなりました。25日って、自分で”ラスト クリスマス”にして、どうするのだ。

 でありますが、現状アメリカではWHAM!=笑、であったこと。ジョージ・マイケルが解散後に様々な奇行をしたことで出来たことでもありますが、死んだら笑えない。

 映画「デッドプール」で散々「笑」にされましたが、もはや笑えない。ダメでしょう死んだら。私はWHAM!は当時から「日本歌謡曲か!」と思う位にバカにしていました。とにかく音楽が”安い”。ただ日本での最初の「クラブ・トロピカーナ」、この音楽が良かったんですけども。その後は、まるで・・・。”CARELESS WHISPER”が西城秀樹や郷ひろみにカバーされて、歌謡曲にもなりました。ソロでは結構アメリカでは評価が高かった英国シンガーでした。今年は本当に過去に歴史を作った音楽人が亡くなりましたねぇ。

 さてさて。ロードカーに移った私にとって、今年のF1モデルは、何だか?、でありました。それはともかく。人それぞれでありますが。

 私が思う、今年のベストF1モデルを掲載させて頂きます。

Img_3200R'on/SPARAK
ロータス100T
中嶋悟
1988年 日本GP

 別注ですから、これを挙げるのはどうか?、入手できない方もあったと思いますが、やっと”まとも”な100Tが発売された、そしてディフォルメもカッコいい、と言うことで選びました。ある意味で”抜けていた”マシンでもあります。K社が大失敗したことは、このモデル見たら一目瞭然であります。

 あえて。イエローがもう少しオレンジに振ってくれれば。最近のSPARKは若干カラーが”私には”イマイチに思えるのですが。スケールカラーと言うヤツでしょうか。そして88年当時に発売されたONYX、これが比べると結構にキチンと作っていることに驚きました。あの当時でもキチンと作っていたんですね。ピケは通常品として発売されます。入手できなかった方、是非ピケ モデル見てください。

 「別注だからなぁ」と言う思いはありました。本来であれば

Img_3222SPARK
リジェJS19

 であります。これは既発売品オーストラリアGPのジャック・ラフィーでありますが、後半戦であり元の形とは違っております。ロータス80同様の思想で作られ大失敗したわけです。12気筒マトラ エンジンが長いことすら忘れていたと。このデビュー戦モナコGPの発売アナウンスがありましたが年内は無理とのことで。忘れられないマシンの1台でありました。

 もう1台、リジェJS9もチョイスしたかったんですが。これまた失敗作でありますが、やはりカッコいい。リジェと言うのは他チームとは何かが違う、コレが面白いと思います。決して特筆してカッコいいわけではないですし、不細工な箇所も多いんですが。

 しかし現行ではなく古いマシンを選ぶ(個人的な勝手な意見ですが)、コレは問題ありじゃないでしょうか?と私も思ったのです。
 
 PMA ハミルトン 2015 U.S.GP、フィギュア付き も候補でしたが、違うバージョン発売し過ぎで、気が引けまして。
 古いヤツでありますから、結局はこうなっちゃうと。本当”コレは面白い!”モデル出して欲しいです。もし今の状況続けていたら、「今年のベストは劇中車」になりかねない、それも良し、ですけども。またある意味で今のF1がカッコが良くないか?。今年印象に残ったマシン(F1)と言うのが無い、と。来年は変革の年ですので、カッコいいモデルに期待しております。

 しかしPMA F1モデルの年内発売が2台とは!。と言うことは来年初頭にドカン!がくるかもしれないですね。


 映画になります。結局今年は期待して失敗映画が多かったわけで、何書いたらいいのかがわかりません。レンタルや購入で面白かった!は既に書いておりますし。

 ならば、何度観ても「これ、どこかに行ってしまっているな!」の代表作をひとつ。

429000033ゴジラ ファイナルウォーズ

 2004年に作られた東宝ゴジラの最終作であります。始まりは上手い、と思ったのですが、ケイン・コスギや松岡昌宏達の演技の下手さがドンドンと壊してくれます(それとX星人の皆さんの雰囲気)。ベテラン俳優陣の上手さと若手俳優陣とのギャップがすさまじい。歴代戦った怪獣との戦いは面白いのですが、最後はキングギドラ似怪獣と戦い、そして突然現れたミニラとともに消えていく、と。何だか意味不明のままストーリーが進んで行き、意味不明のまま終わると。


  完全な”崩壊”映画であります。が、その崩壊加減が”気持悪く”なるくらい面白いと。まるでカルト・ムービーですな、こりぁ。当然、人を選ぶ映画です。公開当時に観に行っていますが、当時から「なんじゃこりゃぁ?」と思いました。が、ソフトになってから観たら、段々と良さを感じ、観続けると気分が悪くなると。ある意味でドラXグかもしれません。


 その崩壊加減さも手伝って、私にはシン・ゴジラより面白いと。ファンから「何を言っているのだ!」とお叱り来そうですが、長年ゴジラ観てきた者にとっては(私だけ?)、シン・ゴジラは面白くない映画であったのであります。なにせ8人の観客で観たのですが、6人が途中で爆睡。私も「ゴチャゴチャはいいから、早くゴジラ出せよ!」でした。期待値が高過ぎたこともあります。来年は「ゴジラはアニメ公開らしい」と聞きますと、やはり「アニメは強いんだなぁ」と再認識するのであります。シン・ゴジラはゴジラを映像から消しても成り立っちゃうんで。ここがねぇ、でありました。

 国会議員の石破が反応して色々と言ってました。「巨大生物が現れた場合の法は、どれを使うのか?。いきなり自衛隊は使えない」とも。他国による脅威ではないので自衛隊は出動できない、と。この話に”燃える”人達がいたんですが、大体、科学的に言っても130mを越える生物が、二足歩行は出来ない、と言うのが、まずありまして。映画内容は政府の対応がメインになりますからわかります。しかしゴジラの存在は無視して??。なので語るだけ無駄、と思いながらも「石破、こんなん好きだな」とも感じました。昔「もし宇宙人が責めてきた場合の法的措置は?」なんて討論した人ですから。

 結局はゴジラに”リアリティ”求める方がおかしいのかもしれない、私はそう感じました。監督が「エヴァンゲリオンありき」発言でありますから、この映画にアニメ ファンが喰いついたのは非常に納得です。が、ココが残念なんですよ!。アニメ ファンは否定しません。特撮ファンが、もはや「アニメの方がスゴイ」になってしまっていると感じているのも事実であります。以前は対立軸でありましたから。ハリウッド並のCGを使うお金が無いでしょう。

 今年はアニメ「君の名は」が大ヒットしたそうで、シン・ゴジラ評価からコッチ評価に移行する人が多かったみたいです。やはりアニメって強いですよねぇ。
 
 
 

 これですよね?。実際に私の友人から「昭和のドラマのアニメ化?」と聞かれました。本当に知らなかったらしい。しかしコレは純愛ドラマとしてはよくできていますわ。簡単明瞭、かつ「あぁどうなるのだ~」ですから。だから韓流ドラマが流行ったのかもしれません。簡単明瞭さはよく似ています。ちなみに私はコレ観ていますが今年のアニメは観ておりませんで(汗)。評判がすこぶる良いらしいので借りて観ます。  

 さぁ嫁さんや恋人に”真知子巻き”させましょう!。バカ。

2016年12月22日 (木)

何社め、でありましょうか

 十数年前に発売アナウンスがあった

72108PMA
ロータス72C

グラハム・ヒルブルックボンド・オキソ レーシング/ロブ・ウォーカー チーム
1970 メキシコGP

 が欧州発売されました。本当に何年待たせて値段を何度上げたのだ!と怒りもありますが、私は昔から好きなマシンとカラーでありまして。オリジナルを若干ですがエクステリアをチームが改造して、逆にカッコよくなっている気がします。

 しかしですねぇ、ロータス72はともかくも、昔からなぜかよく見るモデルであります。最初に見たのは恐らくは小学生の頃でありましょう。メーカー不明ですが恐らく1/32くらいだったかと。その後も1/24程度のトイも見ましたし。当時としてはグラハム・ヒルの人気もあったのでしょうね。ブルックボンドって紅茶メーカーですね。

 まず思い出すのがQUARTZOです。当時買いました。でSPARKからも発売されましたよね。これ勘違いかもしれませんが、確かQUARTZOがロータス72シリーズを発売し、その直後にPMAもアナウンスした気がして。先にエマーソン・フィッティパルディの初優勝モデル、そしてJPSカラー(エマーソンのみ)。その後にプライベイターのアナウンスがあった気がするのですが。

 ちなみに、やはりQUARTZOから発売された

72107PMA
ロータス72D
デイブ・カールトン(チャールトン)
ラッキーストライク・レーシング(スクーデリア・スクリバンテ)
1972年 イギリスGP


 これまた案内から十数年、発売されました。このチームは活躍していませんが、恐らくラッキーストライク・カラーで選んだんでしょう(か?)。しかしタバコ・ロゴを自主規制しているのにもかかわらず、わざわざ発売しますかねぇ。ラッキーストライクがあるからカッコいいのに。するとQUARTZOが生きてくると、まぁ何だかなぁ(苦笑)。


 しかし今月末はPMA(というより代理店)は一体日本でF1を何台出すつもりなんでしょうか?。海外で出ている国内未発売品は7台ありますが・・・。昨年12月は結構な台数が発売されたそうですが記憶に無く。ただ「クリスマス・シーズン」と言うこともありますからね。


 ヒルのマシンは今更ながらですが、私は「お待ちかね」でありますが。でももうオールドF1はSPARKにまかせりゃぁ良いのに、と思うのでありますが、さて。

 
 以前から「車を主題にした」映画の話を書いてきました。今は「ワイルド・スピード」に代表されるような”ハコ車”映画が多数を占めておりますね。しかし、こう言う映画に”フルCG”と言うのは、どうなんでしょう。仕方が無いとは言え、アナログ・アクションが良いと思うのですが。

 私はこれが一番好きであります。

C0210087_21261194 グラン・プリ

 1966年公開のF1映画であります。
本物のレーサーも登場しますし、あのモンツァのバンクを走るマシンも観られます。ジョン・フランケンハイマ-監督作品であります。当時の”ホンダ”をイメージさせる日本のチーム”ヤムラ”の監督役に三船敏郎が出ているのも有名です。Fシーンを舞台に男と女のドラマもあり、3時間の映画ですが一気に観られます。これは昔なつかしい”シネラマ”大画面で観たいものであります。

 トホホ映画はやはり「ドリブン」でしょうね。私は爆笑しましたが。スタローンって本当毎度思いますが、「ロッキー」や「ランボー」と言った名作作る反面、その続編とか他の映画で「トホホ」も作っちゃうんですよね、それが監督としては面白いのですが。期待したら「トホホ」の方が多いじゃん、みたいな。

 そう言えば「レース」を題材にした音楽と言うのも、あまり聞いたことが無いですね。アニメとかは別にして、コレしか浮かびません・・・。


 
 
 

  腰が抜けてしまうのが現在ですが、発売当時はどうだったんでしょうね?。私は今も好きですねぇ。

2016年12月20日 (火)

歴史に残る 最終戦

 日本でF1が再開されたのは1987年でした、今更何を言っているのだ?でしょう。この年はウイリアムズFW11Bに乗るネルソン・ピケとナイジェル・マンセルによってチャンピオン争いが日本に持ち越されます、そしてフリー走行でマンセルがクラッシュし病院行き、でタイトルはピケに行きました。

 は、ともかく。その前年1986年の最終戦も私の記憶の中に残っております。既にF1開催が決まったこともあり、各局がF1報道したりしていました。で、1時間あったかなぁ総集編も放送されました。

 ただ既に雑誌でチャンピオンが決まったことを知っておりましたが。


Img_3248 R'on/SPARK
ウイリアムズ FW11
ナイジェル・マンセル
1986年 オーストラリアGP

 今回はハズレでショップから購入であります。その旨キチンと書いてあるところがよろしいですね。

 モデルですが、やはり雑誌社でありましょう。発色がキレイです。イエローもブルーも。PMAから発売されていますが、あれはブルーがちょっとでした。これは”うすいイエロー”と”地味ブルー”が実車感を感じさせますねぇ。タミヤの1/20でカラーに困った覚えがあります。イエローは少しオレンジに振る、ブルーは旧米国空軍食のネイビーに振ってしまうと。

 この年のマンセルはポイント・リーダーで最終戦を向え、3位になればチャンピオンでありました。対抗するのは同チームのピケとマクラーレンのプロスト。誰もがマンセルがチャンピオンと感じる走りでした。が、3位キープの後半にタイヤがいきなりバースト、リタイヤ。それを見たチームはピケをピットインさせタイヤ交換。プロストは燃費の問題とタイヤの不安を抱えつつも(本人いわくですが)「行ったれ!!!」で優勝、チャンピオンになると言う非常に、トップ勢が動いたレースでありました。もしプロストの燃費がもたなかったらば、ピケがチャンピオンだったと。

 外箱の裏は「タイヤ・バースト、リタイヤ・シーン」写真。懐かしい。これこのまま再現して欲しかった気もしますが、それはコチラの”無理”でしかなく。

 それ位に、このレースでのマンセルの可哀そうなことはありませんでした。そしてホンダ・エンジンのチャンピオンが延びたわけですから。

 プロストが日本で嫌われるのはココからなのかなぁ??。


  こんなことは御存じの方も多いでしょうが、私個人としては本当の”第2期ホンダ事始め”だと思いまして。

 映画ですか?。こんな”小説より奇なり”の映画は見つかりませんわ。ちなみに私は2007年の最終戦でのライコネンの逆転チャンピオンの際に、86年を思い出しました。それほど、この時期の争いがすごかったと。

2016年12月19日 (月)

わからないのであります

 と言うわけで、ハードコレクター知人話のコレクション続きます。「お前、これ解決しろ」等と無責任なことを言われましてねぇ。嫌じゃん、そんなん、と思いつつも。ほほぉなるほど、と。

Img_3226PMA
メルセデスW07
ルイス・ハミルトン
2015年 日本GP

 であります。2台あるのは、ダイカスト製とレジン製であります。今回は私も興味深く比較させて頂きました。あ、写真下手なのは私の問題であります。

 今回はじっくりと確認させて頂くことが出来ました。が簡単に言いますと

Img_3228 レジン・モデル・・・サスペンションやDRSの支持棒がエッチングで再現されている。

 ダイカストの方は、シャシーに丸型の彫刻がある。サスペンションはABS製である。 ただしフロントウイングもリアウイングも同じ金型から作られているのは間違いないでありましょう。ABS製です。後の違いは台紙のロゴだけかと。

 どっちがレジンでダイカストか?、手前がダイカストであります。ふと気付いたのですが、他のレジンだけモデルのサスペンションはABS製ですよね。他のメルセデスは比較していないんですが、なぜに?。

 そんなことを言ってましたら「なぜ2種出すんだよ!。」と。それはPMAに聞け!であります。と言うよりも「予約するからじゃん」。「予約案内に”スペシャルVerとあったら期待するだろうが」。「だからサスペンションのエッチングがスペシャルなんじゃないのかなぁ?」。としか答えが出ませんでした。
 ボディワークやフィギュアは見事に一緒です。やはりどちらかに統一するべきと感じました。本当にPMAがやっていることの意味が不明。彼の言葉を借りますが、「おっ!コレクターさん。内緒の話ですよ。えっまだダイカスト?。何を言いますのぉ。もっと上。ここはレジン製ですよ、ダンナ!」…バカであります。ただ、どちらかをどうぞ、でも前述しました通り、そうでは無い気もするんですね。


 コレいつまで続けるんでしょうか?。いや良いんですよWINNER モデルを出すのは。しかしPMAですから素材関係なく巧く作れるのに、なぜ同じGPでもダイカストとレジンの2種を発売するのか??。改めてモデル拝見しても、同じGPモデルを発売することに意味を感じないんですよ。「あえて言えば」の言葉が結局見つからずに帰ってきました。それだけ両者とも巧いと思うんです。やはり統一するかGPを変えるかではないかと思うんです。しかもメルセデスとマクラーレンだけですから、これまたよくわからんのであります。メーカーの希望?なんでしょうかねぇ。ならばメルセデスみたくディーラー品と1種だけで良いんじゃないか?、同じGPを発売する意味が本当にわからない。


 これは見ずに帰ってきたのですが、「ちがうGPでも明らかに同じモデルがあるぞ。タイヤ・カラーまで同じ。スポンサーの位置も同じ。俺達はだまされているのか?」とも。まぁ私が現行モデルから手を引いた理由もこういったこともあるのですが、さて。



Ultra_q ウルトラQ

 「ウルトラマン放送50周年」であった今年でありますが、ウルトラQが何だかスルーされているのに不満があります。

 弊ブログを再開する際に「Q」を使いました。原点回帰、があったからなんですが、本音言いますと、「F1モデル情報を」を追っていくと”謎”が多いのであります。面倒くさく思うことも多々あります。今回の件も同様です。まだSHOWCAR時代の方が”金型代回収”が判っていたんですが、もはやダイカストとレジンの2本立て、これが完全に意味が判りません。そんな”謎”からも「Q」であります。

 この「ウルトラQ」の元になったのが、「ウルトラゾーン(後年トワイライトゾーンに)」でありました。が、もっと影響を受けたであろう海外ドラマは
 

 
   

 「アウターリミッツ」だと思います。ミステリーゾーンは日本公開版はCSで観ました。面白いです。が、「アウターリミッツ」これがソフト化されて、即会社が消えてしまうと。「私は宇宙人と遭遇した!」。「私は未知の生物と遭遇した!」の写真が皆、アウターリミッツのモンスター。それ程、出来良かったわけです。全話観たい!のであります。

 「ウルトラマン」50周年・・・。では最終回のゾフィーの話を。

Img_3015 でしょ?、トサカが「黒」ですよ。

 何か最近、ウルトラ・シリーズの版権を持っている会社も「書いていい」となったのか、最新刊には「黒トサカ」と書いてあります。しかし円谷プロで無くなったのは寂し限りです。

 早速、ゾフィー・フィギュアのトサカを「黒」にしました。が、カッコ悪い”!。即消しました。

 ゾフィーって元々は「ゼットンを操る宇宙人」、または「ゼットンを倒す宇宙人」設定だったそうです。

2016年12月18日 (日)

センスだわなぁ

  島木譲二氏が亡くなりました。驚きました。脳梗塞。カンカン・ヘッドやり過ぎじゃないか、などと勝手に思うのですが、今年は自分の年代とは言え、楽しまして頂いた方々が”向こうの世界”に旅当たれました。これは歳を重ねる悲劇でもあります。先々週は、お客様の奥様が自転車に轢かれて亡くなりまして。これはショックでした。が、もはや自転車は”凶器”であります。軽車両でありますから、キッチリとした対応を警察に求めたい。違反切符を切り罰金の支払いを。自動車同様の措置を願うのであります。自転車の運転者は誰も「危ないと思っていないから」です。ルール守るのは小学生だけでしょう。

 さて、F1”ハードコレクター”の知り合いに呼ばれまして。

 「ほら見てみいぃや」、と見せられたのが

Img_3245MAX WEBSYOP/PMA
レッドブル RB7
マックス・フェルスタッペン
”スノーラン”2016キッツビュール

 でありました、って、コレ私が情報流したんですけどね。

 久々のBOXであります。ザウバー(エンジン音付)を思い出したりしまして。

 なかなかのタイヤチェーン再現であります。モデラーみたい。

Img_3246 個人的には「タイヤと一体成型」だと思っていたのですが、キチンとオーバースケールではなく再現してあること、さすがPMAです。

 ただ、私。「このモデルいるか??」と。「やはりMAX WEBだからさぁ」と。じゃぁもしかしてPMAやES社別注も??。「予約したよ」。ハードコレクターであります。で、見せました。

20161216_101627_1_1

ES社 別注品


 モデルではなく、台紙を見てください。モデルは一緒で当然ですはね。

 MAX WEBSHOPとは逆向いていますが、どうでしょう?、気持そがれましたよ私は。

 しかし↑の方が送料含めても高いわけですから、これでOK!と言う方も多いと思います。

 ただ、ですねぇ、PMA本体が発売する台紙が問題(?)で。

211597MAX WEBSHOPと大差ない!。

 同じ写真の加工かもしれません。ドイツで発売されたのが先週でした。

 となると、です。もはや3台ともに価値を見いだせなくなった、のは私の思い。私は全てスルーしております。見てからにしよう、が正解だったかもしれません。

 はい、氏は「何考えているんだPMAは!、ここまでバカにするのか!!」とお怒り。「3台とも購入したぞ!。あぁもうPMA嫌だよ!!、少なくともスペインGP位に”差”つけろや!」。

 であります。もう、そんな時代ではないことは皆さまはご存知でありましょう。もしかすると、もはやPMAの別注品には意味がないのかもしれませんぞ(と、書くからクレームが来ると)。氏も「実はねぇ、昨年くらいからPMAの別注ってなんだよ!、と怒り感じるんだよね。でも”見られない”から予約しちゃうんだよ」。わかる気がします。

 今後もES社はMBAとのタッグでPMA、SPARKとともに別注を出し続けるでありましょう。どうやら噂が本当だったみたいで(また後述しますが)。が、やはりMAX WEBSHOPの動向にも目を見張って下さい。何か00年代を思い出すんですよねぇ・・・。ただ「コレクター数が限られている」ことがありますが。このハード・コレクター宅での話は続きます・・・。

 センスと言うのは、いかなる業界であっても要求されるのでありますが、なかなか難しいのであります。当方も今悩んでおります。小売業は本当にツライ。もっと言えば消費税が国に入ってこない。つまり「モノを買わない時代」であります。”いかにして+αで買わせるか?”が現状の課題であります。景気が悪い、と言うよりも”将来の不安”でありましょう。私の子供達は海外に出るつもりでいます。日本を諦めたかと。


 ただ残った親は”国内で何とか”と考えるのですが、コレ最近”もう無理かもしれん”と思ったりしまして・・・。日本沈没も間近でしょうか?。


 これ五木ひろしが歌っていますので。私は映画よりもTV版の方が好きでした。

 ちなみに、ご存知の通り小松左京の原作でありますが、お酒の席で筒井康隆他が冗談で言った「日本以外全部沈没」が短編になっております。

31cfjsmp9yl
 これを”おバカ映画”監督、河崎実が作っちゃたんですえぇ。

 こんな面積の狭い国に、あれやこれがやってくる。

 おバカ映画好きでしたら是非に。真面目な方にはおススメできませんが。

2016年12月14日 (水)

今年の”華”

 今年のモータースポーツでの大形の”華”は

150317154525verstappenprofilesuper1マックス・フェルスタッペン

 でありましょう。F1デビュー(テストと3rdドライバーとして)が16歳でした。
2015年オーストラリアGPにて”史上最年少ドライバー”デビューとマレーシアGPでの”最年少ポイント獲獲得。これパパがギネスに申請したらしいですね。昨年は「スゴイやつが出て来たな」と思いながらも「まぁトロロッソの調子いいし」と思っていました。同僚のカルロス・サインツJRも頑張っていましたから。この2人でトロロッソの株が上がったと思っております。
 ところが、恐らく他チームからのオファーを切る為だと思われますが、本家レッドブルに乗せてしまったスペインGP。誰もが「まだ、早い」等と思っていたらば、メルセデスの接触もありましたが、いきなり優勝してしまった。”最年少F1優勝記録”としてパパがこれまたギネスに申請。

B71f0194af5b50531455ec1b032e22c0 ヨス・フェルスタッペン

 私等世代にとっては、色んなチームを渡り歩いた”苦労人”とでも言うのでしょうか、そんな感じであります。

 でも当時、オランダのファン・クラブが2台だけですが、PMAに台紙違いモデルを発売させまして。

 F1ミニカー バブル期であります。が、活躍が疎い時代のフェルスタッペンだけに、当時としては、お安い値段で入手できました。これは当時は国内にもたくさん流れてきました。

1997verstcol1aJ.V ファンクラブ(?)/PMA
ティレル025
ヨス・フェルスタッペン
1997年


 スチュワードSF2も発売されました。が、ここまでで終わります。オランダ・サッカーがワールド・カップに出場が決まった際に

4020001191b?/PMA
アロウズA21
カナダGP 2000年

 こんなモデルも出ました。
私も所有しておりますが、製品番号からしても、どこが出したのかが不明なんです。
 
 「PMA オランダだ」と言う説が結構にありますが、PMAの代理店は当時オランダにはありません。402000019。通常三桁目の「2」は2台セットを意味していた時代であります。

 さて、パパに関して書いた理由が一つあります。

2001verstappenorange1a_1_2アロウズA22
ヨス・フェルスタッペン
2001年


 これは引退後に出て来たモデルで、「FAKEだ」と言われてきました。が、最近の研究(大袈裟ですが)、本当に英国オレンジ社が、プロモ品として出したモデルであることが判明したそうで。ただ今も私は懐疑的であります。ヨスは2003年までF1に参戦。ミナルディが最後。ならば、なぜ当時に出てこなかったのか?、と。台数は結構にあるみたいですが、とりあえず「不明モデル」として解釈しています。台紙の裏にPMAロゴは無く、注意書きだけですし。

 しかし、F1世界で簡単に”親を越えた”は非常に少ないと思います。そしてマックスも来年が勝負であろうと。間違えたらば単なる”1勝ドライバー”にもなりかねません。そして個人的に期待している若手。メルセデス、ぜひともヴェアレーンを使って欲しいと思います。正直、そうなった時の方が楽しみなんです。かなり期待していますから。

 さて映画ですが、色々と考えますに、親を越えた監督、俳優が見つかりません。これは時代も当然あります。なので適当に・・・。


51e9p07n2xlワンス・アポン・ア・チャイナ
天地黎明


 今の中国ではどうなのかは知りませんが、実在した”黄飛鴻”と言う武術家の映画であります。ヒーローと言いましょうか。この人の映画作品は数知れず、とりあえずギネス記録なんだそうです。

 ハリウッドで上手く行かなくなったジェット・リー(リー・リンチェイ)が香港に帰り、当時”ワイヤーアクションで、どれだけアクションを再現できるか”と考えていた。ツイ・ハーク監督と、ぴったりと決まった映画3部作であります。

 とくに今も語られるのが2作目の”天地大乱”。清の高官役であった”ドニー・イェン”とのラストのバトルは今も”カンフー映画アクション・シーンのベスト”と語られています。この3作は非常に面白いと思いますので、暇な際に酒飲みながら、どうぞ。

 そして、この主題歌、とくに2作目はジャッキー・チェンが歌っております。
 

 この曲は元々”将軍令”と言われ、古いカンフー映画にも使われております。

 しかし、ブルース・リー亡き後の、香港大スター3人が揃ったこと、これは価値があると思うのであります。

2016年12月13日 (火)

FAKEは大変でした

 PMA F1バブルの頃は”FAKE”と言う言葉が非常に多く使われました。実際に情報の少なかった時代ですので、プロモ品だ、と言われたら、あぁそうか!。で金額が上がっていく。中には本物もありましたが、またFAKEは多かったですね。

 なお、ここでは「FAKEはPMAが台紙製造等を正式に認めていないもの」とさせて頂きます。

 とくに狙われたのがマクラーレンでした。と言うのも関係会社にミニカーを配布していたことと、チーム・エディション作っていたからでしょう。チーム・エディションに限りタバコ・ロゴが入り、それを配布していたようです。

 ただ当時一番皆を困らせたのが

5139643212aカンタス/PMA
フェラーリ310
ミハエル・シューマッハ


 でした。同時にエディ・アーバインが発売されたのですが、ローノーズ。ところがシューマッハは、ハイノーズで、またバーコードの上に新しいバーコードが貼ってあったのです。これが本物。アーバイン製作後に金型がダメになった、と言うのが本当のところらしいのですが、ローノーズでバーコード・シールの無いモデルが出てきた、それも国内に結構に。

 「コレは恐らく2種作られたのであろう」、そしてハイノーズは簡単に入手できてもローノーズが少ない。非常に高額にオークションに出ていました。今でも「間違いない品」と言う方もありますが、PMA本体が金型破損を認めたので、コレはFAKEでありましょう。乗せ換えてシールを剥がせば、FAKEの出来上がりであえりました(ちなみにアンテナの長短でバリエーションがありまして・・・。もう面倒くさい)。

 FAKE話はキリがありません。とくにプロモ品は面倒なことになっていました。まずホンモノかどうかがわからない。それを出した企業に問い合わせしたこともあります。が大抵帰ってくる言葉は「わからない」でしたから。中には「絶対に違うな」と思わせる”企業のシール”を貼っただけ(手作りでしょう)もありました。プロモ品は本物は大抵バーコード部が白紙でした。まぁ一から台紙作れば簡単に出来ますけども。


 そして本物の台紙をコピーしたモノとかもたくさんありました。簡単なコピーでは出ない、Paul's Models Artロゴの”はね”とかが消えていたりしたり。前述しましたがGOEDEのコピー台紙もたくさん見ました。とくに当地にあるショップ、ここがだまされてんでしょうね、たくさん置いていまして。当時3万円位しましたか。結構な種類ありましたが、ほぼFAKEでした。でもまだ情報が本当に少なかったので仕方が無いかもしれませんね。

 今はもう見ることも無くなった国内オークションですが、ご自身で作った台紙を出品される方もありました。ただし「オリジナル」と書いていましたから、楽しんでいらっしゃるのだろうと思いましたが、その前は何の表記も無く、「コレ何?」と聞かれたことが何度もありました。さすがに今は「オリジナル」表記無しはダメでしょう。

 私の友人がイギリスにいた際に、よく頼みました。イベントなどで”SWAP MEET”と言う、蚤の市みたいなものが各地で開かれるのですが、その際に「オレが作ったんだよ」と言う台紙でモデルを販売していたと。その台紙の出来具合を競ったそうです。面白いですね。でも昔のFAKE(特に国内)は明らかに”金儲け”がメインでしたから、残念でありました。

 昔はPMAはタバコ問題もあり、自社WEBにFAKEモデルを載せたこともありました。FAKE窓口なんてのもありました。もう無くなったようですが。でも何もしなかったのも事実であります。

 が、一度だけPMAが動いて販売中止に追い込まれたモデル群があります。

Canadagpfisichella 2006年のカナダGP開催に合わせて、カナダのショップが前年SHOWCARを国旗に乗せて数台発売しました。

 これ私も当時買いました。残りは佐藤琢磨、と思ったら「販売中止」と。PMAの許可無く作ったからなんでしょう。

 正直、FAKE問題はプロモ品同様に書くのが怖いこともあります。プロモ品に関しては書きませんが、今は昔、バブル時代はこんなことがあったんだ、と言うことで収めて下さい。

 台紙を自身で製作されるのも趣味でありますし、否定はまったくしておりませんし。前述どおり、弊ブログは「仲間内に情報を流すこと」を言われ始まっております。その前は個人で仲間内に流していましたが、何人もの人に流すのは大変な作業でしたし。なのでFAKE問題は頭が痛かったんです。従いまして”過去にはこんなことがあったんだ”とご理解頂ければ幸いです。今もって、何が何だかわからないのがプロモ品でありまして、それを証明する術もないのであります。

Photo
フレッシュ・ゴードン

 先に公開された「フラッシュ・ゴードン」のパクリ(パロディ)、ソフト・ポルノです。ヒット作品を洋ピン パロディにすると”FAKEムービー”と言う方があるそうです。FAKE=偽装品ですから、パロディ映画で行かんかね?。

 ところが「フラッシュ・ゴードン」よりもはるかに面白かったこと、ラストに登場する「ポルノ大王」(スゴイ日本語)のストップモーションを大物のデイビット・アレンが製作したために、SFファンが飛びついた、と言う作品であります。ほとんどポルノ・シーンは無いのですが(ご乱交程度)、ロボットの股間ドリルが回って女性を襲ったり、フレッシュが乗る宇宙船が男根であったり本当”おばか”映画であります。

 ちなみに「フラッシュ・ゴードン」の主人公、サム・J・ジョーンズ。今はB級映画で大抵”フラッシュ”の服着て登場し、哀しい笑いを取っています。この映画でもうけたのはQUEENだけでした。

 QUEENは日本で熱が入ったバンドでした。湯川れい子主導による東郷かおる子先導にて・・・。はともかく。なぜか初期はアルバム・タイトルがマルクス兄弟の映画のタイトルと同じでありまして。これ理由は定かではないそうですが。

 

 

  フレディ・マーキュリーが亡くなる前、デビット・ボウイが参加して作られた曲です。ベスト盤に収録されました。が、後期(まだとりあえず活動していますが)では好きな曲であります。今年はデビット・ボウイも亡くなりましたね。

 QUEEN、戦前のSF映画「メトロポリス」のフィルムが見つかり、カラー付で放映された際にも音楽提供していましたね。が、コレがVHS版だけで。今は完全なフィルムが見つかり発売されているのはオリジナル版ですねぇ。残念です。登場する”マリア”はC-3POの元祖でした。

2016年12月11日 (日)

PMA F1モデル バリエーションとは一体?

  毎日増えていくんでしょうか

143maxverstappenrb7snow20161_340x40
レッドブルRB7
マックス・フェルスタッペン
スノーラン 2016 キャッツビュール


今度は1/43であります。
正直、飽きました。やりすぎです。

ES社も、トロロッソSTR09 日本GPフリー走行を発売するそうで。マックスの初F1だと。PMAですが、F社SPARKと対決ですか。と言うことはPMAからも同モデルが発売されるのか?。もう腹いっぱいです。



 あれは90年代でありましたか、「PMA F1のバリエーション」が言われたことがありました。当初は「先に発売したモデルにデカール・カラー ミスがあったので、やり直ししていたのだろう」程度に感じていました。が、これが”コレクター・アイテム”になってしまうとは。

 先述した”ハード・コレクター”さんは毎度「かくかくしかじか、探してくれ」と言われていました。私は当時も今も興味がなく、適当に思っていました。

 と言いますのも、当時スターウォーズ EP.1が公開され、その時に出した7インチ フィギュアも同様だったんです。先に発売したフィギュアのライトセーバーに長さが違ったりで、直されて発売したり。そんなことフィギュア・メーカーが言ったんです。だから、まぁこんなこともあるだろう、と。が今では消えてしまった”マニア”、この人たちが”火”を付けた。ところが当時存在した某誌のPMA元社長とのインタビュー、「そんなことはありません」、これが”油”刺しちゃった!。当時は”PMA F1 バブル”でしたから、まぁ大変でありました。

 ただ、スルーしていた私ですが、コレだけは気になりました。

5309743094aPMA
マクラーレンMP4-12
ミカ・ハッキネン
”ブラック・スター”


 今でも覚えています。予約したショップからの入荷連絡で「赤と黒が来ていますが?」と。タバコNGのGPでは”赤”が使われていました。サイドポンツーンに「黒」はレースに出ていません。

 そして、その後に色んな話が出てきます。フジテレビのショッピングTVは”ブラック・スター”だった、だからフジテレビが頼んだものであるとか、海外ショップが面白いから作った、単なるミス云々。でも私はショップから「どっちを選びますか?」と連絡が来た訳で、これらは否定しても、ですよね。

 あの時代、例えば台紙間違いの、エラー品でも”バリエーション”と言われ、デカール貼っていないモノでも”バリエーション”と。バブルの悪いところですね。だってコレ等は世間にどれだけの台数が出たの?、となりますから。1台のエラーが”バリエーション”は変ですよね。こんなことからも、数多くのFAKEが出たのだと思います。
 今ではバリエーションが出てくる時代ではなくなりました。それだけ製品管理がキッチリしているのであろうと。

  で映画ですが、ミスとかバリエーション繋がりは難しいと。が、フィギュアで思い浮かんだのが

51902jzjs3l スターウォーズ ファントムメナス


 エピソード1と言うことで期待していたのですが、最初に公開されたスターウォーズと非常によく似ていましてガッカリ。

 観た際にガッカリしました。後にダースベイダーになるアナキン、これキリスト教のマリアの処女懐胎ですね、コレがイマイチ意味不明で。クワイ・ガンジンが殺され火葬されるシーンは、EP.6のダースベイダーと同じです。アミダラ女王のファッションショーみたいでした。

 EP.1から3までは、アナキンがダースベイダーになるキッカケとしては、明らかに無理を感じました。と言うか俳優がイマイチだったのか、かっこよさがよりも間抜けさが目立っちゃった。で、どうしても最初に公開された3作に似ちゃうんですねぇ。もはや新作作ってもスターウォーズが心に残ることは無くなりつつあります。

 では音楽・・・.今年ボブ・ディランがノーベル賞貰ったと言うことで、フォーク・ギターを置いてエレキに変え、そしてファンからモノを投げらえた曲にしましょうか。

 LIKE A ROLLING STONE
 
 

 ビートルズと会った際に”ロック”とエレキを教えたのがビートルズ。逆にドラッグを教えたのがボブ ディランでありました。

 ただ、この曲というか歌詞。「昔はお金持ちの女だったのに、今や誰も知らないホームレスになった、それをどう感じるんだ?」と重いのであります。私は何度もカラオケ挑戦していますが、無理!。

2016年12月 9日 (金)

PMA F1モデルの製品番号

  またもや”マックス熱”発症しております。

118maxverstappenstr1120161_340x400f
MAX WEBSHOP/PMA
1/18 トロロッソ STR11
マックス・フェルスタッペン
2016年 ロシアGP


 発売後、1時間弱で完売だそうで。LTD.500で一人1台なのに。本当かよ?と思いますよね。
ま、1/18はよいのですが、やはりスペインGPでしょうね。

Max_chine

CK-MODELS/PMA
トロロッソSTR11
マックス・フェルスタッペン
2016年 中国GP


 コチラはLTD.200で、これまた瞬殺だったようです。私も買えませんでした。
ただ、毎度のお店に聞くと「意外と、日本では、これ等は人気が無い。ebayでは高価で取引ですよ」と。まぁやはり”ハード・コレクター”しか狙わないんでしょうね、きっと。それだけ、F1ミニカーの割合が減ってきているのかもしれません。



  さて、オシマイも近いですので、古い方はご存知かと思いますが、PMA F1モデルの製品番号の話を書きます。ご参考になれば幸いです。最初の頃に書いた話でもあります。レジンや新しいBOXについても書いていこうと思います。

 台紙裏バーコードの下に製品番号がありますね。例えば最近では

 「417160008」・・・これ単なる数字の羅列ではありません。

 では順番に。まず上2桁から。「41」これは”新しいサイズのBOXを意味するのですが、「4」は1/43である、です。昔は「430~」で始まり「400」になり今に至ります。3桁目「7」はレジン製である、と。ダイカストは「0」になります。昔のBOXは別注品の3桁目が「3」でしたが、今は2桁目が別注先により「1」になったり「4」になったりしております。まぁこれは無視してください。

 4桁5桁目は”年”を表します。「16」ですから2016年。そして「0」が続きます。最後の「8」はカーナンバー。ことしの「8」は?

Haas ハースのグロージャンですね。

 このように番号だけでモデルが判るようになっています。コレをやっているメーカーはPMAのみ、なかなかに賢いのであります。もしもカーナンバーの前に数字があれば「GP違い」と考えてください。

 なお、一部は統一番号を与えられているのもあります。マクラーレン・コレクションやセナ・コレクション、MSC等々。最初は「5」で始まり、スケールと年とカーナンバー。これは御自身で確認してみてください。2台セットでも変わってきますが、皆様ならば必ず判ります。

 これ実はロードカーやレーシング・モデルも同じなのです。サイズで始まり、メーカー、車種、カラーと続きます。が、これはさすがに全てを把握するのは”しんどい”のでありますが。しかし、ここがPMAの上手いところでもあります。製品番号の意味が判れば、即準備できると。

 「そんなこと知ってどうするの?」。さて??。気付いてしまったんで、仕方がないですよね。バカに付ける薬はありませんから。

 バカ映画でございますが、バカ映画程好きな映画はありません。真面目に作ったらバカになった、これが最高なんです。才能の無い監督作品と言うのは、です。

Plan9 プラン9 フロム アウタースペース

 映画にもなった、エド・ウッド監督作品です。
低予算の中で、初代ドラキュラを演じたベラ・ルゴシや、当時のSFセクシー俳優ヴァンパイラをだまして使ったり。ベラ・ルゴシはドラッグ中毒。エド・ウッドが大ファンで使うのですが、撮影中に亡くなると。ドラッグ代で予算が切り詰めたらしいです。円盤は灰皿利用でした。宇宙人がやってくると死者3人が蘇ると言う、侵略映画です。でプラン9。1から8には言及しません。

 「史上最低の映画」と言われていますが、いやいや、もっと他にある気がしますね。

 おバカ歌と言うか、一発屋でありながらも、どうも気になる曲でオシマイです。


     

 みうらじゅん等が「ブロンソンズ」結成して日本語で歌っていました。今でも私、同年代の方に「アゴになんか着いていますよ」、でアゴ触ると「う~んマンダム!」。まぁ怒られますね。バカでしょう。

より以前の記事一覧

***

**

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30